記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『悲しき阿修羅(アシュラ)』(その1)

ファイル 1920-1.jpg

奈良[興福寺]の阿修羅(アシュラ)像。
三つの顔を持つその表情には、心の奥からにじみ出た、苦しさや悲しさが漂い、観るものの感情を揺さぶります。
 ・・仏教を守護する神と言われるこの阿修羅神。
 正義の神でありながら、戦いの[魔神]に落ちてしまい・・、そして最後は仏に救われた阿修羅(アシュラ)。
 まるで、それは映画『スターウォーズ』に出てくる[ダースベイダー]のように感じます。(そんな風に感じるのは決して私だけではないはず。)フゥーフォー、フェーフォー(ベイダー卿の呼吸音)
 このお話は、その悲しきアシュラの物語です。つづく
 
 

花ちゃんと石のハナちゃん

ファイル 1919-1.png

今日のお参り先で・・。
檀家さんが、「墓石屋さんで、石のハナちゃん(パグの名前)を頂きました!」と、玄関先で見せていただいた。・・そっくりやん⁉・・と、二匹並んで記念撮影をしました。
 テレビで『隣の人間国宝さん』を見ていたら、「あっ、花ちゃんそっくり⁉・・あれが是非ほしい!」とちらっと映った石のパグ犬を見て、その石屋さんを探して「分けて下さい」と連絡したら、「取りに来ていただけるならプレゼントします」と言われて、頂いたそうです。(太っ腹な良い石屋さんやん。ご本人が作られたそうですよ)
 僕も『そっくりですね。ご縁ですね!』と思わず(お参りもそこそこにして[笑])で記念撮影をしたのです。
 本当にパグの花ちゃん、少し太ったかな?でも可愛いです。・・僕の出迎えも見送りもいつもしてくれるのです。・・背中にハート模様もあるんですよ。
 
 

大阪:中之島界隈をぶらぶら

ファイル 1918-1.jpg
おせち料理を食べ過ぎたので、運動の為に大阪の『中ノ島界隈』をぶらぶらと歩きまわって来ました。
ファイル 1918-2.jpg
 この辺はおしゃれなレストランが多いです。ここでランチを食べました。
 この前、慈雲尊者の紙芝居の取材の為に、この辺りを回りました。今回で二度目。
・・慈雲さんの頃(江戸時代)も、この辺りは賑やかな商業都市やったんやろな・・。慈雲さんのおしゃれなセンスのルーツがこの界隈にありそう・・、そんな事を思いながら歩きました。
ファイル 1918-3.jpg
(大阪市立東洋陶磁美術館)
そして、東洋陶磁美術館を見学。
ファイル 1918-4.jpg
 この美術館は写真を撮っても良いのですね。
ファイル 1918-5.jpg
 心の洗濯が出来ました。・・ついでにお腹の洗濯も。

謹賀新年・熱海と箱根へ

ファイル 1917-1.jpg
(熱海から見た日の出)
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
熱海と箱根へ旅行して来ました。
ファイル 1917-2.jpg
観光客でいっぱい!僕らもその一人ですが・・(笑)
ファイル 1917-3.jpg
(МOA美術館)
熱海では[МOA美術館]で、聖徳太子立像を鑑賞し、
ファイル 1917-4.jpg
(芦ノ湖・箱根駅伝記念碑)
そのあと、箱根駅伝のコースを車で見物しました。(あの急な坂を駆け抜けるなんて人間業じゃないな、と改めて思いました。やはり、彼らは韋駄天!・・今は見る影もないけど、僕も昔は陸上選手だったんです・・(苦笑))
ファイル 1917-5.jpg
(芦ノ湖観光船)
最後は、観光船で芦ノ湖を回って、無事帰還しました。
今年もいろんな所へ行きたいな。

多賀大社と『なばなの里』に行ってきました

ファイル 1916-1.jpg
(多賀大社内『寿命石』)
 滋賀県の多賀大社と、三重県のなばなの里に行ってきました。
 多賀大社内には、重源和尚がお参りして、20年寿命が延びたという[寿命石]があるのです。
ファイル 1916-2.jpg
 ここで重源和尚は、60歳前後の時にお参りをして、20年の寿命を授かり、奈良の東大寺を無事に再建したという伝説があります。  
・・僕もまだやりたい事があるので、(あやかりたく)延命を願いました。
ファイル 1916-3.jpg
(なばなの里)
 そのあと、三重県の『なばなの里』へ。
ファイル 1916-4.jpg
(チャクラのような光のトンネル)
 ここは、イルミネーションで有名ですよね。
 夜遅くまで、すごい数の車とたくさんの人でした。
 それと、若いカップルばかり。
ファイル 1916-5.jpg
(イルミネーション・ジャパン)
 迫力満点のイルミネーション!
 日本の情景というテーマでした。
 大阪に帰ってきたら、午後の11時を回っていました。疲れました・・。
 
 

12月のほろ酔い交流会

ファイル 1915-1.jpg

昨日、お寺で今年最後の『ほろ酔い交流会』を開いた。
寒さにも関わらず、たくさんの方がお出で下さり、楽しい時間を過ごせた。
 今年もお世話になりました。又、来年!

今年の『寺カフェ』が終わりました

 今年も無事に観念寺『寺カフェ』が終わりました。
 今年最後は、新しいお客さんが二名ほど来てくださり、今日も約20名程最後までにぎやかに、コーヒーとおやつで楽しい時間を過ごしました。
 さぁ、明後日は今年最後のイベント『ほろ酔い交流会』です。
 今年もお寺で『忘年会』を盛り上げ楽しみます!

人間ナンマンダ佛

不思議な夢を見た。
 老賢人が僕の前に来て、自分の仲間の前で僕に向かってこう言い始める。
「このミヤモトの教えは、彼の所属している宗派の教えとは少し違う。
キリスト教でもなくイスラム教でもない。又、神道でもない。(この時、周りにいる人間は、うんうんと首を縦に振り納得している)
 わかりやすく言えば、すべての日本人が持っている宗教観・仏教観のような教えを説いている。(この時、又周りの人たちは『その通り!』という目をしている)
 ・・だから、わかりやすいのだ。
 ミヤモト、お前は『人間ナンマンダ佛』になれ!親鸞聖人もそうだった。」
 というところで目が覚めた。
・・不思議な夢であった。
 『人間ナムアミダブツ』とは、いったいどういう意味か⁈僕にはわからない。
 が、この言葉が目が覚めても、はっきりと頭に残っている。

干支の『ちぎり絵』色紙教室、開催

ファイル 1912-1.jpg

 今年も来年の干支の『ちぎり絵・色紙教室』を開きました。
 毎回、ご門徒さんがボランティアで開催して下さるので、本当に助かります。感謝です!
 今回は、21名のご参加でした。
 夜の七時から開始だったのですが、六時にすでに来られた方があって、暖房の調整も間に合わず申し訳ございませんでした。
 みなさん、今年も楽しい『ちぎり絵』色紙が完成したようで、少女のようにワイワイお喋りしながら、帰られました。

今年の『観念寺団体参拝バス旅行』は三重県行きでした

ファイル 1911-1.jpg
 今年の『観念寺団体参拝バス旅行』は、三重県に行きました。
 総勢31名。大型バス(トイレ付です)
 今回は私たち(宮本)家族の[観念寺入寺20周年記念ツアー]でちょっと贅沢なのです。
 目的地は国宝『高田派本山・専修寺(せんじゅじ)』。
 立派なお寺です!同朋観光添乗員の永峯先達のお寺の内覧解説も素敵でした。
ファイル 1911-2.jpg
 雨が心配されましたが、何とか無事に切り抜けられました。(仏様の思し召しです!)
ファイル 1911-3.jpg
 そして、食事は[磨洞温泉『涼風荘』]。
ファイル 1911-4.jpg
 なんと、ここは洞窟の中で料理が食べられるのです。
 皆さん「和気あいあいと山海賊バーベキューが楽しめて良かったわー!こんな食事もええねぇ。ええ思い出になるわ」と言っておられました。
ファイル 1911-5.jpg
 そして、帰りは伊勢の『おかげ横丁』で買い物もしました。
 今年も楽しい団参でした。合掌