記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「妙好人 赤尾の道宗」(その5)

ファイル 1740-1.jpg
本当に道宗は、熱心な念仏信者で、蓮如上人の大ファンでした。
 蓮如さまが、ある年の年末、越中の瑞泉寺に来られていた時のことです。
 道宗は、元日のお勤めに是非お参りさせて頂こうと、12月31日の夜中に自宅を出て出発したのですが・・、大雪の為に中々進むことができなかったのです。
 それでも少しづつ、少しづつ前進しておりました。
・・一方、お寺で待つ蓮如さまは、「まだ、道宗は来ないのか⁉・・いや、道宗はきっと来る!絶対来る!・・皆の者、道宗が来るまでお勤めは待つように!」と言って、じりじりしておられました。
・・やがて、吹雪の中、道宗の姿がちらっと見えました。 
ファイル 1740-2.jpg
「おおっ、来た!メロスが来たぞ。いや違う、道宗が来たぞ!・・それっ、道宗に聞こえるように、鐘と太鼓をもう一度、どんどん打つんじゃ!」
 ドドンッドドンッ、ゴーンゴーン、ドドンッドドンッ、ゴーンゴーンッ・・。
 こうして、汗だくになった道宗が無事に山門に入り、お勤めに間に合ったということです。
 この時から、瑞泉寺では、元日のお勤めには、[道宗打ち]といって、鐘と太鼓を同時に鳴らすようになったそうです。
つづく
 

軽費老人ホーム河南荘の[地蔵盆]

ファイル 1739-1.jpg
(軽費老人ホーム河南荘)
 今年も[地蔵盆]の季節が来ました。
 ギラギラと太陽輝く中、今年も軽費老人ホーム[河南荘]からお招き頂き(今年で20年目か?)、地蔵盆法要に行って参りました。
ファイル 1739-2.jpg
 すでに、会場は一杯。
 僕の読経の中、皆さん、思い思いにお地蔵さまに手を合わせておられます。
ファイル 1739-3.jpg
 そして読経が済めば、恒例の[紙芝居法話]。
ファイル 1739-4.jpg
 今年は、新作『日本のヘレンケラー・大石順教尼ものがたり』を演じました。
 題材の一つとなった『堀江六人斬り事件』を知っておられる方も多く、皆さん真剣に観てくださいました。

紙芝居:「妙好人 赤尾の道宗」(その4)

ファイル 1738-1.jpg
こうして弥七、いや、道宗は熱心な念仏信者になりました。
 やがて幾年月か経ち、故郷の越中・赤尾村に帰った道宗は、自分の家を[念仏道場]に改築して、村人たちに、お念仏の教えを布教し始めました。
 質問されて、解らないことがあれば、すぐ京都に旅立ち、蓮如さまにその疑問を、尋ねられたという事です。
ファイル 1738-2.jpg
(道宗の生誕地にある行徳寺さま)
ファイル 1738-3.jpg
(道宗道:この道を通い、道宗は蓮如さまに会いに行かれたという)
ファイル 1738-4.jpg
(籠の渡し:道宗はこの籠に乗り川を越え、何度も京へ行かれたという。一度でも危険な命がけの籠渡しだ)
つづく

紙芝居:「妙好人 赤尾の道宗」(その3)

ファイル 1737-1.jpg
 蓮如さまはおっしゃいました。
「・・皆さん、安心してください。阿弥陀如来さまは、いつでもどこでも、私たちを守ってくださっています。南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。」と。
 このお話を聞いて、弥七は目の前が開けたような気がしました。
「なっなんと、阿弥陀様っちゅう仏様は、おっ父やおっ母のように、常にオラに寄り添い守って下さっているのか!」と。
 弥七は、その日から三日間、本願寺の縁の下で寝泊まりして、蓮如さまのお話を熱心に聴聞しました。
ファイル 1737-2.jpg
 「誰かっ、あの三日間、熱心に聴聞している童を、ここに呼んでまいれ!」と、蓮如さまは真剣な表情の弥七が気に成り、お会いになりたいと思われました。
 そして、弥七は蓮如さまの庫裡(くり)に呼ばれました。
 「そなたの名は何という?」と、優しく蓮如さまは尋ねられました。
 「はい、弥七と申します。越中より参りました。」
「ほおっ、そんな遠くから参ったか!・・で、なぜじゃ⁉」
 弥七は、父母に死に別れて寂しかったこと、家出をして筑紫の国に旅立ったこと、途中不思議なお坊さんに出合ったことなど、夢中で話しました。
 それを聞いて蓮如さまは、弥七の手を握り、
「そうか、そうか、それは辛かったのぉ。寂しかったのぉ。これからは、阿弥陀様という仏様が、お前の父母じゃぞ。・・のぉ、弥七、お前はこれから仏様の弟子[道宗(どうしゅう)]と名のれ。・・これから、一緒にお念仏のお救いを学ばせて頂こうのぉ。道宗!」と言われました。
 「はいっ」と、弥七はあまりの嬉しさに、目からぽろぽろ涙を流して感動したのでした。 つづく

紙芝居:「妙好人 赤尾の道宗」(その2)

ファイル 1736-1.jpg
おじさんは弥七に言いました。
「弥七や。ここからなぁ、ずっと西に行くとな、九州の筑紫という所に出る。そこにな、羅漢(らかん)寺というお寺があって、石で作った五百羅漢(ごひゃくらかん)と言う石仏が祀られているんじゃ。その五百の仏さまのお顔を見ていくと、自分の親にそっくりな仏様がきっと見つかるという事なのじゃよ。」と。
 弥七は「おじさん、それ本当っ!オラ、今から筑紫に行って、おっ父とおっ母の仏様に会ってくる!」と言いました。
 「それは無理じゃ、弥七。もっと大人になってからにせぇ。」と、おじさんは言いましたが、弥七は、その夜こっそり家出して、筑紫に向ったのでした。
ファイル 1736-2.jpg
「あぁっ後、どれぐらい、筑紫まで掛かるのだろうか?こっそり作って来た、おにぎりも無くなってしもうたし。・・心細いなぁ。」と、弥七は山道でついウトウトと眠ってしまいました。
 その時です。
「お前はそこで何をしている⁉」と、声がしました。
 弥七はびっくりした顔を上げると、一人のお坊さんが立っていました。
 「はい、オラ、筑紫の国へ行って、父母そっくりの石仏さまに会いに行くのです。」と弥七が言うと、そのお坊様が、
「小僧。両親そっくりの石仏に出合うより、生きた仏さまに出合った方がよかろう!その仏様の方が、ずっとお前に寄り添いつつんでくださるぞ。・・それは、京の都の[本願寺]に居られる[蓮如さま]というお坊様が教えてくださるぞ。」と言われました。
 そう言うと、そのお坊さんは不思議なことに消えてしまいました。
 『蓮如さま・・か。』と弥七はつぶやき、筑紫の国に行くのを止めて、京の本願寺に向かうことにしたのでした。
ファイル 1736-3.jpg
 本願寺に着いた弥七は、本堂の中に入って、蓮如さまのご法話を熱心に聴聞し始めたのでした。 つづく
 

紙芝居:「妙好人 赤尾の道宗」(その1)

ファイル 1735-1.jpg
 純粋な信仰心においては、飛びぬけた境地にある人。
・・それを『妙好人(みょうこうにん)』といいます。
 今からお話する[越中赤尾(=今の富山県南砺市)]の『道宗(どうしゅう)』という念仏者もその一人です。
 道宗さんは、妙好人の元祖ともいわれ、蓮如上人(=浄土真宗中興の祖)に帰依した伝説的な人物です。
 たとえば、道宗さんは『蓮如上人のおっしゃることを不可能と思ってはダメ。・・琵琶湖を一人で埋めよとおっしゃれば、「はい、わかりました」と言って引き受けよう』と言われた方です。(蓮如さま命っ!やったんやな~)
 又、眠る時、阿弥陀様の48誓願を、常に忘れぬように、いつも48本の割り木を敷き詰め、その上で休んだとも云われています。(ここまでくると、ついて行けない!いやっ、僕はついて行きます・・紙芝居を描く為に、惚れこまなっ!)
 一途な一途なまじめな信仰者、越中赤尾村の道宗っ!それでは、紙芝居のはじまり、はじまりー。
ファイル 1735-2.jpg
 道宗さんは、幼い頃、弥七(やしち)と呼ばれていました。
 弥七の父[先祖]は、平家の落ち武者でした。
 源氏との戦に敗れた為に、この山里に隠れ住んだのです。
 弥七の一途な性格は、この武士の血から来ているのかもしれません。
 が、弥七が小さい時、母が死に、父も病気で亡くなってしまいました。
 そして、一人ぼっちになった弥七は、同じ村に住むおじさんの家に引き取られたのでした。
ファイル 1735-3.jpg
 「おじさん、どうしてオラのおっ父とおっ母は早く死んじゃったの?・・オラ寂しいよぉ。・・もう一度会いたいよぉ。」と弥七はおじさんにいいました。
 それを聞いて、おじさんは慰めようと話し始めました。
 つづく
ファイル 1735-4.jpg
(道宗生誕地:富山県五箇山[ごかやま])
ファイル 1735-5.jpg
(道宗誕生地に建つ南砺市[行徳寺]様)

「パパっ、パパっ・・」

 毎月通う、[病院]でのはなし。
 その日も、満員の待合室で、僕は[診察]を座って待っていた。
 その時、どこかの(会ったこともない)おチビちゃん姉弟(推定二・三歳未満)が、僕の前にやって来て、僕のちょっと出たお腹を突然さすり、「パパっ、パパっ」と言い寄って来た。
 爺ちゃん婆ちゃんギャラリーは、一斉に僕の方を見た。・・視線を感じた。・・檀家さんも居た。
 その子らのパパと、僕が似ていたのかもしれん。
 僕は子供が嫌いでは無いが、おかしな噂が立ってはいけないので「おっちゃんはパパと違うでぇ。お腹は似てるかもしれんけど。早よ、ママのところへお帰り」と言えども、悪じゃり達は無視して、僕の膝に「パパっ」と言って乗って来る。右ひざに姉、左ひざに弟と・・。
 周りの視線が気になる僕はスマホを出して、ちょっと無視しながら、膝を伸ばして「滑り台ー。」と膝から追い払った。
 が、子供たちは調子に乗って、今度は待合室に置いてある人形のおもちゃを持って来て、僕のお腹で「ぼよーんぼよーん」と遊び始めた。
 さすがに、ママがやって来て「すみません」と言いながら、弟だけを退避させる。(姉の方がたいへんなんやで!)
 そして、周りに聞こえるような小さいような声で「パパは家でお昼寝中やねー。」と言った。(自分を守ってどうすんねん。)
 その内、姉はイスを僕の前にズズーと持って来て「はい、お腹をだしてくださいね」と、診察ごっこが始まろうとしたその時、「宮本さん、早く血圧を測ってくださいねー」と看護師さんが助け舟にならんような業務用トークをしてきた。(それより、子供にかまったれやぁ![笑])
 が、「はーい」と血圧計の所に僕は避難するが、血圧はいつもより高くなってしまった。
 そして、診察の先生が『宮本さん、いつもより血圧高いですねー、どうされましたか?』と一言。
 僕は笑うしか、答えられなかった。
『パパっ、お疲れでしょうけど、昼寝せんと、子供にかまって遊んであげまちょうね!』
 
 

お盆が終わりました・・

 おそらく一年で一番忙しい期間、お盆ウィークが終わりました。
 早朝のお墓参りから始まって、全檀家さん宅参りに終わる恒例の行事、お盆参り。
 今年も暑かった。・・年々、体力の低下が身に沁みます。
 が、今年は、娘夫婦が手伝ってくれたので、すんごく助かりました。
 よっしゃあ、これで今年も、無事に乗り切ったぞ!
 紙芝居描こ。

紙芝居:「常識」(その4:最終回)

ファイル 1732-1.jpg
 血の痕を追っていくと、大きな洞窟がありました。
 その前で、大きなタヌキの化け物が、矢を受けて死んでおりました。
ファイル 1732-2.jpg
 大変まじめで、修行熱心な和尚さんは、化け物に簡単に騙されてしまいました。
 ・・がしかし、『常識』を身に付けていた学問の無い猟師は、決して騙されませんでした。
 
 『常識』とは、普通の一般の人が、普通に持っている知識や思慮分別のことです。
 常識を持った猟師が、一途な修行僧の命を救った、(ある意味)皮肉なお話でした。 おしまい

紙芝居:「常識」(その3)

ファイル 1731-1.jpg
猟師の放った矢は、仏様の胸に命中しました。
 その時です。
 バリバリバリバリッと、地が裂けたような音がして、一瞬にして、仏も霧も消えて無くなりました。
 「なっなっ、何ということをしてくれたんじゃ!この罰当たりな奴め!」と、和尚さんはカンカンです。
ファイル 1731-2.jpg
 すると猟師は、「まあ、落ち着いてください。あれはおそらく仏様ではありませんよ。」と答えました。
 和尚さんは「なぜじゃ⁉」と問うと、
 猟師は「常識で考えてみてください。
 和尚様は毎日、厳しい修行をされている。
・・それで、仏様がお姿を現されるのは解ります。
がしかし、お経もまだ読めない小僧さんや、信心も超薄いこの私までもが、なぜ、クッキリハッキリ仏様が見えるのでしょうか⁉
・・あれは間違いなく魔物です。臭いで解りました。
 きっと、機会があれば、和尚さん達を食い殺そうと、そのチャンスをうかがっていたんですよ。」と言いました。
ファイル 1731-3.jpg
 そして、次の日、弓矢を放った所をよく調べてみると、点々と、獣の血の跡がついていました。
 そして、その後を追っていくと・・、 つづく