住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『楠木正儀(まさのり)和平派ここにあり!』(その5最終回)

ファイル 2304-1.jpg
・・が、これだけこじれた状況に、なったのですから、中々うまくはいきません、
 やがて、自分を誘ってくれた友人[細川]氏も亡くなり、北の朝廷の中で、正儀は孤立してゆきました。
 今、五十才をはるかに越えた正儀は、戦いに疲れ人間関係に疲れ、精神的にも疲れ果て、故郷恋しの気持ちを押さえる事ができなくなっておりました。
 そしてその気持ちが高じて・・、
ファイル 2304-2.jpg
 またもや正儀は、北の朝廷を裏切り、故郷の南の朝廷の元に帰ったのでした。
 この帰って来た正儀を再び迎えてくれた故郷の環境、そして人々の想いはどんなだったでしょうか?
 その様子は何一つ伝わっていません。
 そして不思議な事に、帰還して間もなく、正儀の歴史の記録がここで消えてしまうのです。
 一節には「正儀はこの後すぐ戦死した」とか、「自害した」とか言われていますが、はっきりとはわかりません。
 それから、正儀が亡くなってまもなく、足利幕府の三代将軍[足利義満]により、北と南の朝廷は和睦して統一へと向かいました。南北朝時代の終結です。
 皮肉な事に、正儀の死と共に平和な時代が来た事になりました。
 正儀の死とは関係無く・・。
ファイル 2304-3.jpg
 この南北朝時代の動乱の始まりから終わりまで、およそ60年の歳月が経っておりました。
 楠木正成から始まり、その子正行、正儀まで、楠木一族の攻防の歴史は、これにて終わりを告げます。
 後世の一部の人は言います。
「それにしても、父や兄とは違って、楠木正儀という武将はなんという優柔不断な男だったのだ・・」と。
・・が、本当のところはどうだったのでしょうか?
 それは永遠にわかりません。
 が、ヘッドハンティングや転職が当たり前の時代の21世紀の現代人なら、きっと理解されると思われます。
ファイル 2304-4.jpg
(金剛山 楠木正儀の墓か?)
おしまいつ

紙芝居:『楠木正儀(まさのり)和平派ここにあり!』(その4)

ファイル 2303-1.jpg
・・がしかし、その楠木正儀(南の朝廷)と細川(北の朝廷)との秘密の相談が、味方に露見してしまいました。
「楠木正儀が、北の朝廷と秘密理に連絡を取りあっているらしいぞ!・・あやつ、寝返るつもりか!?」と、噂が立ったのです。
 それを聞いて正儀は「ちっ違う!誤解だ!私は皆が仲良く暮らせる方法を探っているのだ!」と賢明に味方に訴えました。
が、誰にも理解されず、益々彼は孤立していきました。
ファイル 2303-2.jpg
 その内、正儀を信頼してくださっていた天皇も亡くなり、新たな天皇や楠木一族にも疑われるようになりました。
 「そんなに孤立されているなら、いっそ、北の朝廷側に来ないか。そなたの器量なら北の朝廷は大事にするぞ」という細川からの誘いもあり、(これって今のヘッドハンティングやなぁ・・知らんけど) 正儀は結果的に、身近な家来だけを連れて北の朝廷側に駆け込んだのでした。
 そう、正儀は味方を裏切ることになりました。
ファイル 2303-3.jpg
 北の朝廷のリーダー細川氏は喜びました。
「正儀殿、よくぞおいでくださった。さぞやお辛いご決断でありましたでしょう。」と大変感謝して、正儀を北の軍の重要ポストにつけて、暖かく迎えてくれました。
 正儀は裏切り者のレッテルを貼られながらも、ここでも南北の朝廷統一に向けて、賢明に働きました。つづく
ファイル 2303-4.jpg
(金剛山:千早城跡)

紙芝居:『楠木正儀(まさのり)和平派ここにあり!』(その3)

ファイル 2302-1.jpg
 それからも、北と南の二つの朝廷の争いは続きました。
 正儀は、武家のリーダーとして、戦さの場で懸命に働きました。
 そして何度も勝つ、負けるを経て、ついに京の都を奪い返したのでした。
ファイル 2302-2.jpg
 がしかし、念願の京の都に戻れた(正儀等の)南の公家たちは、浮かれて油断しました。
 そのすきを見つけた北の朝廷の軍たちは、京の都へ襲い掛かり、その結果またまた、正儀たちは戦さに負けて、河内へと引きあげたのでした。
 このようなことが、結果的に合計四度もありました。
ファイル 2302-3.jpg
 疲れ果てた正儀は思いました。
「京の都を制圧しても、逃げた敵は又盛り返して帰って来る。・・そして又奪い返される。こんなことの繰り返しでいつまでも平和は来ない!
・・うーん、それよりも平和的に、北と南のそれぞれの天皇が一代ずつ交代しながら、この国を治めるという考えではどうなのだろうか⁉」と。
 ちょうどその頃、北の朝廷内でも(正儀と)同じ考えを持つ[細川]氏という武将が居るという事を知った正儀は、すぐに秘密裏に手紙を書きました。
 そして、やがてお互い意気投合した正儀と細川は、極秘に和平の道を模索し始めたのでした。つづく
 
ファイル 2302-4.jpg
(富田林:嶽山(だけやま)城跡[現在のかんぽの宿])
ファイル 2302-5.jpg
(河内の楠木正儀の城と云われている)

紙芝居:『楠木正儀(まさのり)和平派ここにあり!』(その2)

ファイル 2300-1.jpg
 その楠木一家に大きな転機が訪れます。
 それは、まず父楠木正成の[湊川合戦]での戦死。
 そして月日は流れ、長男・次男の戦死する[四條畷合戦]です。
 その四條畷合戦の前、長男正行(まさつら)は、正儀に言いました。
「正儀、お前は故郷河内(かわち)に残れ。
 後の事はお前に任す。・・おそらく俺たちは父のように戦さで死ぬだろう。
 お前は知恵者だ。その冷静な頭脳で楠木一族を守ってくれ。
 頼んだそ!」
と言って戦場で次男と共に戦死しました。
 こうして正儀は、わずか20歳の若さで楠木一族の頭領となったのでした。
ファイル 2300-2.jpg
 正儀はお寺で亡き父や兄たちに呟きました。
「父上、兄上、どうしてあのような負けるとわかってる戦さで、命を落とさねばならなかったのですか?!
 無駄死にでは無いのですか⁈
 公家たちからの命令だったからですか?
 彼らはいつも命令するだけ・・。
 戦って血を流すのはいつも武士だけ。
 そしていつも万民は迷惑を被る。
 あぁ、私は命令されるだけではなく、正しく自分で考えて和平の道を選びたい。
・・しかし私は武士の頭領。命令どおりに戦い続けるしか無いのでしょうか?」と呟いたのでした。
 正儀の苦悩のはじまりでした。つづく
ファイル 2300-3.jpg
(富田林:正儀の母(久子さま)の住居跡[観音寺内])
ファイル 2300-4.jpg
(楠母神社:正儀等三人の子と母の像)

紙芝居:『楠木正儀(まさのり)和平派ここにあり!』(その1)

ファイル 2299-1.jpg
 昔々の南北朝時代のお話。
 これは[楠木正成(まさしげ)]の三男[楠木正儀(くすのきまさのり)のお話。
 この正儀(まさのり)は、長男の熱血漢[楠木正行(まさつら)]とは違って、物静かで思慮深い三男坊でした。
 だからと言って、決して彼は臆病者ではありません。
 彼はやはり父親[正成]の血を受け継いで、優しさや勇気を十二分に備えておりました。
 がしかし、その思慮深い性格が、彼を悲劇へと向わせます。
 ・・さてこのお話は、父・楠木正成の熱い血を受け継ぎながらも、平和主義ゆえに歴史に揉まれ、結果的に『裏切り者』『臆病者』と呼ばれた一人の武将の物語です。
 はじまり、はじまり~ 
ファイル 2299-2.jpg
 楠木正儀は、正成の長男や次男の兄弟とは違って、一人読書に夢中になる少年でした。
 兄たちは「おのれー朝敵め!おれがいつかやっつけてやる!」と毎日剣術に汗を流していました。
 が正儀は「私は平和というのは、チカラでねじ伏せて勝ち取るものではないと思う。お互いが話し合い、譲り合ってこそ平和は訪れるものだと思うんだ・・」と思っていました。つづく
ファイル 2299-3.jpg
(金剛山:楠木正儀の墓)

紙芝居:『楠木正行もここにあり!』(その7 最終回)

ファイル 2292-1.jpg
 楠木正行(まさつら)亡くなれど・・、
 こののち四十数年も、楠木党の血脈続き、帝(みかど)の為に奮います。
 やがて朝廷一つになるが、正成親子の名は続き、大楠公(だいなんこう)の正成公。小楠公(しょうなんこう)の正行公と、忠臣この世に名を遺す。
 勇気、仁徳、思いやり・・、人の鏡と我々に、大事な教えを残しゆく。 おしまい 
ファイル 2292-2.jpg
(千早赤坂村[千早城]跡)
ファイル 2292-3.jpg
(この男を忘れちゃいけません!・・第三の男・楠木正儀(まさのり)、楠木正成の三男です。楠木シリーズの完結編、『楠木正儀(まさのり)和平派ここにあり!』、もうすぐ紙芝居で登場!・・つづく)

紙芝居:『楠木正行もここにあり!』(その6)

ファイル 2291-1.jpg
 時代はここでワープする。
・・正行(まさつら)公が亡くなって、五百と三十年が経ちました。
 ここに、[正行]生き様感動し、行動起こした一人の男が現れた。
 その名は[適塾(てきじゅく)]出身の『赤十字(せきじゅうじ)社』をこしらえた、[佐野(さの)の常民(つねおみ)]でありました。
 明治の十年、佐賀県出身[常民]は、国内最後の戦争の[西南の役(鹿児島で起こった内乱)]の後を見る。
「戦争、なんと悲惨なものか!」と、涙流した常民は、
「敵と味方の区別なく、負傷者助ける病院を、あぁ作らせてくださいな!」
彼は政府に訴えた。
・・・そして[正行]公を思い出し、「今も負傷者泣いている。苦しい痛いと泣いている。敵と味方は違えども、彼を全て救いたい。昨日の敵は今日の友。あぁ川で溺れた敵兵を、救ったサムライ正行の、如くに我は助けたい!」
この熱意、政府の心は動いたぞ!
 ニッポン赤十字社前身の、ここに「博愛(はくあい)社」出来ました。
この時、負傷者千四百、多くの命が救われた。
 正行公の生き様は、ここでも確かに輝いた!
 後世で、ピカッと輝いた。 つづく(次回最終回)
 

紙芝居:『楠木正行もここにあり!』(その5)

ファイル 2290-1.jpg
 「目指すは大将、首一つ!
 我らの勝ち目はそれしかない!
 皆の者、命を惜しむな、名を惜しめ!」
 敵は五万の大軍に、こちらは一千わずかな兵。
 ここは大阪、[四条の縄手(なわて)]。(※現在の四條畷市か?隣町:東大阪市か?東大阪にも同じような名前の場所があり、こちらにも[正行公]の首塚がある。京都や九州(落ち延び説)にもあるらしい。いったい首塚、楠公いや、何個(ナンコ)あんねん!以上余談)
 楠木兄弟[正行・次男:正時]、ひたすらに敵陣めざして進みます。
 されど、敵の矢雨あられ!嵐のように襲います。
ファイル 2290-2.jpg
 さすがの楠木兄弟も、鎧全身矢を受けて、ついに最後を迎えます。
「・・我が弟、正時よ。残念ながらここまでじゃ。共にあの世で父に会おう。そこで父に報告じゃ!」
 そして兄弟果てました。
 この時、正行二十三。
・・若い最後でありました。あぁ合掌・・つづく
ファイル 2290-3.jpg
(正行公を祀る四條畷神社)

紙芝居:『楠木正行もここにあり!』(その4)

ファイル 2289-1.jpg
「正行(まさつら)公よ、ようやった!・・ところで、わし等は明日にでも、京の都に帰れるか⁈」
「お公家の皆さま、敵はまだ何十万も居るのです。そんな楽にはいきません。おそらく次は奇襲では、通じぬ軍で来るでしょう。我らはここで今一度、お山に籠って機会待ち、おびき寄せる戦法を・・、」
「何をたわけた事いうか!今を逃して何とする。ここが我らの絶好機会。正行、すぐに出陣し、敵をやっつけ帰還せよ。そして我等を都に戻せ!」
「・・それは無理でございます。」
「何を武士の分際で!‥わし等のいう事逆らうか!」
「・・・・・わかりました。」と正行は伏し目ながらに御所を去る。
ファイル 2289-2.jpg
「家来たちよ、聞いてくれ。おそらく我等は死ぬだろう。どうやら幕府は威信を掛けて、数万以上の大軍で、攻めてくること違いない。それに比べて、我らは数千。奇襲で勝てる訳がない。
 帝(みかど)は『死ぬな』と云われたが、それは当然無理な事。今まだ生きている皆の名を、この過去帖に書いておく。これをお寺に奉納し、今生別れとするとした。」
 その後正行、矢じり持ち、辞世を扉に彫りました。
 そして出陣したのです。
 その姿、そっと見つめる[弁内侍(べんないし)]=(正行の恋人か⁈)
 正行慕った初恋なれど、叶わぬ恋と涙を拭いて、去り行く姿に分かれを告げる・・。 つづく

紙芝居:『楠木正行もここにあり!』(その3)

ファイル 2288-1.jpg
細川・山名連合軍、こうとなってはどこまでも、逃げてゆくしかありません。
 が、がしかし、途中ナニワ(大阪市内)の大橋で、大軍一度に渡ろうと、橋に乗ったが大失敗。
 渡辺(わたなべ)橋は中ほどで、底が抜け落ち崩れます!
 この時季節は冬でした。
ファイル 2288-2.jpg
 溺れ震えて泣く武士ら。
 こんな場面を見たならば、敵も味方もありません。
 正行(まさつら)、武士の心意気。父の教えの思いやり。
 正行、戦さをそこで止め、溺れる敵兵助けます。
 そして薬や食べ物を、手渡し静かに送ります。
 幕府の敵兵涙ため、皆手を合わせて帰ります。
 武士の情けに感謝して・・。
 この美談、さらにラストへ橋渡し。ちょこっと、おまけで続きます。 つづく

ページ移動

上に戻る