記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

寒い日が続きますと・・。

 寒い日が続きますと、お葬式も続くことが多いのです。
 先週は、三日連続で(三つの)お葬式がありました。
 お葬式は、一日だけでは終わりません。
 お通夜があって、次の日、告別式がある。大抵二日間は忙しいのです。
 先週は、その連続が続いて、今誰のお葬式をしているのか、混乱するときがありました。
 なんとか、無事終えましたが、この仕事はまった無しです。
 お葬式を終えて、ホッとする一時を大事にしないと、緊張の連続で自分の生活リズムが乱れて、体調を崩してしまします。
 体調を考えながらも、仕事をきっちりしないと・・。お葬式はその家族にとって、一回きりの儀式ですので、失敗しないように、ゆったりとかまえて、沈着冷静に対処して行わねば・・。
 こっちが慌てては、みんながパニックになるので。
 ゆったりと、落ち着いて、・・自分に言い聞かせながら。
 こういう仕事なのです。・・僕の仕事は。
 

大阪教区スカウト指導者主催『報恩の集い』へ紙芝居法話

ファイル 1657-1.jpg

 先日、大阪の[北御堂]に、少年・少女たちの本派スカウト団の『報恩の集い』へ、紙芝居法話に行って来た。
 約150名のスカウト団の子供たちに、紙芝居を通して、思いやり、友情、そして信仰の大切をお話させて頂いたつもりだ。
 子供たちの真剣な顔、つぶらな瞳から、こちらも、教えられるものがたくさんあった・・そんな、集いであった。合掌

紙芝居:「楠木正成ここにあり!」(その7:最終回)

ファイル 1656-1.jpg
 決戦は、兵庫の湊川(みなとがわ)という所で始まりました。
 ・・が、正成の予想通り、五百人の[楠木軍]に対して、十数万人の[足利軍]。
 海・陸からの大軍団には、とうてい勝てません。
 あっという間に、正成軍は総崩れ。
 最後の頑張りこそしましたが、足利軍に追い詰められ、弟の[楠木正季(まさすえ)]と共に、一軒の民家に逃げ込みました。
(正成)「弟よ。わしらは精一杯やった。・・が、もはや、これまでや。いさぎよく、自刃しょう。・・又、あの世で会おな・・。」
(正季)「はい、兄上。」
 と、二人は自刃し果てたのです。
 楠木正成、享年43歳。・・正式に歴史の中に登場した期間は、わずか7年間でした。
 正成の首は、尊氏の計らいで、河内の妻子の元に届けられたと伝わっています。
ファイル 1656-2.jpg
 そして時代は巡り、足利尊氏が天下を取った[室町時代]を経て、安土桃山、徳川時代になりました。
 その[徳川時代]中期。
 天下の副将軍[水戸光圀]公こと、水戸黄門さまが、荒れ果てた[湊川]の正成のお墓を発見し、建て直そうとされます。
 そして、お墓に自筆で『嗚呼、忠臣楠子(なんし)之墓』と記し、
(黄門さま)『良いですか・・助さんも聞きなさい、格さんも聞きなさい。主君に忠誠をささげた正成公は、人間の鏡ですぞ。すべての武士は、正成公の精神を見習うべきですぞ。かっかっかっかっ(笑い声)。』と言われました・・さ。
(黄門さまは、正成の大ファンだったのですね。)
ファイル 1656-3.jpg
(神戸:《湊川神社》内、楠木正成の墓)
 のち、この言葉に感銘を受けた、坂本龍馬・吉田松陰・西郷隆盛等、幕末の志士たちは、このお墓にお参りしパワーをもらい(?)明治維新を築く原動力となっていったそうなのですが、・・その活躍は又、別のお話。
 これにて、紙芝居はおしまい。
ファイル 1656-4.jpg
(お墓の横に建つ[水戸光圀]像)
(うっかり八兵衛)「ご隠居~、お腹が減りました~。」
(黄門さま)「おまえは、そればかりじゃのう。・・では、皆さん、湊川神社の前の和菓子屋さんで、名物の菊水饅頭でも食べましょうか?」
(みんな)「はいっ!人生~、腹減りゃ、菓子あるさ~。」
ファイル 1656-5.jpg
(皇居前の楠木正成像)
 おわり

紙芝居:「楠木正成ここにあり!」(その6)

ファイル 1655-1.jpg
(帝)「正成、逆臣[足利尊氏]をやっつけてくれ!」と、後醍醐天皇は、正成に頼み、一時は尊氏を九州に追い払うことに成功しました。
 ・・が、しばらくすると、尊氏は九州の武士たちを皆、家来にして、今度は都に向って逆襲して来ました。

(帝)「正成、何とかせえ!尊氏をやっつけよ。」と、後醍醐天皇は、又、正成に命じたのでした。
 しかし、正成は、じっと考えて次のように言ったのです。
(正成)「帝、尊氏と仲直りしてください。・・それが出来ないようなら、今度の戦さ、勝てまへん。」
(帝)「なぜじゃ、正成⁈」
(正成)「・・一度、負けながら、皆が家来になって付いてくるというのは、尊氏が万民の心を掴んでいるという事でおます。・・万民の心には、・・勝てまへん。」と言いました。
 しかし、正成の意見は却下されました。
 
 こうして正成は、九州から大挙して帰って来る尊氏軍に立ち向かうことになりました。
ファイル 1655-2.jpg
 その京の都から、兵庫(今の神戸)へ向かう途中でのこと。
 [桜井]という場所で、陣中の息子の《正行(まさつら)》を呼びました
(正成)「息子よ、お前はここから[河内]の国に帰れ。
 ・・今度の戦さ、どう考えても勝目はない。味方が集まらん。・・時勢が解っているのか、大半の仲間が去ってしもた。
・・おそらく、今度の戦さで父は死ぬと思う。
 お前は、こんな戦さで死んだらあかん。
 生きて故郷に帰って、母や弟を助けよ。そして、大きく成長して力を付けるんや。そして、これからどう生きたらベストかを、自分でよく考えるんや。・・わかったな。
 ・・残念やけど、しゃあない。これしか無かったんや、父の選択は・・。
 エエか、これは父の命令じゃ!」と言って、涙を浮かべながら、息子と別れたのでした。 次回最終回、つづく

紙芝居:「楠木正成ここにあり!」(その5)

ファイル 1654-1.jpg
・・が、しかし、『これで平和の世が来る』と、安心したのも束の間、
 又、暗い影が押し寄せて来ようとしておりました。
 それは、天皇・公家中心の新しい時代の到来と、《建武の新政》と名付けられ『新政権』が生まれたのですが・・、
 何分、長年[政治]を取ったことのない(野党・・ちゃうちゃう⁈)公家たちでしたので、前より重い税金を万民に命じ、自分達はやりたい放題、し放題。
 有頂天な気持ちで、おごってしまったのでした。(昔の話と思えまへんなぁ・・)
 これで又もや、万民の心は新政権から離れてしまったのです。(どえらい昔の話とは思えまへんなぁ・・もうええか(笑))
 そんな皆の不満の気持ちを一身に引き受け、天皇とその政権に逆らった武将。・・それが、足利尊氏でした。
ファイル 1654-2.jpg
 尊氏は、新政権への不満の多かった武士たちの代表として、天皇・公家政権に戦さを仕掛けてきたのです。
 公家たちは、大わらわ!
 すぐに『くっくっくすのき、正成を呼べ!』という事になったのでした。つづく
ファイル 1654-3.jpg

紙芝居:「楠木正成ここにあり!」(その4)

ファイル 1653-1.jpg
 幕府の滅亡は、あっという間でした。
 足利(高)尊氏軍が京都を攻め、尊氏の親戚の新田義貞軍が、鎌倉幕府を攻め滅ぼしたのです。 
 こうして、150年続いた[鎌倉幕府]は潰れました。
 島流しになっていた後醍醐天皇は、島を脱出。 
 意気揚々と京の都に還って来たのでした。
帝「正成、すべてお主のお陰じゃぞ。朕は感謝する!」
正成「はい、帝。これで万民が安心して、重い税に苦しまず、平和に暮らせる世が来ます。」と、正成は頭を下げて涙ぐむのでした。
ファイル 1653-2.jpg
 戦を終え、河内の国に帰って来た正成は、皆に言いました。
「この戦で、たくさんの犠牲者を出してしもうた。・・攻めて来た者も、守った者も、皆、亡くなればホトケや。
 わしは、すべての者の供養をしたいと思う!」と、
 味方だった者のお墓=『身方(みかた)塚』。
 敵であった塚のお墓=『寄手(よせて)塚』を造り、手を合わせました。
 これは小さい頃、正成が[観心寺]というお寺で、仏教の精神を学んだことが、動機であったのかもしれません。 つづく
ファイル 1653-3.jpg
(寄手塚=敵塚と言う名前ではないのが良いと思う)
ファイル 1653-4.jpg
(実際は、二つの塚は隣り同士にはなく、7~8mは開いている)
ファイル 1653-5.jpg
(身方塚: 実際に、正成が二つの塚を造ったかどうか?は(地元では)疑問視されている。石の材質が、どうやら違うらしいので・・、でもそんなの関係ねぇ。正成の心の優しさは本物だと思うのです。)

紙芝居:「楠木正成ここにあり!」(その3)

ファイル 1652-1.jpg
(赤坂城から見た金剛山。正成はこの山に千早城を築いた)
 ・・余談であるが、
 なぜ?楠木正成は、後醍醐天皇に(そこまで)忠義を尽くしたのか?
 この紙芝居を描きながら、ずっと考えていた。
 一説によると、正成は小さい頃、観心寺というお寺で学問を習った。
 住職から『日本の国は本来、天皇を中心とした国であった。そこに平和があった。だから、民は天皇に対し、忠誠の気持ちを持たねばならない。』と教わった。
 もう一つの説は、楠木の一党は、水銀流通の商売をしていた。その莫大な利権を、幕府に盗られそうになった。だから、天皇側に付いてその利権を護ってもらおうと思った。
 このような説があるのだが、はっきりわからない。
 この紙芝居では、正成の心情をはっきりと描いていない。
 ただ、勧善懲悪的なヒーローとして描いている。
 ひょっとすると、正成は政治的な複雑な心を持って活動したのかもしれない。
・・が、この紙芝居では『(天皇を中心として)平和な未来を夢見た、根性ある中年のおっさん』として描いたつもりだ。・・まるで、下町大阪の町工場で、頑張る奮闘社長伝を書くつもりで描いた。
 うちの寺から、わずか10分ぐらいで、正成が活躍した舞台の地があり、その地を何度も取材をしながら、「正成さん、なんでそこまで頑張んねん?いったい、何を考えていたの?」と問いながら、結局何も解らず、描き終わってしまった事を少し後悔している。・・これは今後、この紙芝居を演じながら考えてみようと、自分に宿題を出したのであった。・・余談終わり。
ファイル 1652-2.jpg
 赤坂城での戦いから、一年が経ちました。 
 やがて、再び正成の立ち上がる時がきました。
 彼は、少ない兵力で幕府軍を攻撃し、すぐに逃げて、今度は赤坂城よりも、奥まったところに造った[千早城]に籠ったのでした。
 カンカンになって怒った幕府軍。
 前の四倍の八万人の兵力を動員して、城を攻めてきました。
 しかし、前と同じ、正成軍は村人たちと連携し、ゲリラ作戦を展開。
 幕府軍を、またまた悩ませるのでした。
 そうしている内に、攻める幕府軍の中から、[足利尊(高)氏]率いる、超強力な兵力を持っている一軍隊が、裏切って、楠木・天皇側に味方し始めたのです。
 正に、正成の予想通りの展開でした。 つづく

紙芝居:「楠木正成ここにあり!」(その2)

ファイル 1651-1.jpg
幕府軍「なんじゃ、このボロ砦。一日で潰せるわい!皆の者、かかれー!」と、幕府軍は笑いながら[赤坂城]に挑みかかりました。
ファイル 1651-2.jpg
 すると、塀は崩れ、丸太や岩石が転がり落ちて来たのです。
幕府軍「ひぇー、この砦、カラクリがあるぞ!・・まるで、『風雲たけし城』のようじゃー。」
楠木軍「ざまぁ、みやがれ!ナハナハ、ナハぁ。コマネチッ!」
幕府軍「うわー、こりゃたまらん!引け、引けー。」と幕府軍は初戦は大負けしたのでした。
ファイル 1651-3.jpg
 こののち、『楠木正成という男、只者ではない』と幕府軍は恐れ、城を攻めず、ぐるりと囲んで兵糧攻めにしたのでした。
 そして、20日ほどが経ちました。
 城の中の食料は無くなり、又、京都で旗揚げした[後醍醐天皇]も捕らわれたという噂も流れてきました。
 そこで正成は、自ら城に火をつけ、ひそかに脱出したのでした。
 正成は(河内弁で)思いました。
「この戦、まだ負けたわけやないで。わしのような小さな豪族が、天下の幕府軍相手にここまで戦えたんや。・・きっと全国の武士たちは『幕府なんて怖くない』と、思ったはずや。・・そんな武士たちは、やがて民たちの声に押し上げられ、立ち上がるはずや!・・それまで、わしは身を隠そう。それからや・・。」と。つづく
ファイル 1651-4.jpg
(千早赤阪村・赤坂城跡1)
ファイル 1651-5.jpg
(千早赤阪村・赤坂城跡2)

紙芝居:「楠木正成ここにあり!」(その1)

ファイル 1650-1.jpg
 時は鎌倉時代の末期。
 民の幸せを考えず、時の政権[鎌倉幕府]の権力者たちは、好きな事をやりたい放題、し放題。
 民は、重い税金に苦しんでおりました。
 それを憂いて、反旗を掲げ立ち上がったのが、『後醍醐(ごだいご)天皇』でありました。
 しかし、天皇側は如何せん、幕府に対抗できる武力がありません。
 そこで、天皇は[知恵]と[人望]と[勇気]を持った一人の武将に目を付けました。
 その武将こそが、大阪は南河内《千早赤坂(ちはやあかさか)》の山里に住む[楠木正成(くすのき・まさしげ)]公だったのです。パパンパンッ!(扇子で机をたたく音)
ファイル 1650-2.jpg
 後醍醐天皇は、正成を呼びました。
帝「そちが、楠木正成か?朕(ちん)は後醍醐の帝(ミカド)じゃ。
 正成、どうすれば、幕府に勝てるか?教えよ。」
正成「はい、帝。武力では、とうてい幕府軍に勝てまへん。 ・・しかし、万民の心を味方にすれば、負けへんでしょう。
 万民の心の先駆けとして、この楠木正成、幕府軍に戦いをいどみまひょう。」
帝「うむ、頼んだぞ、正成!」
 こうして、正成は地元[南河内]で、反旗を翻したのです。
 この時、楠木正成、37歳でした。
ファイル 1650-3.jpg
 『南河内の楠木正成、帝に味方し、幕府に戦いを挑む!』、という知らせは、関東の鎌倉幕府にすぐ知れました。
 幕府軍は数万の軍隊で、正成が籠る河内『赤坂城』を囲みました。
 楠木軍は、わずか五百人。
 しかも大半が、日頃は百姓をして暮らしている地侍たちだったのです。 
 さぁ、どうなる正成軍!どうする正成!パパンパンッ。つづく
ファイル 1650-4.jpg
(千早赤坂村・楠木正成生誕の地)
ファイル 1650-5.jpg
(同じく、生誕地すぐ近くの正成公産湯井戸跡)

柏原市:西法寺さまの[敬信講]初法座

ファイル 1649-1.jpg

 浄土真宗本願寺派『西法寺』さまの[敬信講(けいしんこう)]は、門徒壮年の方の男子の会。
 いわゆる働き盛りの仕事現場第一線を、ちょっと引かれた方々の会だ。
 その会の[初法座]に呼んで頂き、紙芝居をさせて頂いて来た。
 その演目は、『出家とその弟子』、『中甚兵衛ものがたり』、『大和の清九郎』と、男が主役ばかりの紙芝居、三本を選んだ。
 その中でも、やはり地元の有名人大和川の流れを変えて大阪の発展の為に尽くした『中甚兵衛』の話は、(さすがは壮年の会)皆さん食いついて見てくださった。
 やはり、その地元での有名人の紙芝居をするのが一番良いと思った初法座であった。