記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「ただ、ただ人の為に・・、行基さま」(その1)

ファイル 1628-1.jpg
 ある時は、荒れ狂う川に橋を架け・・、
 又ある時は、水に困る人あらば、池を作り、
 悩める人には、寄り添って仏法を説き、
 そして、最後には奈良の[大仏]を作った僧侶。
 彼の名を[行基(ぎょうき)]と言いました。
 これは、ただただ、人の幸せの為に生きた男の物語です。
ファイル 1628-2.jpg
 なぜ、行基さまは、そのようなボランティアスピリットを持っていたのでしょうか?
 それは、彼の生まれにあるかもしれません。
 西暦668年(飛鳥時代)、行基さまは、河内の国(今の大阪府堺市)の貧しい村に産まれました。・・当時、裕福なのは一部の豪族だけだったのです。
 行基さまの両親は、貧しい百済系の渡来人でした。
 そして、彼は苦しい環境で懸命に働く、多くの人々を見て育ちました。
 『いつの日か、貧しい人々を僕の手で救いたい!』と、少年[行基]は心に誓いました。
 そして、15歳で『お釈迦様のように、苦しむ人々を救いたい』と思い、出家したのでした。
ファイル 1628-3.jpg
 行基さまの師匠は、『道昭(どうしょう)』と言う名の、超エライお坊さんでした。
 道昭さまは若き日、遣唐船で中国(唐)に渡り、あの(西遊記の)三蔵法師(玄奘)の直弟子となり、新しい知識を多く学んで帰国した僧でした。
 行基さまは、その弟子になったのですから、彼もラッキーでした。
 行基さまは、道昭さまについて、『仏法』の他に、『貯水池や橋づくりの技術』なども学びました。
ファイル 1628-4.jpg
 そして道昭さまが亡くなったのち、行基さまは一度、山に籠って修行を積まれます。
 それから「お師匠さまの後を継ぐぞ!」と、優れた知識と技術、そして仏の心を持って、各地を巡る旅に出たのでした。つづく
ファイル 1628-5.jpg
(行基さま誕生の地、堺市[家原寺])

愛犬ポッキーの夢

 昨日、愛犬だったポッキーの夢を見た。
 もう、ポッキーが亡くなって、何年経つのだろうか?
 毛は黒色。それに白の「わらわは麻呂でおじゃる」のような眉毛の入ったメスの中型柴犬だった。チョコレートのポッキーみたいなので、息子がそう名付けた。
 最後は、肝臓がんで推定14歳(捨て犬だったのだ)で亡くなった。
 夢の中で、・・ポッキーが雨に打たれ、庭でじゃれている。
 僕は「ポッキー、風邪ひくぞ!こっちへ来い。」と言うと、右後ろ脚を引きずって、ポッキーがこっちにやって来る。
 「足、どうしたんや?」と言って、顔を両手で挟んでこすってやると、ポッキーはつぶらな瞳で嬉しそうにハァハァと舌を出して喜んだ。
 家内が「病院につれて行かなあかんなぁ・・。」と言うと、ここで目が覚めた。
 あぁ、ポッキー・・。極楽浄土で又会えるのやろか?
 やっぱり、次の犬はまだ飼えない。
 

今月の『寺カフェ』

ファイル 1626-1.jpg
 今月の寺カフェは、満員御礼!盛況だった。
 心配していた『男組』もたくさん来て下さった。
 初めての御方も多かったなぁ。
 ・・今回は、童話『ないた赤おに』の真似をして、宣伝文句の看板を書いた。(いっぺん、やりたかったのです!)
 こういう看板文字でした。
『心安らぐお寺のカフェです。
 どなたでもお出で下さい。
 おいしいコーヒーございます。
 お菓子もおまけについてます。住職』と。

 ちなみに童話は・・、
『心の優しい鬼のうちです。
 どなたでもお出で下さい。
 おいしいお菓子がございます。
 お茶もわかしてございます。』(原文は、カナ文字)
 ・・まぁ、ぱくりです。

ファイル 1626-2.jpg
 ひきたてのコーヒー豆が足らなくなるのでは心配もしました。
ファイル 1626-3.jpg
 いつにも増して、賑やかな寺カフェでした。
 又、よろしくお願いします!ごひいきに。

観念寺フラワーアレンジメント(生け花)教室

ファイル 1625-1.jpg
(先生のお手本)
 おととい、お寺で『フラワーアレンジメント(生け花)教室』を開きました。
 17名のご参加でした。
ファイル 1625-2.jpg
 みなさん、個性豊かに、コーヒーカップに生け花を生けられました。
 みんな、それぞれに花の表情が違うんやなぁ。・・面白い。
ファイル 1625-4.jpg
 「住職さんも、一緒に[生け花]したらええのに・・、最近、おかまチックになってきたで~、と言いふらしてあげるから!」と(見学している僕に)ご門徒さんが言われました。
 すかさず僕も「じゃあ、その時は[おねぇ住職]と呼んでね」と返しておきました。
ファイル 1625-3.jpg
 最後は、先生の手直しと鑑賞会をして、おやつと食べて終了しました。

紙芝居:「修験者 役の小角(おづぬ)」(その6:最終回)

ファイル 1624-1.jpg
 捕らわれた母親を救う為に、自ら姿を現して、捕まってしまった小角・・。
「お母さん、大丈夫ですよ。必ず、私は帰って来ます!」と言って、小角は去りました。
 そしてそのまま、伊豆大島に島流しになってしまいました。
 ・・それから、二年が経ちました。
ファイル 1624-2.jpg
 やがて、小角の無実が判明し、無事、大和の国に帰って来ることが出来ました。
 が、その年(大宝元年[701])、小角は亡くなりました。(ここから僕の想像ですが、すでに小角は伊豆大島で、無理がたたり身体が衰弱していたのか?・・あるいは遺体になって帰って来たのではなかろうか?・・と思ってしまった[涙])
 その死についても諸説様々で、小角は大阪の[箕面]の山から、天高く雲に乗って飛び立ったとか・・。
 あるいは、母を小っちゃくして鉢の中に入れ、中国大陸まで飛んで行ったとか・・。いろいろな伝説があります。
(まぁ、多くの人から、小角は好かれていたんやろなぁ。だから、そのまま死なせたくなかったんやろなぁ。)
ファイル 1624-3.jpg
 役の小角が亡くなって、1300年。
 小角が開いた、[修験道]という日本古来の信仰は、今も『奈良県:吉野』の[金峯山寺(きんぷせんじ)]を総本山にして伝わっています。
 そして、小角の目の前に現わされたという《金剛蔵王権現(こんごうざおうごんげん)》様は、今も本堂から我々を見守って下さっているのです。

 ・・えっ?なぜ、三体も金剛蔵王権現さまが居るのかって?
 それは、過去の過ちを赦す《お釈迦》様、現在を護る《千手観音》様、未来を輝かせる《弥勒菩薩》様が、それぞれ、金剛蔵王権現さまに変身して、我々を守って下さっているからなんですって。
ファイル 1624-4.jpg
(吉野:金峯山寺)
 おしまい

紙芝居:「修験者 役の小角(おづぬ)」(その5)

ファイル 1623-1.jpg
 余談ながら、小角の一番弟子になった[前鬼]・[後鬼(ごき)]という二匹の鬼には、ちゃんと出身地があります。
 前鬼は、奈良県吉野郡下北山村出身で、夫。
 後鬼は、奈良県吉野郡天川村出身で、妻。
 二人はいや、二匹は[鬼夫婦]なのだそうです。
 記念に買った[携帯ストラップ]の裏に書いてありました。・・面白いですよね。
 又、今でも小角の[金峯山寺]では、『節分』の時、「福は内、鬼も内!」と言って、豆を巻くそうです。・・鬼も一家なのですね。
ファイル 1623-2.jpg
 面白いといえば、初めにも述べましたが、小角は『薬』という物を発明した日本で最初の御方。
 その代表が胃腸薬『陀羅尼助』。
 今、その陀羅尼助の[のど飴]が売ってましたので、これも買いました。味はやはり、陀羅尼助丸の味がしました。・・おもしろっ!
 さぁ、紙芝居に戻りましょう。
ファイル 1623-3.jpg
 たくさんの弟子が増えた小角でしたが、その中に一人、不心得な弟子が居りました。
 彼は師匠の小角を妬み、時の天皇に讒言しました。
「・・小角は人々を惑わす魔法使いのような男でっせ。・・まさに『ハリー・オッヅー』でおま。ほっといたら、危ない男でっせー!」と。
 天皇は直ちに役人を派遣して、小角を捕らえようとしました。
 しかし、不思議な力を持つ小角は、いっこうに捕まりません。
ファイル 1623-4.jpg
 そこで、役人は小角の母親を捕まえて、小角を誘き寄せる作戦に出ました。 
 そして、小角は母を救う為姿を現し、捕まってしまったのです。
 つづく 次回、最終回

紙芝居:「修験者 役の小角(おづぬ)」(その4)

ファイル 1622-1.jpg
 金剛蔵王権現をご本尊として迎え、修行によって不思議な力を身に付けた小角は、皆から『役の行者』と呼ばれるようになりました。
 そんなある日、生駒山で村人たちをいじめる鬼のうわさを聞きました。
 もちろん、小角は黙ってはいません。
「村人をいじめるとは許せん!」と、生駒山に登り、たちまち鬼をやっつけ、改心させました。
「行者様、許してくだされ。私たち鬼は、あなた様の弟子になって、これからついて参りますんで・・。」と、
[前鬼]・[後鬼(ごき)]という鬼は、こうして、役の行者の一番弟子となりました。
ファイル 1622-2.jpg
 さらに小角は、修験の道を整えながら、日本国中を巡りました。
 北は東北から、山陰・山陽地方、四国、九州まで、修験道場を開いていったのです。
 そして、やがてたくさんの弟子ができました。
ファイル 1622-3.jpg
(小角が開いた代表的な修業地:大峰山への入り口)
ファイル 1622-4.jpg
(修行の山:ここは今でも、女人禁制である)
ファイル 1622-5.jpg
(山上ヶ岳の山頂に建つ、大峰山寺)
つづく

奈良県吉野へのバス研修旅行(後編)

ファイル 1621-1.jpg
ファイル 1621-2.jpg
 吉野へのバス旅行、後編。
 お昼は、奥吉野『ホテル杉の湯』様でご馳走を頂く。
 ご挨拶&乾杯は、総代様のお仕事です。
ファイル 1621-3.jpg
 昼食が終わったころ、バス添乗員さん&ホテルの仲居さん&婦人会のご協力を得て、この日の為に作った紙芝居『修験者 役小角』を初披露!(その場での関係者の皆様のご協力、有難うございました。・・ホテルの仲居さんも『役行者と鬼の関係が初めて解ったわ』と喜んでくださいました。)
ファイル 1621-4.jpg
 その後、金剛蔵王権現さまの特別拝観に[金峯山寺]へ。
 結構、歩いたけど、お腹もこねました。
 寒くなく、お天気やったのも良かったです。
ファイル 1621-5.jpg
 最後は、吉野:金峯山寺で記念撮影。
 最高の紅葉見物日和でもありました。
 皆様、お疲れ様でした。合掌

奈良県吉野へのバス研修旅行(前編)

ファイル 1620-1.jpg
(浄土真宗本願寺派[立興寺(りゅうこうじ)]様)
 紙芝居『役小角』の途中だが、二回に渡って、昨日行って来た『観念寺バス研修旅行』の事を書く。
 今年のバス旅行は、奈良県『吉野』。役小角のゆかりの地でもある。
 まずは、下市(しもいち)の[立興寺]さまへ。
ファイル 1620-2.jpg
 こちらは、親鸞聖人の直弟子『唯円(ゆいえん)房』ゆかりのお寺。
 「おそらく、ここで有名な『歎異抄』を、唯円さまがお書きになられたのでは?・・と私は思っています。」とご住職がお話して下さった。
ファイル 1620-3.jpg
(唯円房の墓)
 歎異抄ファンの私としては、感動しっぱなしだった。(ちなみに僕の紙芝居で『唯円房の嘆き・歎異抄かく語りき』(メニュー90)という作品があります)
 そして、本堂裏にある『唯円』様のお墓を皆でおまいりした。
ファイル 1620-4.jpg
(浄土真宗本願寺派[願行寺]様〕
 その後、『立興寺』さまから五分ほど歩くと、今度は浄土真宗本願寺派三代目[覚如]聖人の長男、[存覚(ぞんかく)]上人ゆかりお寺『願行寺』様へ。
 ちなみに『存覚ファン』の僕としては、お上人御影を拝見してたいへん興奮しました。(実は、次回の紙芝居作品は『覚如上人と存覚上人、父と子の葛藤!』という作品を作ろうと思っていたから、上人のお顔が拝見できて本当にうれしかった。)
ファイル 1620-5.jpg
(中央、坊守様)
 広い境内の『願行寺』さまでは、優しい坊守さまが、丁寧にご案内して下さいました。ありがとうございました。合掌 後編へつづく

紙芝居:「修験者 役の小角(おづぬ)」(その3)

ファイル 1619-1.jpg
青年になった小角は、仏教に興味を持ち、ひとり山にこもって修行を始めました。 
 それは、仏様の力を身に付け、苦しんだり悩んだりしている人たちを『助けたい!』と思ったからでした。
 そう、小角は正義感が強く、そして優しい青年なのでした。
・・・やがて、小角は奈良の[金峯山(きんぷせん)]連峰(現在の吉野山~山上ヶ岳)にたどり着きました。
ファイル 1619-2.jpg
 小角は、そのお山で一心に祈りました。
「私は苦しんでいる人を助けたい。・・どうか仏様!お姿を現され、私の守護仏(ご本尊)になって下さい!」と。
 すると、[お釈迦様]が優しいお顔で現れました。
 そしてお釈迦様は「私は《過去》の過ちを赦す力を持つ[釈迦]じゃ。お前のご本尊になってやろう!」と言われました。
 すると小角は、ゆっくりと首を振り言いました。
「もったいのうございます。・・が、お釈迦様、この乱れた世を正す為、もっと違ったお姿で、守っては頂けないでしょうか?」と言いました。
 すると、お釈迦様は消えて、
ファイル 1619-3.jpg
 [千手観音菩薩]が、現われました。
「私は、《現在》の世を守る千手観音。この姿でお前の守護仏になってやろう。」と言われました。
 が、(わがままな(笑))小角は又、首をゆっくり振り言いました。
「もったいのうございます。・・が、もっとお強いお姿で護っては下さいませんでしょうか?」と。
 すると、千手観音は消えました。そして、
ファイル 1619-4.jpg
 「私は[弥勒(みろく)菩薩]。《未来》を輝かせる仏じゃ!これでどうじゃ。この姿でお前の守護仏になってやろう。」と、弥勒菩薩が現われ、言われました。
 が、(ぜいたくな(笑い))小角は、又、首を振り言いました。
 「もっと、もっと、厳しいお姿で私を護って下さい!お願い致します!」と(妥協せぬ)小角は言いました。
 「こいつ、しゃあない奴っちゃなあ!」と顔をされたかどうか解りませんが、弥勒菩薩は消えたと思うと・・。
ファイル 1619-5.jpg
 ドーンッと、その時大きな雷が落ち、そこに青い肌、逆立つ髪の険しいお顔の[金剛蔵王権現(こんごうざおう・ごんげん)]様が現われたのでした。
 「小角!、お前が求めていたのは、この姿か!このカ強い私を本尊にして、乱れた国と人の心を救うのじゃ!」と、この仏様は言われました。
 「はっはーあ!」と(チオビタドリンクのCМのように)小角は、ひれ伏してこの仏さまを拝みました。
 そして小角は、こののち、桜の木でこの仏様を刻み上げ、お寺を作りおまつりしました。
 そして、今も奈良の吉野の『金峯山寺』内にて、ご本尊として祀られているのです。 つづく