住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

BS日テレ『三宅裕司のふるさと探訪~神秘の神社仏閣めぐり旅』予告

ファイル 2196-1.jpg
3月10日(水)BS日テレ『三宅裕司のふるさと探訪』(神秘の神社仏閣めぐり旅・河内長野編)に、私の紙芝居『滝畑に摩崖仏あり』の表紙がほんのちょっとだけ出ます。
 よろしければ観て下さい。
ファイル 2196-2.jpg
 ・・余談ですが、BS日テレの番組ディレクターが私のお寺に来られた時、「三宅裕司さんと言うタレントさんは、本当に表と裏の顔の無い良い人ですよ。番組作りやすい方です。」と言っておられました。
 タレントさんて、難しい感じの人が多いのかなぁ。

東大阪市:『旧河澄家』にての打ち合わせ

ファイル 2195-1.jpg
(東大阪市指定文化財・旧河澄(きゅうかわずみ)家)
 今日、東大阪市指定文化財『旧河澄家』へ、今年の夏から秋にかけて行われるイベントの打ち合わせに行って来ました。
ファイル 2195-3.jpg
(住居内)
 どのようなイベントかというと、住居内を僕の「地元偉人紙芝居」を展示して、お客様に文化財と紙芝居をコラボし観覧していただこうというものです。
ファイル 2195-2.jpg
(天然記念物「日下のかや」)
こちらは江戸時代からの(歴史ある)ものなので、紙芝居もこちらに直接関係のある人物「中甚兵衛」や「石上露子」などの紙芝居の、展示を考えております。(まだ未定)
 そして、中一日に紙芝居講演会もさせていただこうと計画しております。
 今から楽しみです。
 

『広報誌とんだばやし(令和3年3月号)まちかどトピックス』に載りました

ファイル 2194-1.jpg

『広報誌とんだばやし』の令和3年3月号、[まちかどトピックス]のコーナーに載りました。
 先日、行われた「石上露子の生涯を偲んで」という[じないまち紙芝居劇場]というイベントで、旧杉山家住宅(実際の露子の自宅)を使っての露子の生涯を紙芝居にした作品の実演でした。

紙芝居:『ダルマ大師』(その7 最終回)

ファイル 2193-1.jpg
150歳になったダルマは、「もうまもなく、自分の死期がやって来る」と悟ります。
 がしかし、ダルマにはまだ自分の心をかき乱す煩悩が消えませんでした。
(どんな煩悩や?・・いや、人間やってる限り[煩悩]は消えないものかもしれない・・)
 そこでダルマは、最後の修行に入りました。
 それは(修行とは、もはや言えない)、『念仏三昧(ざんまい)』という修行でした。
「無くそうとすればする程、煩悩はいつまでも(150歳になっても)燃え上がる。・・だから、煩悩あるがままに仏にお任せして、そのまま救って頂く[他力]の教えに、身をまかせよう。これしか無い・・。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀。」と称えながらダルマは亡くなりました。行年150歳。
 後、中国(唐)の皇帝より、ダルマは「大師」の名が送られ、『ダルマ大師』と呼ばれるようになりました。
 ・・一説によりますと、最後、ダルマは暗殺されたという話もあるのですが、この紙芝居では、念仏三昧説を取りました。
ファイル 2193-2.jpg
「ダルマさんが転んだ!」、「ダルマさん、ダルマさん、にらめっこしましょ」などの遊びの中に、ダルマ大師の不屈の精神は、現在も我々の心にうったえかけて来るように感じます。(それは僕だけでしょうか?)
「七転び八起き」の精神を持ち、権力にも媚びず、大きな目玉をパッチリ開けて、常に前進し続けたダルマ大師。
我々に今、「何度転んでも、起き上がれ!大きな目玉を開けて進め!」と、ダルマ人形を通して叱咤激励し、エールを送ってくれているように感じます。
おしまい

紙芝居:『ダルマ大師』(その6)

ファイル 2192-1.jpg
ダルマが、少林寺で壁を見続け坐禅をつづける修行に入ってから、9年が経ちました。(これを「面壁九年(めんぺきくねん)」と言います。・・しかしなんで10年でなく9年なんでしょう?・・中途半端やなぁ、9という数字に意味があったんやろか?)
 まぁそれはエエとして・・、それは過酷な修行でした。
「本来の禅の行とは、こういうものだ!」と言わんかのように、目を開いて壁を見続け、座り続けました。
この時の修行の為に、ダルマはまぶたを自分で切り、眠気を覚ましたとか、又、座り続けた為、手足が朽ちたとかいう伝説が生まれました。(これがダルマ人形のモデルとなります。)
ファイル 2192-2.jpg
 そして、9年間の坐禅修行を終えた時・・ダルマには、その真摯な姿を見て弟子入りを希望するたくさんの弟子たちが増えておりました。
 ダルマはその者たちの弟子入りを許し、多くの立派な弟子たちを育ててゆくのでした。
 ところで、ダルマの教えの一つに『以心伝心(いしんでんしん)』というものがあります。これは即ち、正しい心を言葉を使うことなく、そのまま相手の心に伝える、という意味です。難しいですよね。
 又、『不立文字(ふりゅうもんじ)』という教えもあり、これも言葉や理屈で仏法を、伝えるのでは無く、体験によって伝えるというものだそうです。
 これらの教えは、坐禅修行の体験から学ばねばわからないものなのでしょうね。つづく

紙芝居:『ダルマ大師』(その5)

武帝と決裂したダルマは思いました。
『この国はまだ、本当の仏教を学ぶという機が熟していない。・・その時まで私はもう少し待つとしよう。(何才まで待つんや?)
と、ダルマは一人舟に乗って揚子江を北に向かいました。
 ところで、ダルマの赤い衣ですが、何故、彼は赤い衣を好んで着ていたのか?
 それにはいろんな説があるのですが、その一つは[赤衣は徳の高い高僧の印だったので]という説。二つ目は[赤衣は悪い魔を跳ね除けるので]という説。さらに、今回学芸員さんからお聞きした説で[あの決裂した武帝から貰ったので着ていた]という説。・・と、どれが本当かはわかっていませんが、武帝プレゼント説が本当なら、あの決裂は実際無かったのではないか?仲良しになったのか?と思われます。・・どれが実際本当かは分かりませんが、まぁどうでも良いのですが(笑)あのへんこな性格のダルマ大師が好んで着ていた赤衣、この謎だけでも楽しんで想像でき、酒のあてに一杯やれそうです。(私もへんこ仲間かもしれません(笑)・・以上、余談。
ファイル 2191-1.jpg
さて、北に向かったダルマは、「少林寺」という寺で草鞋をぬぎました。
 そう、あの「アチョー!」で有名なブルース・リーの少林寺拳法で有名になったお寺です。(一説によると、少林寺拳法をこの寺で教えたのはダルマだったとか?・・という事はブルース・リーの先輩、いや先生やん。アチョー!)
 で、ダルマはこのお寺で、この国の機の熟すまで、9年にわたる坐禅修行に入ったのでした。つづく
ファイル 2191-2.jpg
(しろあと歴史館所蔵)

紙芝居:『ダルマ大師』(その4)

ファイル 2190-1.jpg
武帝は、ダルマに向かって話し始めました。
(武帝)「おっほん。・・ダルマよ、わしは武帝じゃ。さて、わしはこの国で大変、仏教を大事にしてきた。・・いくつもの大寺院を建てた。坊さんたちの世話もした。又、わし自身、写経も多くした。」
(ダルマ)「・・・」
(武帝)「さて、ダルマよ。・・このわしに、どれぐらいの仏の[功徳(=ご利益)]があるじゃろうのう?」
 するとダルマは・・、
「皇帝、功徳などありませんよ。」と言った。
ファイル 2190-2.jpg
(武帝)「何!!功徳は無いだと?どういう事じゃ?」
(ダルマ)「皇帝、それは自己満足というものです。」
(武帝)「む、む、む、・・では、本当の[功徳]とはどういうものなのじゃ⁈」
(ダルマ)「見返りを求めず、ただ善いと思う事を行う。それが結果的に[功徳]になるのです。・・皇帝の行なわれた事は善い事です。・・が、見返りを求める心がお有りのような気がいたします。それでは、仏の功徳は手に入りませんよ。
 ・・話しは変わりますが、そもそも、皇帝にはたくさんの功徳があるからこそ、たくさんの善を成す事が出来たのではないですか?それ以上、何の功徳が必要なのですか?功徳を求める行いは[欲]というものです。貴方様は仏教というものをわかっておられない。」
ファイル 2190-3.jpg
(武帝)「む、む、む、偉そうに!そういうお前は何様じゃ!」
(ダルマ)「さあね。知らんよ。」
(武帝)「自分が誰かも知らんだと?!こいつ、話しにならん。さっさと帰れ!」
 そして、武帝は怒りまくり、奥に引っ込んでしまいました。
(余談ながら、実際このような会話はあるんやなぁ・・。僕はダルマみたいには、よう言わんけど。)
このように、武帝とダルマの問答は見事に決裂したのでした。・・知らんけど。つづく
ファイル 2190-4.jpg
(しろあと歴史館所蔵)

紙芝居:『ダルマ大師』(その3)

ファイル 2189-1.jpg
 100才を越えたダルマは高齢、いや超後期高齢者ではありましたが、「中国に行って、坐禅(ざぜん)を中心とした仏教を広めたい!」と決意します。(すごいねぇ・・高齢者の鏡やねぇ。ひょっとすると、言い出したら言うことを聞かんへんこな年寄りやったかも?・・今でも居りそう。ウィーアーザ、チャンピオンズ!)
 その頃、ダルマにはたくさんのお弟子が居て、皆、引き止めましたが(当たり前やねえ・・)、ダルマの決意は固く、ついにインドから中国に旅立ったのでした。
ファイル 2189-2.jpg
 そして三年間掛かって、ようやく中国に到着しました。 
 ダルマ伝説では、すでにこの頃幾多の試練があり、ダルマの年齢は120才を越えていたと云われています。
 その頃、中国には[梁(りょう)]と言う大国の『武帝(ぶてい)』と言う名の国王がいて、仏教の教えをとても大切にしていたそうです。
・・その噂を聞いて、ダルマはその国に向かったのでした。
 一方、武帝も「‥何っ、はるばるインドから仏教のマスターがやって来ただと⁉ぜひ、会ってみたい!」と思ったのでした。
 そして、武帝はダルマを宮殿に招き入れました。
 そしてそして、世に有名な『武帝とダルマの禅問答』が始まったのでした。つづく
ファイル 2189-3.jpg
(しろあと歴史館所蔵のダルマ)

紙芝居:『ダルマ大師』(その2)

ファイル 2188-1.jpg
 王子は尊者から、『ボダイ・ダルマ』という名前をもらい、厳しい修行に励みました。
 そして、いつしか40年の歳月が流れました。
今や一人前の僧侶となったダルマは、こののちインド中をくまなく歩き、自分が信じる正しい仏教を伝えて回りました。
 こうして、いつしかダルマは100才を越える年齢になっておりました。(超長生き!)
(余談ながら、若き日(もはや中年以上かも)のダルマの顔を描くに当たって、これは誰かに似てるな?と思った。皆さんはクイーンのボーカル「フレディ・マーキュリー」をご存知だろうか?大きな丸い目とでかい口、濃いヒゲと胸毛・・若きダルマはフレディに似ているのである・・と思ったので、この紙芝居はクイーンのDVDとダルマの人形を見ながら描いた。(笑))
ファイル 2188-2.jpg
 余談のついでながら、この紙芝居を完成させるにあたって、先日、高槻市の「しろあと歴史館」に行って来た。
 それは、この歴史館で『ダルマさんが並んだ』という(日本各地のダルマ人形やダルマの絵画展覧会などの)企画展が開催されているのを偶然見つけたからだ。
 で、この企画展の学芸員さんに(迷惑だったかもしれないが、ご縁を感じ、わらおもすがる思いで)手紙を出して、ダルマ大師について教えを乞いに行って来たのだ。
ファイル 2188-3.jpg
 短い時間ではあったが、ダルマについては今は唯一の同士だと思っていろいろとお聞きしてみた。・・なぜダルマは赤い衣を着ていたのだろうか?それをいつから着たのだろうか?などを・・。それはこの紙芝居でおいおい御伝えするとして、お忙しい中たいへんご親切にいろいろ教えて頂きありがとうございました。・・さてここらで本筋に戻らねば。つづく
ファイル 2188-5.jpg
(しろあと歴史館の早田学芸員さま)

紙芝居:『ダルマ大師』(その1)

ファイル 2187-1.jpg
『だーるまさん、だーるまさん、にらめっこしましょ。笑たら負けよ、アッププのプッ!』
日本人なら誰でも知ってるダルマさん。
 ギョロとした大きな目。赤い衣(ころも)。武将ヒゲ。
 そして、どうして手足が無いのでしょう? 
・・ダルマは、実在したお坊さんです。インドに生まれ中国で亡くなりました。
 さぁこの物語は、実在する[ダルマ大師]のお話です。はじまり、はじまりー。
ファイル 2187-2.jpg
 紀元四世紀の終わり頃、南インドに[コウシ国]という小さな国かありました。
 この国の王様には三人の息子が居て、仏教の教えを大変大事にされていました。
 ある時、この国にハンニャタラ尊者という偉いお坊さんが訪れました。
 そして、大変尊いお説教をされたのでした。
 それを聞かれた三番目のボダイタラ王子は、自分もお坊さんになって、お釈迦様の教えを広めたいと思いました。
ファイル 2187-3.jpg
 やがて、この国の王様が亡くなり、ボダイタラ王子は人の世の無常を感じ、出家を決意し、ハンニャタラ尊者の弟子になったのでした。
 そう、彼がのちのダルマ大師です。つづく
ファイル 2187-4.jpg
(大阪府高槻市立しろあと歴史館所蔵「ダルマ大師」)

上に戻る