住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「良寛さまの涙」(後編)

ファイル 1477-1.jpg
 この日以後、
 馬之助の放蕩はピタリと止みました。
 そして、一生懸命に仕事に専念するようになったのです。
 由之夫婦は、その姿を見て、心から喜びました。
(由之)「これは一度、兄さんの所へ御礼を言って来ねば・・。」と、早速、手土産を持って、良寛さまの庵に向って出発しました。
ファイル 1477-2.jpg
 そして、由之が庵近くまで来たとき、偶然、向こうからやって来る、托鉢途中の良寛さまに出会いました。
(由之)「あっ、兄さん!」
(良寛)「おおっ、由之。」
ファイル 1477-3.jpg
(由之)「兄さん、この前は有難うございました。
 兄さんの一滴の涙が、馬之助を改心させました。」

(良寛)「いや、わしは何も出来んかった。
 お前には謝らねばならん・・。
 三日間、何度もわしは、馬之助に注意をしようとした。
 しかし、とうとう、出来なかった。
 ・・聞いてくれ、由之。
 実は、馬之助としゃべっておると、わしの若い頃の姿と重なってなぁ・・。
 馬之助の悩みと苦しみが、よーく解るのじゃ。
 それで、わしはとても説教など出来んかった。
 そう思ったら、居てもたってもおられず、恥ずかしくなって、帰ろうと決心したんじゃ・・。
 帰り際、せめて、馬之助に何か一言、声を掛けてやろうと思ったんじゃが、馬之助の姿を見て居ったら、切のうなって、涙しかこぼれんかった・・。
 これが、真相じゃよ。」と言って、恥ずかしそうに良寛さまは、由之に謝りました。
ファイル 1477-4.jpg
(由之)「兄さん・・、馬之助のことでは、ご心痛をお掛けしてしまいました。・・本当に申し訳ございません。
 しかし、兄さんの、・・いや、良寛さまの涙は、確実に馬之助に届きました。
 本当にありがとうございました。」
 と、由之はつぶやき、良寛さまの後姿に合掌したのでした。  おしまい

上に戻る