住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

「中山久蔵」さんのお話・・再び

 「皆さんは、北海道の(初代:米作り)ヒーロー『中山久蔵(ナカヤマ キュウゾウ)』さんって知ってますか?・・実はこの御方、大阪(太子町)出身なのですよ」・・というような形で始め、二年前に(何度か)〔ブログ〕を書いた。
 そして『青年よ、大志を抱け・・この老人のように!(出前メニュー99)』という紙芝居を作り、このホームページで発表した。
 この紙芝居を作った時から二年が経ち、僕の記憶から『久蔵』さんが薄れ始めていた時、再び、『久蔵ワールド』に引き戻される事態が起こった。
 しかも、今度は(遥かに)スケールアップして『北海道』北広島市の議員さん達と、地元大阪は『太子町』の役場関係者、教育委員会の方達、そして、『久蔵』さんの旦那寺「光福寺」のご住職、檀家さん、そして、久蔵さんのご実家の子孫の方たちが集合しての大会合となった。(何か訳解らんわ~)
ファイル 767-1.jpg(光福寺内で)
 まぁ、はっしょって簡単に説明させてもらうと、『久蔵』さんの事を(地元北海道で)いろいろと調べておられる「北広島市」の橋本議員さんという御方が、今年の夏、うちの寺に突然、お電話を掛けて来られた。
 その内容は、僕のホームページを見て、地元:大阪太子町での『久蔵』さんのことがいろいろと解ったので、一度そちらに(久蔵さんのマル秘情報など報告を兼ねて)行かせてもらうという事であった。それで来られたのだ。・・まぁ、こんな感じやったかな。
ファイル 767-2.jpg
 それで、先ほども書いたように、久蔵さんの(ご実家の)御子孫の方やら、久蔵ファンの方やらが、旦那寺の『光福寺』さんに集まり、一同顔合わせとなったのだ。
 もちろん、僕はこの場の『おまけ』のような存在ながら、久蔵さんの『紙芝居』をさせて頂くという名誉を頂いた。(が、この紙芝居、久々にやったんで、何度も噛んだわ。〔笑い〕)
 でも結果的に、僕の『紙芝居』が(北海道と大阪の架け橋)の役目をさせて頂いたようで、ほんま嬉しかったわ!又、誇らしかった!
ファイル 767-3.jpg
 長くなった。
 最後に、皆で記念撮影。
 写真を撮ってもらいながら、こちらの住職と「いつか、ここのお寺で『中山久蔵資料館』が出来たらエエのになぁ」と語り合った。
 いや、いつか、出来ますよ!・・「久蔵」さんの功績は偉大やもん。・・なんやったら、光福寺の外のトイレを潰して、そこに建てまひょか?(笑い)

 ちなみに「中山久蔵さん」の『紙芝居』はこちら
 https://o-demae.net/blog/archives/292.html
 https://o-demae.net/blog/archives/293.html
 https://o-demae.net/blog/archives/294.html

 又、それ以外の2009年に『久蔵』さんについて書いた二つの「エピソード」はこちら、ご参考までに
 https://o-demae.net/blog/archives/295.html
 https://o-demae.net/blog/archives/288.html

上に戻る