住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

様々な『出前』の注文

 今年は、様々な『お寺の出前』の注文が入る!
 昨日も、堺市に或る『障害者支援施設』の施設長さんと事務長さんが、来月に行う予定の『後援会総会』・記念講演の打ち合わせの為に、お寺に来られた。
 その内容は「後援会の皆さんが、聞くと元気が出るお話をお願いしたい」というもので、直接、うちにある「紙芝居」を見てもらって、その内容を決めた。
「元気が出るような話と紙芝居!」か、・・難しい!
 ・・が、まだ時間があるのでゆっくり練りたい。
 
 その他、夏までの「出前注文」で変わったものと云えば、・・『保育園職員の為の研修会』だとか・・。これは、「新人職員に元気が出るような話をして欲しい」という依頼だ。
 又、夏の京都の「地蔵盆」のイベントとして、「地域の子供達に「街頭紙芝居」をして、元気を与えて欲しい」と、いう注文もある。
 皆に共通するのは、どうやら『元気が欲しい!』という事のようだ。
 社会は今、そんなに『元気』を失っているのか・・?
 そして、僕は『元気放出人間』だと、皆さん、何か勘違いされていないだろうか?
 ・・まぁ、いい。出来るだけテンションを上げて、『元気エネルギー』を貯めて、出前させて戴こう!

上に戻る