住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

悩んだ200作目の紙芝居は聖医『笠原良策』

ファイル 2216-1.jpg
 紙芝居の記念すべき[200作目]の題材は何にするべきか?本当に悩んだ。
 考えた末、このコロナ禍の時代にマッチした主人公に決めた。
 その人の名は[笠原良策(かさはらりょうさく)]。
 地味な名前で、蘭方医:緒方洪庵のようなメジャーではないので、知らない方も多いと思うのだが、この福井県の漢方医から蘭方医になったお医者さんは本当に凄い!
 たった一人で、当時の不治の病『天然痘』という感染症に[種痘(しゅとう)]というワクチンを命を掛けて普及させ、多くの人々を救った方なのである。又その一生は非常にドラマチックで、正に[聖医]とはこの人の事をいうのではないかと思ってしまう。・・このような人が実際江戸時代にいたのだ!と・・。僕はこのような人が好きなのです。
 記念すべき200作目は、本当は有名なお坊さん(例えば鑑真さんとか)を主人公にしようと思っていたが、こんなに『感染症』がすべての人の人生に影響を及ぼす事に鑑み、この一地方のお医者さんを選んだ。
 本当だったら、福井県に何度も取材に行って調べたいのだが、大阪は今『緊急事態宣言』が発令中なのでそれもままならない。
 こうなれは、ネットを使ってじっくりこの人物を調べていくことにする。
ファイル 2216-2.jpg
(2020年1月に行った福井県の山中温泉、・・ここで主人公漢方医:笠原良策は運命的な西洋医との出会いをする。)

198作から200作までの紙芝居ラインナップ

 198作から200作までの紙芝居のラインナップが出来ました。
 昨年から作り始めていた大好きなお坊さま「白隠(はくいん)さま」の一生の紙芝居と、その続編のエピソード集。
ファイル 2215-1.jpg
(198作目『白隠さま』)
ファイル 2215-2.jpg
(199作目『続・白隠さま(エピソード集)』
 そして記念すべき200作目は、江戸後期に天然痘という伝染病に、牛痘というワクチンを、命を賭けて普及させた医師の物語「めっちゃ医者 笠原良策(かさはら・りょうさく)」。・・ちなみに(めっちゃ)というのは、あばた(小さなくぼみ=おでき)の事です。
 一つ一つ、発表してゆきますからお楽しみに!
ファイル 2215-3.jpg
(200作『決め手はワクチン!めっちゃ医者 笠原良策』)

堺市『極楽寺』さまの永代経法要in2021

ファイル 2211-1.jpg

本日、堺市の『極楽寺』さまの[永代経法要]にお招き頂き、今年も紙芝居法話の出講をさせて頂いて来た。
 コロナ禍が再び拡大して来た中、ご門徒さんのご参拝状況はいかがなものだろうか?と心配していたが、お寺の中がコロナ対策をきちっと取っておられた事もあって、約20名ほどの門徒さんがお集まりになってくださっていた。
 お一人お一人がマスクをして、静かにお念仏をして法要に厳粛にご参加されているお姿は素晴らしく感動させて頂いた。
 毎年ご法縁を頂き、本当にありがたいことでした。合掌

納骨の儀式

今日、九十五才でお亡くなりになった檀家さんの満中陰(四十九日)法要があり、お勤めさせていただいて来た。
そしてお勤めが終わってから、近くのお墓にご一緒にお参りして、納骨させて頂いた。
 その時、息子の喪主さまが「先に亡くなった母の遺言で『私が先に亡くなったら、お骨は仏壇に置いておいて、主人が亡くなりその納骨の時に一緒に、混ぜてお墓に納めて欲しい』と言っておりまして、今日はそのようにさせて頂きます。」とおっしゃって夫婦二人のお骨を混ぜてお墓に納めた。
僕は「仲が良かったのですね。」と言うと、「そうでもないのですよ。晩年は良く喧嘩してましたから。夫婦ですからいろいろありましたしねぇ・・何考えてたのかねぇ。はっはっはっ」と笑って言われた。
 最近は夫婦で一緒にお墓に入りたくないと言われる方が多い中、良い話だなぁと、満開の桜の下で僕は思った。合掌

春季彼岸法要、終わりました!

コロナ禍の社会情勢を鑑みて、二座に分けて行った春季彼岸法要、無事に終わました!
 ようこそのお参りでした。合掌
ファイル 2204-2.jpg
ファイル 2204-1.jpg
ファイル 2204-3.jpg

春季彼岸法要、準備中

ファイル 2203-1.jpg

 明日は、観念寺の『春季彼岸法要』の日である。
 コロナの感染防止対策をしっかりとやって、只今法要の準備をしている。
 そういえば、二階本堂で大きな法要をするのは一年ぶり・・。
 去年からずっと、一階のホールでテレビ画面を通して、皆さんとお勤めをして来た。
 いよいよ、本格的に(読経時間は短くしてだが、)開始する。

泉州『犬鳴山義犬伝説』の舞台地を訪ねて

ファイル 2198-1.jpg
今、制作中の紙芝居の一つ『犬鳴山(いぬなきやま)義犬伝説』の舞台地に、取材の為に[大阪府泉佐野市]の『犬鳴山』まで行って来た。
ファイル 2198-2.jpg
 ここは、山深い修験道の修行地でもある。又、現在は『日本遺産』の一つになっている。
ファイル 2198-3.jpg
(義犬の墓前で、ゆるキャラ『イヌナキン』を持って写真撮影)
 話は単純なもので、昔一人の猟師が犬を連れてこちらの山に入った。
 獲物を見つけるが犬が鳴いた為に取り逃がす。
 怒った猟師は刀で犬の首を刎ねる。
 首は飛び、猟師の命をひそかに狙っていた大蛇にかみついて命を終える。そして大蛇も死ぬ。
 猟師は自分の命を救わんとしていた犬に気づいて後悔し、自分は出家する。・・と言う話である。
ファイル 2198-4.jpg
 その後、この山は話を聞いた天皇の令によって「犬鳴山」になったという。
 そして、今でもその義犬のお墓は大事に祀られている。
 その義犬のお墓参りをして来たのだ。
 今でも、泉佐野市は義犬の話を大事にして、町のゆるキャラに『イヌナキン』を任命し?・・泉佐野市の平和と繁栄の為に働いているという話である。(ゆるキャラ『イヌナキン』人形買いました)
ファイル 2198-5.jpg
(猟師が出家したというお寺『七宝龍(しっぽうりゅう)寺』)
 近々、紙芝居は公開します!わぉーーん!

貝塚市『善兵衛ランド』への紙芝居取材

ファイル 2197-1.jpg
 本日、貝塚市市立[善兵衛ランド]へ、紙芝居の取材に行って来ました。
 後少しで完成する、江戸時代の天文科学者[岩橋善兵衛]さんのエピソードを詰めて教えてもらうためです。
ファイル 2197-2.jpg
 ご親切に館長さまが、資料をコピーして待っていて下さいました。
 そして、逸話をたくさん教えて頂きました。
 写真も撮らせて頂いたので、紙芝居の絵ともう一度、照らし合わせて勉強させていただきます。
ファイル 2197-3.jpg
 善兵衛ランドの皆様、ご親切にありがとうございました。合掌
ファイル 2197-4.jpg

BS日テレ『三宅裕司のふるさと探訪~神秘の神社仏閣めぐり旅』予告

ファイル 2196-1.jpg
3月10日(水)BS日テレ『三宅裕司のふるさと探訪』(神秘の神社仏閣めぐり旅・河内長野編)に、私の紙芝居『滝畑に摩崖仏あり』の表紙がほんのちょっとだけ出ます。
 よろしければ観て下さい。
ファイル 2196-2.jpg
 ・・余談ですが、BS日テレの番組ディレクターが私のお寺に来られた時、「三宅裕司さんと言うタレントさんは、本当に表と裏の顔の無い良い人ですよ。番組作りやすい方です。」と言っておられました。
 タレントさんて、難しい感じの人が多いのかなぁ。

東大阪市:『旧河澄家』にての打ち合わせ

ファイル 2195-1.jpg
(東大阪市指定文化財・旧河澄(きゅうかわずみ)家)
 今日、東大阪市指定文化財『旧河澄家』へ、今年の夏から秋にかけて行われるイベントの打ち合わせに行って来ました。
ファイル 2195-3.jpg
(住居内)
 どのようなイベントかというと、住居内を僕の「地元偉人紙芝居」を展示して、お客様に文化財と紙芝居をコラボし観覧していただこうというものです。
ファイル 2195-2.jpg
(天然記念物「日下のかや」)
こちらは江戸時代からの(歴史ある)ものなので、紙芝居もこちらに直接関係のある人物「中甚兵衛」や「石上露子」などの紙芝居の、展示を考えております。(まだ未定)
 そして、中一日に紙芝居講演会もさせていただこうと計画しております。
 今から楽しみです。
 

ページ移動

上に戻る