記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

真宗興正派『西徳寺』様の盂蘭盆法要

ファイル 2005-1.jpg
観念寺のお盆参りが終われば、隣の町[富田林市]にある『西徳寺』さまの盂蘭盆法要への出講が待っていた。
ファイル 2005-2.jpg
 台風一過の暑い日であったが、たくさんのご門徒さんたちがお参りに来られていた。
 遠くの大寺院にお参りに行くのはしんどいので、とにかく歩いてお参りできるお寺に寄せて頂いたと云われる方が多かったそうだ。
ファイル 2005-3.jpg
(西徳寺さま・自撮りで)
 僕は、法要の後、紙芝居法話を一時間ほどお話させていただいた。
 暑い中、熱心に最後まで紙芝居法話を聞いて下さり、有難うございました。合掌

「絵本 石上露子(いそのかみ つゆこ)物語」が出版されます!

ファイル 2004-1.jpeg

地元 富田林が生んだ、歌人「石上露子」さんの絵本が、今月末に出版されます。
こちらも地元の作家 奥村和子さまが文を書かれ、僕が紙芝居の絵を大幅に補充して、挿絵を描きました。
正式に出版されましたら、又、このブログの書かせてもらいます。よろしくお願い致します。

今年の秘密兵器

ファイル 2003-1.jpeg

暑い暑い日が続いています。
暑さの中、今年は坊守が新兵器を見つけて来てくれました。
ひとつは、首の掛けるミニ扇風機です。
もうひとつは、首の巻くミニアイスノン。
どちらも多いに、お参り時に役立っています。
うちの007のQ(秘密兵器製造班)は、映画並みに、毎年役立っています。感謝!

今年も、寛弘寺村の墓参りの季節が来ました!

ファイル 2002-1.jpeg

今年もやって来ました、寛弘寺村の墓参りの日が!
少し前までは、縁日のように、屋台のアイスクリーム屋さんや、お面屋さんなどもお墓の前で、賑やかに開かれていたこのお墓参り。
さすがに、今年の暑さでは、アイス屋さんしか出ていませんでした。
夜明け前から始まるこの墓参り、今年は午前9時には無事に終わりました。
この山登りのような持久走墓参り、今年も足はつりかけましたし、法衣も汗でベチョベチョになりましたが、・・今年は誰も、暑さで倒れる事はなかったです。
それが何よりでした!

富田林「専念寺」様の[盂蘭盆法要]

昨日の夜は、例年の如く「専念寺」様の[盂蘭盆法要]に出講。
紙芝居法話に行って来ました。
お盆なので、演目は「お盆のはなし〜地獄の落ちたお母さん」。
ファイル 2001-1.jpg
(カップ麺を開けると、ビックリ箱のような炎が上がる地獄麺)
ファイル 2001-2.jpg
(ウランバナ(逆さ吊りの飛び出す紙芝居))
夏休みの断捨離の話を混ぜ、「愚か者のパンタカ」。
今の世相に似て来ました「観無量寿経の話〜王舎城の悲劇」の三本をお話して来ました。
全て、文章も絵も、リニューアルしたもので、皆さんも新鮮に聞いて頂けました。ありがとうございました。合掌
ファイル 2001-3.jpg
(飛び出す目連のお母さんは極楽へゆく紙芝居)

今堂地域「いきいきサロン」三世代交流会へ

隣り村の今堂(いまんどう)地域の[三世代交流会]へ、紙芝居法話を演じに行って来た。
こちらの地域の区長さんが、知り合いのお寺の総代さんで、そのご縁で頼まれたのだ。
ご年配の方たち、若い世代のご両親、そしてその子供たちの三世代が、50人程集まりました。
それで、自分さえ良ければそれで良い!というような間違った風潮を吹き飛ばす法話を頼みます!と、なんとも難しい注文をお受けして行って来たのだ。・・まぁ、なんとか終わったのでええとしよう。
それにしても、三世代への話は難しいなぁ。

夏は花火で始まる!

ファイル 1999-1.jpeg

南河内の夏は、PL教団の花火大会で始まる。
昨日も、約40分間程の大花火が、南河内の夜空に上がった。
年々、花火の本数も少なくなって来ているが、やはりこれがないと、夏が来たような気がしないから不思議だ。
さぁ、これが終われば、いよいよ、お盆参りが始まる!

紙芝居:『相撲のはじまり』(その7 最終回)

ファイル 1998-1.jpg
いよいよ、この紙芝居も最終話である。
 さて、この相撲の『始祖・神様』と呼ばれるようになった[土師(はじ)の宿禰(すくね)]は、そののち、天皇家の『葬式儀礼』を司る専門職になります。
 そしてその一族は、のち[桓武天皇]の時、新たに『菅原(すがわら)』という、苗字をもらいます。
 そう、あの有名な[学問の神様]『菅原道真(みちざね)』は、宿禰の子孫にあたるのです。
 ・・が、それは又別のお話にして、これにて『相撲のはじまり』は、おしまい。めでたし、めでたし
ファイル 1998-2.jpg
(今は駅名だけとなった『近鉄[土師の里(はじのさと)]』。・・おそらく、この周辺に[土師(=野見)]の一族は暮らしていたのだろう。]・・面白いことに?この駅の横に大きな葬儀屋さんがある。(因縁か⁈この葬儀屋さんの先祖は宿禰に関係があるのか⁈・・わからない(笑))・・僕も昔一度、こちらでお葬式を執行したことがある。)
ファイル 1998-3.jpg
(駅前にある古墳群(宿禰の一族の墓という説?もある))
ファイル 1998-4.jpg
(今も、相撲の力士たちは、宿禰の墓参りをするらしい・・。)
おしまい

紙芝居:『相撲のはじまり』(その6)

ファイル 1997-1.jpg
(野見宿禰の墓か?奈良:十二柱神社内)
ファイル 1997-2.jpg
(當麻蹴速の墓か?葛城市:相撲館けはや座前)
 ・・本筋に戻す。
 この野見の宿禰たちの『力比べ』が、宗教儀式として、宮廷行事となり、現在の[相撲]の形となっていきます。
ファイル 1997-5.jpg
 まず、『土俵』という神聖な場所を設置して、四隅に神々を祀ります。
 力士たちは、マゲを結い、マワシを絞めて、お塩と水で身を清めます。
ファイル 1997-3.jpg
 そして、足元の邪鬼を封じ込める為に、シコを踏みます。
 柏手を打ち、さらに両腕を左右に開くのは、武器を持ってない証拠をあらわす為です。
 そして、勝った力士は、勝利の感謝をあらわす為に、三つの神々(神産巣日(かみむすび)の神、高御産美日(たかみむすび)の神、天御中主(あめのみなかぬし)の神)にお礼をして、懸賞金をもらいます。
ファイル 1997-4.jpg
 こうして、相撲は日本独自のスポーツになっていきました。つづく
 

紙芝居:『相撲のはじまり』(その5)

ファイル 1996-1.jpg
・・余談になるが、昨日、実際の『大相撲』観戦に行ってきた。(もちろん、この紙芝居の参考にする為である。)
 『大相撲 羽曳野場所』という、いわゆる[地方巡業]というものである。
 猛烈に暑い体育館の中、現役の人気力士たちの取り組みを観ようとファンたちで超満員であった。
 僕は、[マス席]という四角の座席を買ったのだが、狭くて観るのがつらかった、・・おそらく皆さんももそうであったろう。でも、会場は熱烈なファンの声援と熱気で多いに盛り上がっていた。(醒めた目の僕は、相撲の魅力とはいったい何なのか⁈・・ということを考えながら、老若男女の観客たちの表情ばかり観察していた。)
ファイル 1996-3.jpg
『初切(しょっきり)』・・相撲の禁じ手をコントで面白おかしく教える見世物や、
『相撲甚句(じんく)』・・土俵上で力士が披露する余興的な歌、など、イベントならではの、対戦の間の大サービスのオンパレードで厭きさせなかったが、やはり、何時間も座ったままずっと観るのはしんどかった。
ファイル 1996-2.jpg つづく

ページ移動