住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

八尾の魅力セミナーへの出前

ファイル 2301-1.jpeg

今日は、八尾市の[アリオ八尾]という巨大ショッピングセンター内にあるイベント用舞台へ、紙芝居の出前に行って来た。
 テーマは[八尾の魅力セミナー]、つまり八尾にご縁のある偉人の紙芝居お話会である。
 演目は「中甚兵衛」、「大石順教尼」、「妙好人おしも」の三本。
 奇しくも、今日は4月21日,大石順教尼さんのご命日。
 不思議なご縁で頂いた、紙芝居会でありました。 
 八尾市観光ボランティアガイドの皆様、そしてご協力頂いたFMチャオさま、ありがとうございました。

紙芝居:『楠木正儀(まさのり)和平派ここにあり!』(その2)

ファイル 2300-1.jpg
 その楠木一家に大きな転機が訪れます。
 それは、まず父楠木正成の[湊川合戦]での戦死。
 そして月日は流れ、長男・次男の戦死する[四條畷合戦]です。
 その四條畷合戦の前、長男正行(まさつら)は、正儀に言いました。
「正儀、お前は故郷河内(かわち)に残れ。
 後の事はお前に任す。・・おそらく俺たちは父のように戦さで死ぬだろう。
 お前は知恵者だ。その冷静な頭脳で楠木一族を守ってくれ。
 頼んだそ!」
と言って戦場で次男と共に戦死しました。
 こうして正儀は、わずか20歳の若さで楠木一族の頭領となったのでした。
ファイル 2300-2.jpg
 正儀はお寺で亡き父や兄たちに呟きました。
「父上、兄上、どうしてあのような負けるとわかってる戦さで、命を落とさねばならなかったのですか?!
 無駄死にでは無いのですか⁈
 公家たちからの命令だったからですか?
 彼らはいつも命令するだけ・・。
 戦って血を流すのはいつも武士だけ。
 そしていつも万民は迷惑を被る。
 あぁ、私は命令されるだけではなく、正しく自分で考えて和平の道を選びたい。
・・しかし私は武士の頭領。命令どおりに戦い続けるしか無いのでしょうか?」と呟いたのでした。
 正儀の苦悩のはじまりでした。つづく
ファイル 2300-3.jpg
(富田林:正儀の母(久子さま)の住居跡[観音寺内])
ファイル 2300-4.jpg
(楠母神社:正儀等三人の子と母の像)

紙芝居:『楠木正儀(まさのり)和平派ここにあり!』(その1)

ファイル 2299-1.jpg
 昔々の南北朝時代のお話。
 これは[楠木正成(まさしげ)]の三男[楠木正儀(くすのきまさのり)のお話。
 この正儀(まさのり)は、長男の熱血漢[楠木正行(まさつら)]とは違って、物静かで思慮深い三男坊でした。
 だからと言って、決して彼は臆病者ではありません。
 彼はやはり父親[正成]の血を受け継いで、優しさや勇気を十二分に備えておりました。
 がしかし、その思慮深い性格が、彼を悲劇へと向わせます。
 ・・さてこのお話は、父・楠木正成の熱い血を受け継ぎながらも、平和主義ゆえに歴史に揉まれ、結果的に『裏切り者』『臆病者』と呼ばれた一人の武将の物語です。
 はじまり、はじまり~ 
ファイル 2299-2.jpg
 楠木正儀は、正成の長男や次男の兄弟とは違って、一人読書に夢中になる少年でした。
 兄たちは「おのれー朝敵め!おれがいつかやっつけてやる!」と毎日剣術に汗を流していました。
 が正儀は「私は平和というのは、チカラでねじ伏せて勝ち取るものではないと思う。お互いが話し合い、譲り合ってこそ平和は訪れるものだと思うんだ・・」と思っていました。つづく
ファイル 2299-3.jpg
(金剛山:楠木正儀の墓)

大阪市城東区:栄照寺さまの[灌仏会]の出前と取材

ファイル 2298-1.jpg
昨日は大阪市城東区の『栄照寺』さまの灌仏会法要(お釈迦様の誕生を記念する法要)にお招き頂き、紙芝居法話をさせて頂いた。
 演目はもちろん紙芝居『お釈迦様物語』。
 そして今、世界情勢が不安であるため『三尺三寸の箸』、『共命鳥』の紙芝居も披露して、世界平和についても少しお話させて頂いた。
ファイル 2298-2.jpg
 そして、今日は月刊誌『地域寺院』という(お寺専門の)雑誌の取材もあって、午前中は観念寺で、午後からは[栄照寺]様での取材と忙しい一日であった。
 榮照寺の皆さま、又地域寺院のジャーナリスト北村敏泰さま、フォトグラファーの成田舞さま、大変お世話になり有難うございました。
 夏頃に発刊予定との『地域寺院』と『中外日報』、楽しみにしています。よろしくお願い致します。合掌

堺市:極楽寺様の永代経法要への出前

昨日は堺市極楽寺さまへの17回目の紙芝居法話の出講だった。
 今、檀家さんが一番気に留めておられる事は、ロシアの武力侵攻との事。
 この戦いは我々に無関係ではないのだ。
 法話はタイムリーで生き物でなければいけないと僕は常に思う。
 そこで紙芝居は、与謝野晶子さんを演じて、皆で「君死にたまうことなかれ」の詩をご一緒に読んだ。
 地元堺市での法要でもあり、皆さん大きな声で読んでくださった。

春の紙芝居出前イベントとセミナー

春の紙芝居出前イベントとセミナーのご紹介をします。

 4月21日(木)18時30分より[八尾の魅力セミナー]
 会場:アリオ八尾光町スクエア/アリオ八尾一階 
 受講料:無料 先着30名
 テーマ:中甚兵衛と八尾にゆかりの人々が紙芝居でよみがえる
 主催:八尾市観光ボランティアガイドの会・共催:FM八尾
 電話:072-934-2081 
ファイル 2296-1.jpg
 4月29日(金)14時より
 会場:国指定重要文化財[旧杉山家住宅](富田林市富田林町14-31)
 入館料:大人400円子供200円 20名
 テーマ:土間でおはなし・住職さんの紙芝居~富田林の縁のある人物について大人も子供も紙芝居で楽しく学ぼう
 管理運営:富田林市寺内町4施設 指定管理者(株)アスウェル
 電話:0721-23-6117
ファイル 2296-2.jpg

お墓参り写真展

ファイル 2295-1.jpeg

今年で11回目となる全国公募『お墓参り写真展』。
 お寺の檀家の石屋さんが、石屋産業青年会で立ち上げたプロジェクト、今年もやるらしい。
「院主さん、今年もポスターが出来たのでお寺で貼ったください!」と元気よく頼まれた。
「コロナ禍なので効果薄いと思うで〜」と言いながら、頑張っている青年店主に応援のつもりで、今年も院内に貼らせていただきます。

びじゅチューンEXPO!リターンズ展に行ってきました

ファイル 2294-1.jpeg
世界情勢が不安定な時ではありますが、前売り券を買っていたので、梅田へ『びじゅチューンEXPO!リターンズ』展へ行ってきました。
 知る人ぞ知る、NHK教育テレビの人気美術?番組のマニアック展です。
 僕も紙芝居を描くので、このミニ番組が好きなのです。録画して見ています。
 案外、展覧会は空いてました。
ファイル 2294-2.jpeg
 余談ですが、昔、僕の中学校に、そろばんで絵を描く有名な美術の先生がいました。僕は尊敬していました。が、教育者では無かった。・・それはこんな事があったからです。
誰が見てもヘタな絵というか?上手くない絵を描く友人がいました。
彼はその先生に、自分の絵を「先生、僕の絵うまいでしょう!通知表で4を(5が最高)付けてください!お願いします!」と誰が見ても才能が無いような絵に高得点を願い(相手がしつこいから、それに負けて)先生は付けてました。その事を実際、先生から「あいつはしつこいから面倒やねん」と聞いてしまったのです。絵に点数を付けるという方針もおかしいですが、僕はがっかりしました。
 先生はアーティストであるが、教育者では無かった。
 さて、僕も「お前は紙芝居ばかり描いていて、本当に宗教者なのか?」と聞かれたら自信はありませんが、「坊主が宗教的境地を少しでも絵でお話しで表したい為に紙芝居を描いている変な宗教者なのです」と答えたい。
 決して力(権力、圧力)に妥協したくない。そんな事をいつも思っているのです。

楠木正儀(まさのり)の故郷を訪ねて~金剛山と正儀公の墓

ファイル 2293-1.jpg
(千早赤阪村:千早城跡)
 紙芝居『楠木正儀、和平派ここにあり!』を作るに当たって、雪の中、千早赤阪村:金剛山途中にある『正儀の墓』に行って来た。
 目的地は、千早城と正儀公のお墓だ。
ファイル 2293-2.jpg
(金剛山登山の途中の千早城跡地図)
 (下界は雪は無いのだが金剛山は雪でした)その雪を登山靴で踏みしめてストックを持ち(山から滑り落ちないように)行って来ました。
ファイル 2293-3.jpg
(楠木正儀公の墓といわれている場所)
 この登山の途中にあるお墓が『正儀公の墓』といわれているが、父の『正成公の首塚』という説もある。
 ともかく、「一生懸命、正儀さんの紙芝居を描かせていただきます!」とお参りをして来た。
 完成まで後、もう少しだ。

紙芝居:『楠木正行もここにあり!』(その7 最終回)

ファイル 2292-1.jpg
 楠木正行(まさつら)亡くなれど・・、
 こののち四十数年も、楠木党の血脈続き、帝(みかど)の為に奮います。
 やがて朝廷一つになるが、正成親子の名は続き、大楠公(だいなんこう)の正成公。小楠公(しょうなんこう)の正行公と、忠臣この世に名を遺す。
 勇気、仁徳、思いやり・・、人の鏡と我々に、大事な教えを残しゆく。 おしまい 
ファイル 2292-2.jpg
(千早赤坂村[千早城]跡)
ファイル 2292-3.jpg
(この男を忘れちゃいけません!・・第三の男・楠木正儀(まさのり)、楠木正成の三男です。楠木シリーズの完結編、『楠木正儀(まさのり)和平派ここにあり!』、もうすぐ紙芝居で登場!・・つづく)

上に戻る