記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「大石順教尼ものがたり」(その6)

余談になるが、妻吉(のちの大石順教)が、芝居の一座と共に日本中を旅をしていた時、妻吉を姉のように慕い、終生仲の良かった芸人に、有名な『柳家金語楼(やなぎや・きんごろう)』がいる。
 彼は、妻吉が口で文字の練習を始めた頃、自分も一緒に字の練習をしていたそうだ。以上
ファイル 1776-1.jpg
 妻吉の口を使っての文字を書く練習が始まろうとしていました。
 が、彼女は幼い頃から舞妓であった為、学校に行っていません。
 だから、文字の読み書きが出来なかったのです。
 そこで、彼女は自分で、(旅先で)小学校を見つけ、そこの校長先生にお願いし、文字を教えてもらう事からスタートしました。
 そしてその後、口に筆を含み、懸命に努力し、文字の読み書きを覚えたそうです。
 さらに、その後、絵画の道も究めるようになっていきます。 つづく
ファイル 1776-2.jpg
(※僕も真似して、口で写経をしてみた。・・ボロボロでした[苦笑])

紙芝居:「大石順教尼ものがたり」(その5)

ファイル 1775-1.jpg
 病院を退院した妻吉(のちの順教尼)は、生活の為に働かなければなりません。
 両腕を失い舞妓に戻れなくなった彼女でしたが、大阪の寄席に出て、三味線に合わせて長唄を歌いました。
 見物客は、『堀江の六人斬り事件』の生き残りを、一目見ようと、寄席は連日、大賑わいであったそうです。
 それから、彼女は旅芸人の一座と共に、日本中を旅することになります。
ファイル 1775-2.jpg
 そして、旅の一座が東北の仙台の旅館に泊まった時の事です。
 その宿に[カナリヤ]の鳥かごが吊るされていました。
 その鳥かごの中を見ると、小さな雛が居て、親のカナリヤがくちばしでエサを懸命に運んでいました。
 妻吉は「あぁ・・、この鳥たちは羽があっても手は無い。なのに、口を使って一生懸命にエサを運び育てている。
 そうだ、私にも口がある!・・できないはずがない!」  と、彼女の前に小さなカナリヤを通して、大きな世界が見えた一瞬でした。
 この時、妻吉19歳でした。 つづく

紙芝居:「大石順教尼ものがたり」(その4)

余談ながら、なぜ、妻吉(のちの順教尼)は、自分の両腕を奪った義父を許したのであろう?しかも、長い年月を掛けて許したのでは無く、すぐにだ。・・恨んで当然なのに不思議すぎる。
 僕は、その事を大石順教さんの御孫さん(大石晶教さん)や、『大石順教尼記念館』の館長さん(萱野正己さん)にお聞きしてみた。
 するとお二人とも、同じことを言われた。
『順教尼さんは、義父の悪口を生涯一遍も言いませんでした。・・それだけ、義理の親子といえども、愛情が深かった関係なのだと思います』と。
 僕ならとても許せないが・・。未だに解らない、なぞの一つである。以上
ファイル 1774-1.jpg
 義父の万次郎の死刑執行の日が近づいて来ました。
 万次郎の「一目会って詫びたい」との手紙を受け取った妻吉は、刑務所に向いました。
 万次郎は、妻吉に言いました。
「・・俺は自分の罪に苦しんでいる。なんで、あんなことをしたのか記憶にないんや。
詫びて済む事ではないが、どうしても、おまえに言いたい事があったんや。
わしは死んで地獄に落ちる。・・が、わしの魂は死なん!
 お前の身をきっと守る!
 呼んでくれたら、必ず助けに行くからな!」と、言ったそうです。
 こうして、万次郎は死刑になりました。
 妻吉は、万次郎の骨をもらい受け、大阪の四天王寺にお墓を建てて、供養したそうです。
 (※これも余談ながら・・、順教尼はこののち、様々な人生のピンチを向えますが、その時、義父の名を呼んで、その試練を無事に、乗り越えることが出来たそうです。地獄の閻魔さんもびっくり!) つづく
 
 

紙芝居:「大石順教尼ものがたり」(その3)

ファイル 1773-1.jpg

 病院に担ぎ込まれた彼女は、緊急手術を受けて奇跡的に、命は助かりました。
 そして、意識を取り戻した彼女は、病院にまでやってきた裁判所の判事に向って、こう言ったのです。
「わてらを斬った後、お父はんは自首しはったんですね。・・わてはお父はんを恨みまへん。
・・お父はんは、わてを大切に育ててくれました。・・きっと魔が差したんや!」と。
 
 それを聞いていた看護婦長さんは、退院の日に彼女にこう言ったそうです。
「あなたを助けてくれたのは、院長さんのお陰ですが・・、これからあなたが、背負っていかねばならぬ、(両腕の無い苦しみに)耐えていくことが『彼女にはきっと出来る!』と思われた神や仏のお陰もあると私は思うのです。
 あなたの苛酷な体験を、(同じような体験をされた)多くの悲しみや苦しみにある人々に、お話してこれから役立ててください。
 あなたなら出来ます!
 ・・あなたは『わてはお父はんを恨みません』と、裁判所の判事さんに言いましたね。
 その言葉を聞いて、これは『神様の言葉や』と思ったので、あなたにこんな話をしました。
 苦しい事があったら、私のところに、いつでもやって来なさい。」と言ったそうです。
(※余談ですが、この看護婦長さんはクリスチャンであったそうです。大石順教尼さんの御孫さんから僕は聞きました) つづく

『報恩講法要』が終わりました

ファイル 1772-1.jpg
 10月14日、今年も無事に『報恩講法要』が終わりました。
 法要の準備の為に、大掃除や幕張りなど、今年もたくさんのご門徒さんにお世話になりました。
ファイル 1772-2.jpg
 当日は、たくさんのご門徒さんがご参拝下さり、有難いことでした。
ファイル 1772-3.jpg
 有難うござました。
・・この大法要が終われば、今年も無事に年を越せるといつも思います。(笑)

紙芝居:「大石順教尼ものがたり」(その2)

ファイル 1771-1.jpg
 妻吉(のちの順教尼)の芸を厳しくしつける養父[万次郎]でしたが、しかしこの頃、彼には深い悩みがありました。
 それは、内縁の妻との関係に、万次郎の精神は病み始めていたのです。
 そして、ついに・・、
ファイル 1771-2.jpg
 明治38年の6月の深夜、万次郎は狂乱を起こし、一家6人を日本刀で襲ったのでした。
 世に云う『堀江(ほりえ)六人斬り』事件でした。
 芸妓を含め、五人が絶命。
 がこの時、妻吉は、両腕は斬られながらも、一命は助かるのでした。
 この時、妻吉17歳でした。 つづく

紙芝居:「大石順教尼ものがたり」(その1)

ファイル 1770-1.jpg
 皆さんは『大石順教(おおいし・じゅんきょう)』という尼さんを知っていますか?
 彼女は、自分が遭遇した『両腕を斬り落とされる』という、苛酷な運命を受け入れ、加害者を恨まず、仏に帰依して生き抜かれました。
 口に筆を咥えて、写経や写仏など描き、さらに日本で初めての身体障がい者女子の為の自立精神道場も設立されます。
 人々に生きる希望や勇気を与え、『日本のヘレン・ケラー』と呼ばれた、彼女の生涯を紙芝居で見て頂きましょう。
 はじまり、はじまりー。
ファイル 1770-2.jpg
 大石順教。本名[大石よね]、芸名[大石妻吉(つまきち)]。
 彼女は、明治21年(1888)年、大阪は《道頓堀》という賑やかな町のすし屋で生まれました。
 幼い頃から、好きであった踊り[舞い]を学び、13歳でその才能を買われて、大阪堀江の[山梅楼(やまうめろう)]という花街の舞妓になります。
 そして、その店の主人であり、のち養父となった[中川万次郎]のもと、厳しい修行に明け暮れる毎日を過ごしておりました。
 父、万次郎の稽古は厳しいものでしたが、とても愛情深いものであったと伝わっております。
 が、しかし・・・、つづく

今月の寺カフェ

ファイル 1769-1.jpg

 おとといは、御門徒さんが集合しての『報恩講法要』の為の大掃除。
 そして、昨日は月一の『寺カフェ』の日であった。
 今月は26名のお客さまで、大忙しであった。
 そして、ミニイベントとして、隣町から歌の先生にお越し頂き、短い時間でありましたが、みんなで唱歌を一曲唄いました。

「何とか、しましょう!」は、あきまへん

 うちのお寺の総代さんは、僕の父親みたいな人が多くて、いつも僕を温かく見守って、心配して下さっている。
 今日も「宮本っさん、『何とかしましょう!』はあきまへんで。・・他人は無理を頼む時が多々あります。
 その時、よく考えずに『何とかしましょう』と言ってはあきまへんのや。
『・・何とかしましょう』と言うのは、その日その時刻は、すでにスケジュールが詰まっているという事でっせ。
 しかもその言葉を言った瞬間、こちらは、まだ頭の中がパニックになっているという事でっせ。
 無理したら相手にも迷惑を掛けるかもしれん、というリスクも背負うんでっせ。
・・そんな時は『その日はその時刻は、すでに詰まっていて無理です』と言う、勇気を持ってくださいや。・・頼んまっせ!」と言われた。
 この総代さんは、僕の弱点をよーく知っておられる・・。合掌

富田林「西徳寺」様の報恩講

ファイル 1767-1.jpg

 昨日、浄土真宗興正寺派『西徳寺』様にお招き頂き、昼座・夜座の二回[紙芝居法話]をさせて頂いた。
 一日二回の法座への出講は、まだ体力的にもしんどいものがあるが、以前にも行かせて頂いたことのあるお寺なので、(住職ご家族もお優しい方ばかりで)精神的には楽であった。
 ただ(写真)は、カメラで撮って頂くのを忘れた為、夜の[お寺前風景]をちょこっとだけ、写させて頂きました。合掌

ページ移動