記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「与謝野晶子(よさの・あきこ)」(その2)

ファイル 1875-1.jpg
お店を手伝う、晶子と弟の[ちゅう三郎]は、たいへん仲の良い兄弟でした。
 二人は暇をみつけては、詩や歌を作り、大阪の小さな雑誌の団体に投稿していました。
 晶子には、歌の才能がありました。
 そこで、弟の友達の(文学大好き坊さんの)[河野鉄南(こうのてつなん)]の勧めで、『浪華青年文学会』に入ることになりました。
 河野鉄南には、お坊さんに成りたての頃、同じ僧侶仲間であった[与謝野鉄幹(よさのてっかん)]という(イケメンの)友達がおりました。
 鉄幹は、今はお坊さんを辞めて、『明星』という歌の文芸誌を出しておりました。
 その鉄幹が、講演の為、東京から関西に来ることになりました。
 ・・晶子の運命が変わる時がやってきました。
ファイル 1875-2.jpg
 「この方が与謝野鉄幹先生です!」と、お坊さんの鉄南さんは、晶子に紹介しました。
「はじめまして、晶子さん!僕が(イケメンでモテモテの色男)、鉄幹です!」 つづく

紙芝居:「与謝野晶子(よさの・あきこ)」(その1)

ファイル 1874-1.jpg
日本を代表する、情熱の歌人[与謝野晶子]。
 彼女は(いわゆる一つの)、明治・大正時代の世間が好む美人ではありませんでした。
 男のような太い眉。
 がっしりと張った顎。
 いかめしい肩幅。
 そして、黒曜石のように輝いた大きな瞳。
 そんな彼女は、妻子ある男性と、情熱的な恋に落ち(いわゆる不倫やがなぁ)、女性の自由を歌った詩を作り発表し、有名になりました。
 又、同時に軍国主義の真っただ中に、反戦歌を発表し、世間を驚かせました。
 さて、このお話はそんな波乱にとんだ彼女の一生の物語です。はじまり、はじまりー。
ファイル 1874-2.jpg
 今からおよそ110年ほど前・・、
 大阪は堺(さかい)という町に、江戸時代から続く、和菓子の老舗『駿河屋』というお店がありました。
 その帳場で、店番をしながら『源氏物語』などの古典を読みふける少女がおりました。
ファイル 1874-3.jpg
(与謝野晶子生誕の碑:大阪堺市)
 彼女の名は、名字が[鳳(ほう)]。
 名前は[しよう]。
・・といい、この店の三女に生まれました。
 この少女が、のちの与謝野晶子です。
 さて、この物語では、[しよう]ではなく、わかりやすく『晶子』という名で通します。つづく

170本目の紙芝居『悲しき阿修羅』、只今製作中!

ファイル 1873-1.jpg

 只今、170本目の紙芝居、『悲しき阿修羅(アシュラ)』を作っています。
 奈良のお寺で、人気ナンバーワンの仏像『阿修羅』。
 その阿修羅神の伝説に迫ります。
 何故、正義の神、阿修羅は魔神といわれるようになったのか?
 宿敵、力の神:帝釈天との関係は?
 そして、顔の表情の秘密とは?
 それらを15枚の紙芝居で表したいと思っています。
 お楽しみに!
 
 

紙芝居:「慈雲尊者(じうんそんじゃ)」(その6:最終回)

ファイル 1872-1.jpg
慈雲尊者は、59歳の時、人里を離れ、大阪は河内の山深いお寺[高貴寺]に活動の場を移されます。
そして、その寺院を[真言律宗]総本山として、神道の研究や律や禅の講義の場として開き、多くの弟子たちを育てました。
ファイル 1872-2.jpg
慈雲尊者は、八十七歳で、お経の講義の準備中に亡くなられました。
「お釈迦さまの時代の仏教に帰れ。」と、教えを説き、自ら質素なつぎはぎだらけの衣を纏い、庶民に優しい教えを説かれた聖僧、慈雲尊者。
今、尊者のお墓は、大阪は南河内郡河南町の高貴寺に建っています。
おしまい

紙芝居:「慈雲尊者(じうんそんじゃ)」(その5)

ファイル 1871-1.jpg
 又、慈雲様が、その著作『十善法語(じゅうぜんほうご)』の中で、人間として生きる基本的な十の戒めを示しておられます。
 一つ、不殺生(生き物を大切にする)
 二つ、不偸盗(盗まない)
 三つ、不邪淫(不倫をしない)
 四つ、不妄語(うそをつかない)
 五つ、不騎語(無駄話をしない)
 六つ、不悪口(悪口を言わない)
 七つ、不両舌(二枚舌を使わない)
 八つ、不貪欲(むさぼらない)
 九つ、不瞋恚(うらまない)
 十、不邪見(ひがまない)
 以上が『十善法語』の中の「十善戒」、十の良い戒めです。
ファイル 1871-2.jpg
 慈雲様は、『直心是(これ)道場』、「素直な心を保つ生活の場こそが、自分を鍛える道場そのものである」と、判りやすい言葉で、万民に仏法を説かれました。
 この十善法語は、信用第一の大阪商人のバイブルとして、「片手にそろばん、片手に十善法語」と、ナニワ商人としての心意気として、引き継いでゆくことになりました。
つづく

紙芝居:「慈雲尊者(じうんそんじゃ)」(その4)

ファイル 1870-1.jpg

慈雲様は、様々な経験を経て、
「すべて、お釈迦さま時代の仏教に戻れば良い!」と、気づき、その教えを説き始めます。
具体的には、お釈迦さまが示された衣(けさ)を正しく身につける事。
お釈迦さまのお言葉であったサンスクリット語で、お経を読むこと。
お釈迦さまの定められた、僧侶の生活規律を守る事。これらの戒律復興を目指したのです。
そして、それを文字に書くという方法で、わかりやすく万民に示されました。
ところで、慈雲様はお釈迦さま時代の仏教に戻れば良いと言いながら、ご自分は何故?ヒゲや髪の毛を伸ばしていたのでしょうか?
一説によると、彼の髪の毛やヒゲは硬く、カミソリを使うと傷だらけになってしまうから、伸ばすようになったと言われています。(どんな髪の毛やねん?)
つづく

今日は『寺カフェ』の日

ファイル 1869-1.jpg

 今日は『寺カフェ』の日。
 暑い日だったので、アイスコーヒーが無くなり、仏婦会会長さんに途中で、スーパーに買いに行ってもらうというハプニングが起こりました。
 今日も盛況でした。
 又、来月!合掌

紙芝居:「慈雲尊者(じうんそんじゃ)」(その3)

ファイル 1868-1.jpg
 それから、慈雲様は師匠の許可を得て、詩や文学なども勉強しました。
 又、本格的な密教の修法を学ぶため、河内の野中寺へ移り修行しました。
 さらに、信州の曹洞宗のお寺に行き、座禅を学びました。
 そして、そこで解脱の境地に達したそうです。
 彼の心の中には、様々な師匠の教えによって、
『一つの宗旨びいきになってはいけない!少しばかりを得ても、満足せず、さらなる修行のステップを踏んで、高みに登るべきである。』
という気持ちになっていったのです。つづく

紙芝居:「慈雲尊者(じうんそんじゃ)」(その2)

ファイル 1867-2.jpg
 法楽寺で出家した時の、慈雲さまの気の強かったエピソードが残っています。
 彼は師匠に向かって、こう言ったそうです。
「自分は仏教が嫌いだ!・・出家したのは母に頼まれたからだ。私は仏教をとことん学んで、こんな教えはたかが知れてると、仏教批判をしてやるつもりです。」と。 
ファイル 1867-1.jpg
(大阪:法楽寺さま)
 後年、慈雲様はこの発言について次のように語っておられます。
「・・あの時、私は儒教にかぶれていた。
 死後の世界も否定的だったし、派手な衣を着た僧侶も大嫌いだったのです」と。
ファイル 1867-3.jpg
 一本気な慈雲様は、何でも徹底的にするタイプで・・、おかしな話ですが、仏教を否定するために猛烈に修行に励んだのです。
 難しい経典を読み、古代インドのサンスクリット語も学びました。
 そして修法も学び、これらの修行を通じて、「自分の考えは間違っていた。仏教は信ずるに値する教えだ!」と、気づくのでした。 つづく
 

紙芝居:「慈雲尊者(じうんそんじゃ)」(その1)

ファイル 1866-1.jpg
江戸時代、お釈迦さまの再来と呼ばれ、宗派の枠を超えて、仏教の根源を見つめ、日本の宗教界全体に、多大な影響を与えた人物。
彼の名前は[慈雲(じうん)]といいました。
これは、慈雲尊者の生涯の物語です。
ファイル 1866-3.jpg
(慈雲尊者誕生の碑:大阪中之島)
慈雲さまは、江戸中期、大阪は中之島の高松藩・蔵屋敷に生まれました。
彼の幼き頃の名前は[満次郎]、のち[平次郎]。
 平次郎は、小さい頃から正義感が強く、勇猛な性格であったようです。
ファイル 1866-2.jpg
 平次郎13才の時、父が亡くなります。
兄弟の多かった彼は、母の勧めもあって、「法楽寺」という真言宗のお寺で、出家を決意します。
彼の師匠は、徳の高い[忍綱(にんこう)]という名の高僧でした。
平次郎は彼の元、出家し、[慈雲]となりました。つづく