住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『新・中将姫(ちゅうじょうひめ)』(その1)

ファイル 2352-1.jpg
これは、昔むかしの日本の奈良時代のお話。
 西洋のグリム童話『白雪姫』が出来た頃より、ずっと昔のお話です。
ファイル 2352-2.jpg
 昔、奈良の都、平城京に右大臣[藤原の豊成(とよなり)]とその妻、そしてその子、のちに[中将姫]と呼ばれる美しい娘とが住んでいました。
 この家族、大変幸せでありました。
ファイル 2352-3.jpg
ところが、幸せというものは、いつまでも続くものではありません。
中将姫がまだ幼い頃、母親が急な病で亡くなってしまったのです。
父親の豊成は、『姫にはまだ母親が必要だ』と、新しい妻を迎えました。
 しかし、この新しい妻は・・、つづく
ファイル 2352-4.jpg
(中将姫の像)by當麻寺

上に戻る