住職のつぼやき[管理用]

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『上田秋成ものがたり』(その2)

ファイル 2382-1.jpg
秋成は一人前の商人になるべく、懸命に勉強をしました。
 がしかし、だんだんと商売よりも,悪所で遊んだり、俳諧や小説を書くことに夢中になっていきます。
 やがて秋成は、『カニのような変わり者の男』(剪枝畸人)という意味のペンネームを自分で付けて、幻想怪奇小説を執筆します。
 これが、大ヒットとなった『雨月(うげつ)物語』でした。

※それではここで、この『雨月物語』をちょっとお遊びで漫才風に説明させて頂きましょう。
ファイル 2382-2.jpg
 ある日、上田秋成の家に、数少ない親友の一人の[木村けんか堂]が訪ねて来ました。
木村「なぁ上田君、僕の友達で、君の書いた小説の題名を忘れてしもた奴がおるんやけど、一緒に思い出してやってくれへん?」

上田「そんなん、お安い御用や。・・それでどんな小説って言ってた?」

木村「なんか、幽霊が仰山出て来る短編小説集らしいんやて・・。」

上田「ほぉー、それやったら『雨月物語』やろ。・・僕の短編小説集で幽霊が仰山出てくる話は『雨月物語』か、あとはパッとせえへんかった『春雨物語』ぐらいしかないんよ。」

木村「僕も『雨月物語』と思てんけどな、その話はただの幽霊話と違って、人間の欲望や女性の悲しみを描いた人間愛憎作品やっていうんや。」

上田「ほぉー、それは絶対に『雨月物語』や。この作品は中国の古典などから、ワシが真似っこして、日本風に味付けした味わい深い内容作品なんよー。」

木村「僕も『雨月物語』と思たんやけどな、友達が言うのに本が完成したのに、なかなか出版せえへんかった自信のない作品やって言うんよ。」

木村「じゃあ『雨月物語』と違うか・・。この小説は考えに考えて時間を掛けた作品で、一発屋狙いと違うんよ。・・で他になんか言うて無かった?」

上田「その友達の本居宣長君が、あんな偏屈の秋成がほんまに書いたかわからんぞと、言うんよ。」

木村「やっぱり、そいつは本居宣長か!あいつめ!今度あいつの家に怒鳴り込んだんぞ!」

上田「もうええわ。」
※上田秋成と本居宣長の仲の悪さは有名でした。(余談)
続く。

紙芝居:『上田秋成ものがたり』(その1)

ファイル 2381-1.jpg
今からおよそ290年ほど前の江戸時代のおはなし。
 美しくも悲しい『雨月物語』という怪奇小説を書いた[上田秋成]は、大阪は賑やかな曽根崎新地で生まれました。
 彼は作家であり、国学者であり、医者でもありました。
 それでは、多芸多彩で波乱に飛んだ上田秋成のお話をさせて頂きましょう。
 はじまり、はじまりー。
ファイル 2381-2.jpg
 上田秋成は、幼少[仙之助(せんのすけ)]と言いました。
 仙之助こと[秋成]の実の両親については、はっきりとは分かっていません。
 彼は4歳の時、[上田家]という紙油の商家にもらわれて養子になりました。
 上田家は裕福な家で、秋成はそこの両親の跡取り息子として大事に育てられたのです。
・・が、秋成は5歳の時に【天然痘】という疫病に掛かってしまいます。
 信心の篤かった養父は、秋成が回復するように、『加島稲荷=[現・香具波志神社]』で懸命に祈ります。
 その甲斐あって、指に後遺症は残りますが一命は取り留めることは出来ました。
 のち、秋成は一生この神社を大切にして、お参りを欠かせませんでした。
ファイル 2381-4.jpg
(香具波志神社・大阪市淀川区)
ファイル 2381-5.jpg 
(神社のすぐ横にある秋成の墓?※見つけにくい場所でした)
つづく
 

貝塚市教育委員会からのお客様

昨日、お寺に『貝塚市教育委員会』の課長さんが来られた。
以前、描いた紙芝居(196番)『星に願いを〜岩橋善兵衛ものがたり』の小冊子化(副読本みたいなものか?)にする打ち合わせで来られたのだ。
『岩橋善兵衛』さんといえば、貝塚市が生んだ天体望遠鏡発明の偉人である。
この人物を、貝塚市はクローズアップして『子供達に夢を与える人物にしよう!』とお考えになっておられるらしい。・・・ただ、善兵衛さんはそんなに全国的にメジャーな人物ではない。で、本化にあたっては、善兵衛さんの望遠鏡を持って日本地図を作った伊能忠敬さんとの関係も、もう少しプラスして欲しいとのご要望もお聞きした。
今、作り掛けている紙芝居が2本ある。・・が、伊能忠敬と岩橋善兵衛との関係性の紙芝居(番外編)を先に作るとしよう。

負荷を掛ける

先日、病院で診察して下さった主治医の先生が、「・・そろそろ、体に負荷を掛けていきましょうか」と、おっしゃってくださった。
で、『「負荷」って何?』と、しばらく考えてみた。
 「怠けとらんと、体を動かしてみよ!」なのか。
 「今が元に戻る第一歩!勇気を出して働け!」なのか。
今、絶えず僕の中で『負荷』という言葉が動いている。

リハビリの日々

ファイル 2378-1.jpeg

心臓手術の後、家でリハビリの日々を送っている。
病院を退院すれば、いっぺんに元気になって動き回れると思っていたが、その考えは大間違いだった。
朝起きても、まだ痰が絡み声が掠れて出ない。お医者さんは「その内声は出るようになりますよ。」と言われたが、中々・・・。ご飯もしっかりと食べれない。
又、ようやく傷痕の痛みは治ってきたが、節々の痛みはまだ消えない。
毎日、頑張って歩いているが、・・回復はまだまだ先のようだ。
心臓音を確認する為に、Amazonで聴診器を買った。
ドクッドクッという、心臓音を毎日聞いて、ああ僕は今日も生きてるぞ!と改めて思う。

紙芝居:『万能の天才レオナルドダビンチ』(その5最終回)

ファイル 2377-1.jpg
幅広い分野でその才能を発揮して、のち『万能の天才』と呼ばれたレオナルドダビンチ。
彼はルネサンスの激動の時期を生き抜き、波乱の生涯を終えました。
絵画だけではなく、建築、科学などの分野でも天才と呼ばれた世界的偉人レオナルドダビンチ。
この万能の天才の名にあやかって、今、日本医学界にも[万能医療ロボット『ダビンチ』]と名付けられた「内視鏡手術支援ロボット」が出来上がり、治療の難しい現代の手術を幅広く活躍させています。
この紙芝居を描いた私も、この「ダビンチロボット」に助けられた一人として、病室で、感謝の心を持ってこのお話を描かせてもらいました。
ファイル 2377-2.jpg
さてそれでは最後に、ダビンチの残した言葉を少し書かせていただいて紙芝居を終わらせて頂きます。
『芸術に決して完成ということはない。途中で見切りをつけたものがあるだけだ』
おしまい

紙芝居:『万能の天才レオナルドダビンチ』(その4)

ファイル 2376-1.jpg
そしてレオナルドは(イタリアの)ベネチアや若い頃に修行したフィレンツェ、そしてウルビーノなどへ旅をします。
ウルビーノでは彼は軍事技師、建築技師として雇われ、軍隊に同行します。
が、戦いを各地で目の当たりして、レオナルドは戦争に嫌気がさし、戦場をある日突然去ります。
そして再びフィレンツェに向かいました。
そのフィレンツェで、レオナルドは生涯のライバルに出会うことになります。
その名は[ミケランジェロ]でした。
ファイル 2376-2.jpg
ミケランジェロはレオナルドより年下でしたが、彼に闘争心をむき出しにする天才彫刻家でした。
フィレンツェの役人達は、この二人を競わせようと、教会の向かい壁に、フィレンツェ戦闘場面絵画をお互いに描くように依頼します。
がしかし、この世紀の芸術対決はレオナルドの技法の失敗、そしてミケランジェロのローマからの召喚により不成立に終わってしまいました。(ああ残念)
ファイル 2376-3.jpg
やがて、年老いたレオナルドは病気(脳卒中か?)もあって、絵画.芸術への情熱も薄らいで来ました。
そんな時、フランス国王から「是非、我が国においで下さい。大歓迎します」と手紙が来ます。
ぼやき老人になっていたレオナルドはこれを受けます。
そして、フランスの宮廷画家として迎えられ、高額な年金をもらいながら、穏やかにフランスで晩年を過ごし、67才でその生涯を終えました。(次回最終回)つづく

紙芝居:『万能の天才レオナルドダビンチ』(その3)

ファイル 2375-1.jpg
レオナルドが幸運であったのは、ミラノ君主が彼の才能を軍事ではなく、芸術的なものに使おうと考えた事にありました。
宮廷のお祝いの為のイベント舞台装置の設計や、騎馬像の設計などを任せて働かせました。
そして一躍彼を有名にしたのが、修道院の食堂の中に描く事を任された『最後の晩餐』の絵画でした。
この絵によって彼はついに、画家として不動の地位を確立したのでした。
ファイル 2375-2.jpg
このミラノでの暮らしの中、レオナルドは幼い頃に別れた実の母と再会します。
彼は父と結婚出来なかった母が、貧乏で生活に苦しんでいると風の噂を聞いて、彼女を引き取ったのです。
そして母が亡くなるまで、一緒に暮らしたそうです。
後年、レオナルドの描いた『モナリザ』のモデルは、実はこの実母であったという説も(有力に)あるのです。
ファイル 2375-3.jpg
ミラノで大成したレオナルドでしたが、それは長くは続きませんでした。
それは、隣国フランス軍が、ミラノへ侵入して来たからです。
この戦争の為、制作途中のレオナルドの作品も破壊され、落胆した彼は弟子達と共にミラノを去ったのでした。つづく

紙芝居:『万能の天才レオナルドダビンチ』(その2)

ファイル 2374-1.jpg
この工房でレオナルドの芸術的才能は、親方をしのぐほど花開きます。
特に彼は、物事をしっかり観察してスケッチする才能に優れていました。
こんなエピソードがありました。
町の中で反乱を企てた男が、絞り首になって見せしめになりました。
町の皆は見ないように避けて通りましたが、レオナルドだけはスケッチブックで熱心に遺体を観察して描いたそうです。
又、後年は亡くなった人の解剖を熱心にして、それを描き彼の描く事の探究心は尽きる事が無かったようです。
ファイル 2374-2.jpg
やがてレオナルドは27才で工房から独立します。
が、なんでもじっくりする彼の仕事のスピードが遅かった為、あまり仕事の人気はでなかったようです。
そんなある日、大都市ミラノから、今度は音楽家としてこちらで演奏会を開いて欲しいとの依頼が来ます。彼はなんでもできたのです。
仕事がぱっとしなかった彼は「これは自分を売り出すチャンスだ!」と、インパクトのある楽器を作り、ミラノの君主の前で演奏をして、自分を印象づけます。
そして、さらに次にミラノ君主に手紙を出して・・、
ファイル 2374-3.jpg
『ミラノ君主さま、私レオナルドは軍事兵器も作れる才能があります。それはびっくりするような秘密兵器です!空を飛んだり、又海中から攻撃できる兵器も考えました。又、絵画も書けます。彫刻も作れます。どうか、ミラノ公国にお雇い下さい。お願いします。』と手紙を出しました。
 「レオナルドとやら、面白そうな男じゃ!」と君主は彼を雇いました。
そしてレオナルドは、ミラノの軍事技師になりました。(戦争にも参加した事が一度も無いのにです)
そして君主のお気に入りとなって、様々な分野の文化人達とも知り合いになっていきました。つづく

紙芝居:『万能の天才レオナルドダビンチ』(その1)

(はじめに)
 この紙芝居は、大学病院の病室で入院中に作ったものである。(令和5年2月21日から3月4日までの間)
 ある時は手術の後の苦しさ痛さに眠れず、それを誤魔化す為に真夜中に、スマホの灯りで絵を描いた。(たまに見つかって看護師さんに叱られた)それで、結構絵が雑になった。(彩色は退院してから塗った。)
 何故、ダビンチを描いたのかというと、僕を執刀して下さったのが、主治医T先生と医療チームの先生方、そして『ダビンチ』という名のロボット手術機なので、改めてこの名前の偉人に興味を持ち、スケッチブックを使ってベッドの中で、スマホで調べて紙芝居にして描いてみた。
それでは、波乱の人生レオナルドダビンチの半生のはじまり、始まりー。
ファイル 2373-1.jpg
有名な絵画『モナリザ』の作者で知られる「レオナルドダビンチ」。
彼は15世紀(日本の室町時代)、イタリアの小さな「ダビンチ村」で生まれました。
レオナルドは絵画の才能だけでなく、楽器の演奏、制作もでき、軍事技術、建築、舞台の演出、そして人体の解剖学など幅広い分野でその才能を発揮して、のちに「万能の天才」と呼ばれました。
がしかし、絵画や彫刻の依頼を受けても最後まで完成出来ず、ほとんどの作品は「ちゅーと半端」に終わり、晩年彼は「私はまだ何もしていない」とぼやいたり、その孤独な性格から「私には友達がいない」と落ち込んだりしました。
それでは、ルネサンス期の巨人・ダビンチの生涯の始まり、はじまりー。
ファイル 2373-2.jpg
レオナルドダビンチは、イタリアで生まれました。
そのイタリアの文化都市[フィレンツェ]、そして大都市[ミラノ]で才能を発揮して最後は、フランスで亡くなりました。
ダビンチは生涯独身で、旅から旅の人生を送りました。
ファイル 2373-3.jpg
レオナルドの父はお金持ちの公証人でした。
が、母は貧しい家の娘。
それで父と正式な結婚はできず、レオナルドが生まれても、一緒に住む事はできませんでした。(蓮如さんに似てるなぁ)
やがて父は他の女性と結婚し、母も他の男性と結婚しました。
一人ぼっちになったレオナルドは、祖父に預けられ親族によって育てられました。
レオナルドの叔父は、そんな彼を大事にして、大変可愛がりました。
自然の生き物を深く観察する大切さを教えたのは、叔父の影響だと伝わっています。こんなレオナルドを母は、星飛雄馬の姉のようにそっと見守っていたようです。
ファイル 2373-4.jpg
祖父の家で13才にまで育ったレオナルド。
「こいつは絵画の才がある」とレオナルドの才能に気づいた父は、芸術都市フィレンツェに連れ行き、そこの芸術家工房に預け弟子入りさせました。
そこで、彼は下積みの仕事から、イベントの出し物の制作、そして彫刻から絵画の基礎まで学んだのでした。つづく

上に戻る