記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『白骨の御文章~蓮如上人からのお手紙2』(その2)

ファイル 2156-1.jpg
そして、娘はその日の夜、あっけなく亡くなってしまいました。
 民部(みんぶ)の夫婦は、それは驚き悲しみました。
 がしかし、氷のように冷たくなった亡骸はどうする事も出来ません。
 隣近所や友人達が手伝い、その次の日、娘の遺体は野辺送り(火葬)となりました。
 そして後に残ったのは、白い骨だけとなったのでした。
ファイル 2156-2.jpg
「これが、待ちに待った娘の嫁入り姿なのか?!・・おぉっ、おぉっ・・」
と、民部は変わり果てた娘の骨を手に乗せて、泣き崩れました。
 ・・そして、その夜、民部も同じように息絶えてしまったのでした。
 又、妻も後を追うかのように、数日後、亡くなりました。(これは明らかに伝染病やね・・)
 こうして、数日の間に一家全員が亡くなってしまったのでした・・。
ファイル 2156-3.jpg
 そしてその後、親類縁者が集まって相談して、残された民部の家財道具一式は、家族が信仰していた蓮如上人のお寺に寄進されることになったのでした。
 その時の事。縁者の一人が、蓮如上人に願い出ました。
「蓮如さま、民部一家の事は大変つらい出来事でした。
 どうか、私たちに人の世の無常のことわりを表し・・、又苦しみを和らげる・・、そんな御文(ふみ)を書いてはいただけないでしょうか?
 お願いいたします!」と。
「よし、わかった。すぐに筆を取ろう!」と蓮如上人は答えられました。つづく

紙芝居:『白骨の御文章~蓮如上人からのお手紙2』(その1)

ファイル 2155-1.jpg
『朝(あした)には紅顔ありて 夕(ゆう)べには白骨(はっこつ)となれる身なり・・』
 この文は、浄土真宗の葬儀などの場で、読まれる『御文章(ごぶんしょう)』の中の[白骨の章]という有名な一節です。
 作られたのは浄土真宗八代[蓮如(れんにょ)上人]というお坊さんです。
 ご門徒(信者)に向けて、人の世の無常のみ教えを、手紙の形で書いておられます。
 さて、この紙芝居は蓮如上人がこのお手紙を書かれたエピソードを物語にしたものです。
 それでは始まり、はじまり~
ファイル 2155-2.jpg
 昔々の室町時代。
 京の山科(やましな)という所に、[青木民部(あおき・みんぶ)]というお侍が住んでいました。
 民部には妻と娘が居り、貧しいながらも、つつましく幸せに暮らしておりました。
 そして、この家族は自宅近くにあった蓮如上人のお寺によくお参りをしておりました。
ファイル 2155-3.jpg
 ある時、民部の娘に身分の高いお武家からの、たいへん良い縁談の話が持ち上がりました。
 この話はすぐにまとまり、民部はそれは喜び、先祖伝来の鎧などを売りお金に換えて、嫁入り道具をそろえました。
 ・・そして、結婚式の当日の朝を迎えました。
 「お父様、お母様、今までお育て頂きありがとうございました。」とあいさつを終えたその時・・、
 娘はフラッとその場で倒れてしまったのです。つづく
 

文化財管理会社アスウェルさま、来院

昨日、文化財管理会社アスウェル様の専務取締役様と副館長様がお越しになった。
 こちらは富田林寺内町にある、重要文化財旧杉山家住宅を管理されておられる会社で、・・文化財の活用の一つとして、旧杉山家や寺内町交流館内で、富田林ゆかりの僕の紙芝居「富田林の始まり」や「ナニワの浪花千栄子女史」などをイベントや町の宣伝・紹介として、使わせて欲しいという要件で来られたのだ。
 地域貢献へのご協力なら、大賛成なので一発でOKし、紙芝居をコピーして、これから町のイベントに活用してもらうことにした。
 これから、僕も時々こっそり見学に行きます!楽しみ、楽しみ。

自叙伝紙芝居・三部作、製作中

自叙伝紙芝居がようやく完成間近になった。
 これは前から企画していたように三部作にした。
 第一部が「私が僧侶になった理由(わけ)」。
 これは、酒屋の後取り息子である僕がなぜ?坊さんになったのかを著した小作品である。
 第二部がその続編で「私が住職になった理由(わけ)」。
 これは題名そのままに、今のお寺の住職になるまでを描いている作品だ。
 最後の三部作目は「紙芝居事始め」。
 これは、寺の僧侶がなぜ、紙芝居を描くようになったのかを、昔話調に簡単に描いた作品である。
 プライバシーバリバリの作品たちであるが、もうすぐアップするので、興味のある方は覗いてみてください。合掌

「Go.Toトラベル、安いで!」と言われても・・

「院主さん、Go.Toトラベル安いで〜。今私のとこ、旅行ばっかり行ってますねん。院主さんも旅行行って来なはれ!」と、檀家さんで今日言われた。
 そういえば、旅行に行ってないなぁ〜。
 紙芝居の取材もしてないわ。
 旅行に行きたいけど、出先でコロナに罹ったら、檀家さんのお参りに迷惑かけてしまうやろなぁ〜。もし、そうなったらお葬式や法事があったら困りはるやろなぁ。・・やっぱり、旅行やめとこ。

コロナ禍の中で‥

最近、檀家さんのお家でよく聞く話。
それは、骨折の事。
「どっこも出ないので、部屋の電気が暗いのが気になって、イスを持ってきて電球を替えていたら、滑って落ちて足の骨を折ってしまいましてん。それで即入院、手術。コロナ禍で家族の見舞いもしてもらえ無いし、困りましたわ。やっとこさ、何とか退院できましたけど。」と。
 この椅子からの落下骨折騒動は、最近三件もお聞きした。
 しかも、骨折箇所は足、腕、腰と皆違う。
 コロナ禍の中、運動不足もあるので、僕も気をつけねば‥、。

紙芝居:『蓮如上人からのお手紙~伝染病について』(その5 最終回)

 そして最後に蓮如上人は次のようにおっしゃいました。
ファイル 2150-1.jpg
『このような時代じゃからこそ、御門徒の皆様には、今まで言いました事をお忘れなき様お願いいたします。
 ・・私達は皆、阿弥陀如来の救いの中にあるのじゃよ。もったいない事、もったいない事、南無阿弥陀仏。』
ファイル 2150-2.jpg
このお手紙を聞いて、御門徒達はハッとしました。
「・・蓮如様の仰るとおりじゃ。
 この病気に罹らなくても、いつかはワシらの死んでゆく身であった。
 その事を蓮如様は思い出させて下さった。
 一日一日を大切にして、頂いた命をありがたく過ごそうぞ。なっ、皆の衆!南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏・・」
「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。」 
 こうして念仏道場は、安らかで力強いお念仏の声が響き渡ったのでした。おしまい
 (終わりに)
 現在、世界中で[新型コロナウイルス]が猛威を振るい、我々は不安な日々を送っております。
 このような病や死を身近に感じる時、私達は蓮如上人からのお手紙の中で、「我々は死んでゆく身である。」と改めて学ばせていただきました。
 そして不安に思う私たちへ、「限られた命を大切にして欲しい。阿弥陀様が見守ってくださっている。」とメッセージを受け取らせていただきました。
共に悩み、共に苦しみながらも、お念仏のみ教えを聞き、共に歩んで参ろうではありませんか。合掌

紙芝居:『蓮如上人からのお手紙~伝染病について』(その4)

 蓮如上人のお手紙はつづきます。
ファイル 2149-1.jpg
『・・だがな、阿弥陀如来は常に私達を見守って下さっておられる。
 必ずお浄土へ連れて行くと誓われた仏様じゃ。
 御門徒達よ、私達が気づいていない時でも、阿弥陀如来は私達を救おうとされているのじゃ。
 この事を今一度思い出してくだされ。
ファイル 2149-2.jpg
 ・・私達の不安な気持ちは消えるものではない。
 しかし、そんな私達一人一人を必ず救うと阿弥陀如来はおっしゃってくださっておられるのじゃ。
ファイル 2149-3.jpg
 私達は「南無阿弥陀仏=[仏様ありがとうございます]」と、そんな阿弥陀如来に向かって感謝のお念仏を常に申すのじゃ。
・・皆様方の不安な気持ちはこの先もつづくじゃろうが、どうか阿弥陀仏を信じ、限られた命を大事にしてくだされ。』つづく

紙芝居:『蓮如上人からのお手紙~伝染病について』(その3)

・・御門徒の一人が、蓮如上人からのお手紙を読み始めた。(以下、私訳)
ファイル 2148-1.jpg
『御門徒の皆様へ
 この頃、悪い疫癘(伝染病)が流行り、多くの人が亡くなっておられる。
 そちらの皆様も、さぞやご心配のことじゃと思われます。
 しかし、思い出してみて下されや。
 人は生まれた時から、皆死ぬ事が決まっておろう。
 それが私達の頂いた命のことわりというものじゃ。
ファイル 2148-2.jpg
 今、多くの人達が伝染病で苦しんでおられる。
・・さぞや不安であろう。
 しかし、伝染病に罹った者は死に、罹らなかった者は死なないという事ではないのじゃ。
 私達はこの病気に罹らなかったとしても、いつかは命の終わりを迎えるのじゃ。
 助かろうとして、まじないや祈祷を行なっても、寿命を変えられる訳ではないのじゃ。』つづくじゃ

紙芝居:『蓮如上人からのお手紙~伝染病について』(その2)

ファイル 2147-1.jpg
ここある村の念仏道場も・・、
「ナマンダブー、ナマンダブー・・」
この日もたくさんの御門徒(信者)さん達が集まり、お念仏を称えておりました。
 その一人の御門徒が悩みを話し始めました。
「伝染病は怖いのぉー。この前もわしの親戚が亡くなってしもた。・・いよいよ、人ごとでなくなって来たんじゃ。」
 それを聞いて、「わしらも、罹ったら死ぬんじゃろうか?これはわしらの行いに関係があるのかのぉ〜。」
「なんや、隣りの村ではまじないや祈祷をしたけんど、効かんかったらしいぞ!?」
と伝染病について話し合っておりました。
その時、一人の御門徒が走って道場に飛び込んで来ました。
ファイル 2147-2.jpg
「おっおーい、皆の衆!今、蓮如様からお手紙が届いたぞー!」
「それは有難い!蓮如さまもきっとワシらの不安な気持ちを思いやって下さったんじゃろう!・・お前、その手紙を読んでくれ!」
「よしっ、皆、集まってくれ。・・うーん、何、なに」 つづく
つづく

ページ移動