住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「隠れ念仏の里」(その3)

ファイル 1482-1.jpg
一説では、南九州に《19万人》も居たと云われる門徒の数・・。
 いくつかの村では、秘かに自然の[洞窟]などを改造し、秘密の[念仏集会所]を作ったのでした。
 でも、これはお役人に見つかれば、磔(はりつけ)や斬首などの処罰が降りかかる、正に命がけの《信心》だったのです。
ファイル 1482-2.jpg
(南九州市知覧町:立山かくれがま=洞窟)
ファイル 1482-3.jpg
(洞窟の中{たくさん虫がいて気持ち悪い})
ファイル 1482-4.jpg
(鹿児島市:花尾念仏洞)
ファイル 1482-5.jpg
 そして京都の本願寺から、秘かに[布教使]を招き、嵐の夜などに、洞窟で[法座]を開いたのでした。
 本願寺から来た[僧侶]も、正に命がけの布教でした。 つづく

上に戻る