住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

本願寺新報への投稿、ありがとうございました!

ファイル 1138-1.jpg

 七月一日号の『本願寺新報』に、先日行かせて頂いた、三重県津市「西光寺」の門徒推進委員の阿曽行三さまが、出前法話の様子を投稿してくださいました。
 小題は、「ノリノリで楽しみました♪」(笑)です。
 それでは、中身を書かせて頂きたいと思います。
 
『西光寺で第13回「こどものつどい」を催しました。
 毎年、春の永代経法要で門徒推進委員、仏教婦人会が協力してキッズサンガわ開いています。
 今年は「お寺の出前」で有名な大阪府川南町(=これは間違い、河南町です)観念寺の宮本直樹住職を招き、紙芝居法話をしていただきました。
 大きな絵にいろいろな細工がある楽しい紙芝居で「三尺三寸のお箸」「共命鳥の話」「くもの糸」を聞かせていただきました。
 子供たちもおお喜び。
「仕合わせ体操(=これは、幸せ体操です)」も教わり、みんなノリノリで楽しみました。 (三重県津市 西光寺門徒推進委員・阿曽行三)』以上。
 阿曽さん、そしてご住職さん、西光寺のご門徒のみなさん、ありがとうございました。 宮本はノリノリで喜んでおります。合掌 
 

上に戻る