住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『二人の甚兵衛~中甚兵衛と加賀屋甚兵衛』(その4 最終回)

ファイル 2333-1.jpg
(加賀屋甚兵衛 後編)
 数々の苦労を乗り越え・・、
 そして宝暦5年(1755)、甚兵衛さんの新田は誕生します。
 のち、新大和川の川沿いに実る稲穂を見つめながら、甚兵衛さんは
「・・新大和川を付け替えた中甚兵衛さん。あなたが人の命を守る為に生涯を掛けて作られたこの大河。
 この同じ名前の、この甚兵衛がお米や農作物を作ることによって、同じように人の命を守り、生かすために志を引き継がせて頂きましたよ。」とつぶやかれた・・かもしれません。
 そしてこの地は、大阪の代官によって検地を受けて、『加賀屋新田』と正式に名前を付けられました。
 ここから、『加賀屋』という地名が生まれ現在に至っています。
ファイル 2333-2.jpg
 この功績によって加賀屋甚兵衛は名字帯刀が許され、「自分は富田林の出身なので、生まれた地名の名である喜志村の『櫻井(さくらい)』という姓を名乗りたい。」と言って、この時から[櫻井甚兵衛]という名前になりました。
 宝暦7年(1757)、甚兵衛さんは婿養子に家督を譲って、その翌年、中甚兵衛さんと同じように、仏教に帰依して『圓信(えんしん)』と名乗り、新田会所で静かな隠居生活を送ります。
 そして宝暦12年(1762)、83才で往生されました。
 その後、[甚兵衛]の名はその子孫が代々継いで、会所も大いに発展します。
 やがて、甚兵衛さんの造った『新田会所』という管理運営施設も、大阪の豪商の財力が示すような大邸宅となり、そこは美しい庭園や茶室などが作られ、文化人たちのサロンとなりました。
 ‥以上が『二人の甚兵衛さん』のお話です。
ファイル 2333-3.jpg
 たぐいまれな精神力で嘆願活動を続け、幕府を動かし水害から人々を守る為に[新大和川]を付け替えた中甚兵衛さん。
 そして、その新大和川沿いに西大阪最大の新田を作り、農地を成長させた加賀屋甚兵衛さん。
 二人の甚兵衛さんは、大和川という大阪の大河に関わり、懸命に働きその生涯を終えました。
ファイル 2333-4.jpg
(加賀屋新田会所跡)
 21世紀に生きる我々も、彼らからどんな困難にぶつかっても意志を貫く強い精神力を学びたいものですね。 おしまい
ファイル 2333-5.jpg
(加賀屋緑地)

紙芝居:『二人の甚兵衛~中甚兵衛と加賀屋甚兵衛』(その3)

※余談だが、この紙芝居制作には僕自身にも不思議なご縁がある。
 僕が紙芝居を作り、そして演じるきっかけになった場所が、「北加賀屋」駅近くにあった『特別養護老人ホーム白寿苑』というところである。(もちろん今もある。[笑])
 毎月、こちらに紙芝居法話を演じに、富田林駅から行かせて頂いていた時、この地下鉄「北加賀屋」駅で降りた時、いつも「へんな名前の駅だなぁ?・・昔に大きな旅館か料亭があったのかな?」と思っていた。まさか、この駅の名前が『加賀屋甚兵衛』の名前から付けられたものだと思わなかったのだ。
・・毎月、僕は加賀屋甚兵衛さんの生まれた所(富田林)から電車に乗って(途中から車に変えたが)加賀屋さんの新田会所まで行っていたのだ。
 又、加賀屋甚兵衛さんの旦那寺である[明尊寺]様へも『紙芝居法話』で二度ほど行かせてもらっている。・・ここでは書かないが中甚兵衛さんにも不思議なご縁があった。
・・それがわかった時、これは紙芝居を作らねばいけないなと(勝手に)思い、この紙芝居の制作に入ったのである。余談が長すぎた。・・話に戻ります。
(加賀屋甚兵衛 前編)
ファイル 2332-1.jpg
 加賀屋甚兵衛さんは、延宝8年(1680)に、河内の国石川郡(現在の富田林市喜志町)で生まれました。
 11才で大阪淡路町(現在の本町近くか?)の両替商(今の銀行のようなものか?)の[加賀屋]という店へ奉公人として入りました。
 そして35才で『のれん分け』、つまり独立開業を許され、自分の店を持ちました。
 ここで[加賀屋の甚兵衛]という名前になります。
 甚兵衛さんは商売で堺へ行く途中、この新大和川をいつも眺めながら、新事業を夢見ていたのです。
ファイル 2332-2.jpg
 この頃、大都市大阪は人口が増え、農作物の収穫を増やす為、農地の開発(これを新田といいます)が盛んに行われていました。
 財力のある商人は、川沿いの土砂で干上がった土地などを工事して、新田作りに挑戦していたのです。
(甚兵衛)「新大和川の河口部(今の住之江区西側)も土砂で干上がっていたなぁ・・。あの部分を干拓すれば、きっと立派な新田が出来るに違いない!」と、加賀屋甚兵衛も開発工事に挑戦したのでした。
 この時、甚兵衛45才。大工事が始まりました。
ファイル 2332-3.jpg
(甚兵衛が作った高崎神社)
ファイル 2332-4.jpg
(甚兵衛がこちらも故郷富田林の神社から分け御霊をもらい造った高砂神社)
ファイル 2332-5.jpg
(甚兵衛)「なんとか、この地に立派な新田が出来ますように!そして水害から守ってもらえますように!」
 と甚兵衛は自分の故郷富田林の喜志にある産土神社から分け御霊を頂戴して、新田工事の場に『高崎神社』と『高砂神社』を建てて祈念しました。
(甚兵衛)「この新大和川の上流は、自分の故郷富田林につながっている。だから故郷の神様、どうかこの地もお守りください!」と信仰心の篤い甚兵衛さんは常に祈りました。
 そしてその後、本業の両替商も止めて、新田開発一本に打ち込みます。つづく

紙芝居:『二人の甚兵衛~中甚兵衛と加賀屋甚兵衛』(その2)

(中甚兵衛 後編)
ファイル 2331-1.jpg
宝永7年(1714)、新・大和川の付け替え工事が始まりました。
 工事は、川下の堺の海側から開始されました。
 幕府と各命じられた藩が競うように、分担区間を工事してゆき、結果的にわずか8か月間で、シン・ヤマト川は完成しました。
 堺から河内の国[志紀郡柏原村(現柏原市)]の合流地点まで、長さ約14キロメートル・幅180メートルの新・大和川はここに完成したのです。
 この時、甚兵衛も『普請御用』という役を幕府からもらい、息子と一緒に現場で指揮したそうです。(詳しくは、このホームページの出前メニュー127の『中甚兵衛ものがたり』を見てください)
ファイル 2331-2.jpg
 この付け替え工事によって、中河内の村人は大きな水害からまぬがれる事ができました。
 中河内とは今の『東大阪市・八尾市・柏原市などエトセトラ』です。
 又、鴻池(こうのいけ)新田を初め(約1050ヘクタール)の新しい田んぼや畑が、川の水が無くなった所に開発され、農業が盛んになりました。
 干上がった砂地は水はけが良く、綿栽培が最適で、こうして中河内一帯は全国一の『綿作地帯(河内木綿)』になり、大阪の大発展に貢献しました。
ファイル 2331-3.jpg
 しかし、付け替え工事の南側(主に堺市や今の大阪狭山市の一部)では排水が機能せず、結局水害からは逃れる事ができず、住民に迷惑を掛けました。
・・・それが原因かどうかはわかりませんが、
 中甚兵衛は、川の付け替え工事完成の翌年、頭をそって仏教に帰依してその後、表舞台には出ずひたすら信仰に生きたそうです。・・しらんけど。
ファイル 2331-4.jpg
 さて、ここで少し時間を戻して・・、
 もう一人の甚兵衛さんのお話に移りたいと思います。
 新大和川が完成した時、ひとりの若い商人が、商いで堺への道中、この川沿いを歩きながら、一人つぶやきました。
(もうひとりの甚兵衛)「ほぉー、これが中甚兵衛という御方が付け替えたという新大和川か!‥立派なものだ。私の名前も甚兵衛(じんべえ)。・・まぁ、中甚兵衛さんとは縁もゆかりもないが、同じ名前だ!
 この大和川をご縁として、私も社会に貢献できる仕事がしてみたいなぁ・・。」
 この若者の名前は[加賀屋(かがや)の甚兵衛]と言いました。
 中甚兵衛さんとは、40才ほど違う若手気鋭の商人でした。
ファイル 2331-5.jpg 
(二人の甚兵衛の年表)
 つづく

紙芝居:『二人の甚兵衛~中甚兵衛と加賀屋甚兵衛』(その1)

(中甚兵衛 前編)
ファイル 2330-1.jpg
昔むかしの江戸時代の半ば・・、
これは大阪に生まれ、偉大な事業を成しえた[二人の甚兵衛(じんべえ)]のお話です。
 
 一人は、今の東大阪に生まれた庄屋の[中甚兵衛]さん。
 彼は当時、洪水の絶えなかった大和川(やまとがわ)を付け替えました。

 そしてもう一人が、今の富田林市喜志(きし)に生まれた[加賀屋(のちの櫻井)甚兵衛]さん。
 彼は両替商(今の銀行みたいなものか?)の店に幼いころ奉公に出て、やがて独立。自分の店を持ち、そののち大和川を西大阪最大の新田に開発し、大阪の町の発展に尽くしました。

 これは、大和川が紡いだ二人の甚兵衛のお話です。
ファイル 2330-2.jpg
(現在の大和川)
ファイル 2330-3.jpg
 さて、初めは[中甚兵衛]さんの話をしましょう。
 彼は寛永16年(1639)、河内の国(今米村・今の東大阪市)で生まれました。
 家の仕事は村の庄屋で、今の村長さんのような役割でした。
 この当時の大阪は、大雨が降れば川は増水、氾濫し人々の生活は常に脅かされていました。
 甚兵衛さんの村も洪水被害を常に受け、その度に村民から「なんとかしてくだせぇ!」と庄屋は泣きつかれておりました。
(甚兵衛)「うーん、この水害を防ぐ方法はたった一つ!」と甚兵衛は思いつきました。
ファイル 2330-4.jpg
 それは、奈良から大阪の平野へと分散して流れ込む[大和川]とは別に、もう一本南に[新・大和川]を作って、そこへ水を流し込もうという方法でした。
 甚兵衛たちは庄屋の仲間は、何度も話し合い、その草案を持って江戸幕府に頼みに行きました。
 しかし、新・大和川の川筋に当たる地区の根強い反対運動にあって、中々工事まではいきませんでした。
 そして結局、幕府がこの川の付け替え工事を承認するまで、40年掛かりました。
 ・・40年、なんと長い嘆願運動でしょう。
 もはや、老年期に入った中甚兵衛さん。
 自らの人生のほぼすべてを使った嘆願運動でした。つづく

紙芝居:『金剛重光と宮大工「金剛組」』(その4最終回)

ファイル 2321-1.jpg
 又、これは大変素晴らしい事ですが、四天王寺の年中行事であり、金剛組の仕事始め儀式「四天王寺手斧(ちょんな)始め式」が、大阪無形民俗文化財となりました。
ファイル 2321-2.jpg
そて、この絵は現代の「金剛組大阪本店」玄関前に正装した宮大工達です。
 その昔、聖徳太子より「この国の平和の象徴である四天王寺に五重塔を建てて、末永く守ってもらいたい!」と言われて1400年。
形は現代の様式に変わりましたが、世界で一番古いと言われている会社組織「金剛組」は、今も日本国中の寺社仏閣建築に携わり、経営活動されているのです。おしまい

紙芝居:『金剛重光と宮大工「金剛組」』(その3)

ファイル 2320-1.jpg
金剛組の初代棟梁「金剛重光」が亡くなって、何百年もたちました。
この間、金剛組は聖徳太子の言葉を守り、何十代も四天王寺・五重塔を守り続けました。
 しかし、その間お寺の守護が順風満帆であったという訳ではありません。
 戦国時代の石山合戦や大阪冬の陣での塔の焼失。
 又、江戸時代の落雷での焼失。昭和に入っての太平洋戦争での大阪大空襲での焼失もありました。
このような戦乱や自然災害を幾つも乗り越えて、不死鳥のように復活して、再建築をして甦ったのです。
そう、金剛組は頑張ったのです。
ファイル 2320-2.jpg
又「金剛組」会社内でも様々な苦難が襲い掛かります。
昭和に入っての経営難から37代目棟梁の自死。
その危機を乗り越えたのが、残された妻の史上初となる38代女棟梁の就任でした。
・・が、又もや襲い掛かったのが、室戸台風の五重塔破壊という自然災害でした。この時、再建を希望する四天王寺管長に、女棟梁は「私達は命をかけて再建築させてもらいます!」と言って、見事に再建したという事です。
ファイル 2320-3.jpg
そののち、金剛組の史上最大の危機となった経営不振による倒産危機が来ます。
がしかし、これも同じ難波の建築会社の社長が、「金剛組を潰したら大阪の恥や!」という一言で、金剛組は出資を受けて再出発出来ました。
正に大阪の義理人情が「金剛組」を救ったのです。
そして、現在も四天王寺境内に「全国宮大工発祥の地」として、『番匠堂』が建ち、大工の神仏とも言われている『曲尺(かねじゃく)を持った聖徳太子』が祀られています。つづく

紙芝居:『金剛重光と宮大工「金剛組」』(その2)

ファイル 2319-1.jpg
金剛たち3人は、この倭の国(日本)の難波の地(今の大阪)に、五重の塔を建てようと話し合い設計を開始しました。
「どうやら、この倭の国は地震が多いらしい。巨大な地震が起きても倒れないようなお釈迦様のお骨の埋まった宝の塔を作ろうではないか!我らの知恵と技術を結集して!平和を願う太子の為に!」
こうして、五重塔は組み立てられていきました。
ファイル 2319-2.jpg
 それからおよそ15年が経ちました。
 593年、この五重塔の建つ場所は、聖徳太子が[四天王寺]と名付け完成しました。
 太子は言われました。
「ようやって下さった。金剛殿を中心とされた3人の宮大工の方々。おおそうだ。これから、そなた達を「チーム金剛・・いや『金剛組』と呼ぼう!
これからもこの倭の国に残って、多くのお寺を作ってくだされ。」と。
 これが、会社組織「金剛組」の始まりでした。
ファイル 2319-3.jpg
金剛たち宮大工が作った四天王寺は、当時なにわの海(現大阪湾)に面した場所にありました。
 ですので、朝鮮半島、東アジア諸国の船団との交易の窓口、つまり玄関口にこのお寺は築かれたのです。
 海外から来られた外交官や商人達は、都へ向かう途中このお寺の五重塔を見て、さぞや日本という国の文化の高さに驚かれたでしょう。つづく

紙芝居:『金剛重光と宮大工「金剛組」』(その1)

(はじめに~)・・私が住んでいる『観念寺』という寺は、立て直す前は宮大工『金剛組(こんごうぐみ)』にお世話になって建ったらしい・・。
 これは、うちのお寺にたまに来られる金剛組の営業マンの御方から聞いた話である。(昔の資料がうちの寺には残っていないが、金剛組には残っているということだ。)
 まぁそれで、その営業の御方といろいろとお話をする中で、僕はその『金剛組』そのものに興味を持った。
‥それは[日本最古の会社]とか[聖徳太子のラブコールで、百済の国から建築士が招かれて、日本で初めて五重塔を作った]とか、いろいろ興味深いお話を一杯聞かせて頂いたのだ。
 それで、この『金剛組』という宮大工の歴史物語を作ることにした。
 ただし、現にこの会社は今も活躍されているので、プライバシーは考慮して(金剛組社員さんに一度見てもらい、フィクションを交え)作らせて頂いた。
 それでは、はじまります。みて下さい。
ファイル 2318-1.jpg
昔々の大昔、今から1400年も前に、世界で初めての会社がここ日本で生まれました。
 それは宮大工の組織『金剛組』という会社です。
 その世界最古の企業「金剛組」は、現在もお寺や神社の建築会社として活動されています。
 それでは『金剛重光(しげみつ)』という宮大工から始まり、現在も続く「金剛組」の歴史を紙芝居で見てみましょう。はじまり、はじまりー。
ファイル 2318-2.jpg
 若き日の聖徳太子は悩んでいました。
「ああ、わが国にお釈迦様のお骨を祀る高い塔を建てたい・・。
 その塔があれば、人びとはお釈迦様の偉大さを見て思い、争いを止め平和を願うだろう。
・・しかし、わが国にはそのような高い塔を建てられるような建築士がいない。‥そうだ!海の向こうの国からそのような建築士を招こう!」(笑っちゃうけど、歴史的にはこの時、聖徳太子はわずか4歳という事でした。・・ちなみにサザエさんの子・タラちゃんは3才だそうです。「ばぶー」とは言わんか。あれはいくらちゃんか(笑))
ファイル 2318-3.jpg
 こうして聖徳太子の命を受け、578年、海の彼方[百済(くだら)]の国(現に朝鮮半島)から、[金剛(こんごう]、[早水(はやみ)]、[永路(ながみち)]の三人の建築士が招かれました。
太子は言われました。(以後、タラちゃんの声で)
「そなたたち、遠路はるばるよう来てくれたですー。そなたたちには、わが国らしい美しいお釈迦さまのお骨を祀る[宝の塔]を作ってもらいたいんですー。頼みますですー。困ったことがあったら、かつお兄ちゃん?違う違う、我が叔父[蘇我馬子]兄ちゃんの智慧を借りて決めてくださいですー。」と。
「はいー、わかりました。ばぶー」といくらちゃんが乗り移り、3人の宮大工は答えました。(次回からまじめにいきます)
つづく

紙芝居:『御文章(ごぶんしょう)聖人一流(しょうにんいちりゅう)の章』(後編)

ファイル 2314-1.jpg
その上で称える『南無阿弥陀仏』というお念仏は、御恩報尽(ごおんほうじん)の念仏という・・、阿弥陀如来様にただただ感謝する念仏なのじゃ。
・・どうかな、わかったかな。
 あぁなんと、もったいない事、もったいない事。』
 と、ここで蓮如さまは筆をおかれました。
ファイル 2314-2.jpg
 そしてこれは『御文章 聖人一流の章』という、お手紙の一つになったのです。
ファイル 2314-3.jpg
 そして今も大切に、80通あるお手紙と一緒に、お寺の『御文章箱』の中に納められていて、ご法事やご法要などの最後に、僧侶によって拝読されているのです。 
 おしまい

紙芝居:『御文章(ごぶんしょう)聖人一流(しょうにんいちりゅう)の章』(前編)

ファイル 2313-1.jpg
『聖人一流の御勧化(ごかんけ)のおもむきは 信心をもって、ほんとせられ候・・・。』
 ・・で始まる、これは浄土真宗八代目門主、蓮如(れんにょ)上人のお手紙『御文章(ごぶんしょう)』の一節です。
 これを『聖人一流(しょうにんいちりゅう)の章』といいます。
 さて、今回はこのお手紙を(我流)紙芝居にして見て頂きましょう。はじまり、はじまりー
ファイル 2313-2.jpg
 昔々の室町時代。
 蓮如さまは、その昔浄土真宗を開かれた、親鸞(しんらん)様のみ教えをわかりやすくお手紙にして、ご門徒たちに[手紙型.説法]にして、出しておられました。
 「うーん、よしっ!今日はご門徒たちに、浄土真宗で一番大切な教えである『信心』について書いてみよう・・。」と、蓮如さまは筆を取られました。
ファイル 2313-3.jpg
 『ご門徒の皆さまへ
 まず初めに・・
 聖人・・、つまり親鸞様の事じゃな。
親鸞様の一流のご勧化のおもむきは・・、つまりこれは浄土真宗の流派で、もっとも私たちに伝えたかった教えの要(かなめ)は『信心』についてと、いうことなのじゃ。』
ファイル 2313-4.jpg
 そのゆえは・・つまり、その理由は・・、もろもろの雑行(ぞうぎょう)・・、これは、いろいろな自分で出来る修行を一切止めるという事。
 そして一心にただひたすらに、阿弥陀如来という仏様を心にとどめ・・、つまり一心に仏さまにお任せするんじゃな・・、すると、
ファイル 2313-5.jpg
 不可思議な願力・・、つまり考えられないほどの仏様のすっごいお力で、
 仏様の方から、我々を極楽浄土という世界へ連れて行ってくださる事を、お約束して下さるのじゃ。
 その位(くらい)を・・、つまりその境地は、次の世で必ず仏様の仲間入りが決まった素晴らしいことなのじゃ。
 これを難しい言葉でいうと『正定ジュの位』に入るというのじゃ。』 つづく

ページ移動

上に戻る