住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

白寿苑の《牢名主》!?

 昨日は、特養ホーム『白寿苑』の第144回目の《法話会》の日であった。
 この《法話会》の第一回目(13年前)から参加されている方が、お二人おられる。
 お一人が男性のA木さんで、もうお一人が、鹿児島出身の薩摩おご女、N中さんだ。
 このN中さんが、おもしろい!
 娘さんのご主人の転勤で、大阪にやって来られたN中さん。
 ・・お身体が弱り、『白寿苑』とのご縁が出来、今は車椅子で片手は不自由だが、頭はしっかりされていて、口はいたって達者だ!(達者過ぎる!)
 たいてい、一番初めに、この《法話会》にやって来られて、〔小原節〕を唄い、僕に聞かせてくださる。(13年間、聞いてたから完璧に覚えてしまった)
 このN中さん、昨日お会いした時、開口一番こう言われた。
「せんせぇ~い(先生)、私もこの苑の一番の《古株》になってしまいましたよ。・・新しく入って来られた入居者さんは、たいてい私の処まで挨拶に来られるのですよ。そして、この苑でのクラブ活動の様子とか、色々なことを私に聞いてくるのですよ。私もそれが嬉しいから、色々な苑内での〔生活規則〕などを教えてあげるの!」と・・。
 僕はそれを聞いて「N中さんは、ここのウラ施設長やな~。給金貰わなあかんね~」と言って笑った。
 すると、「そうなのよ~、せんせぇ~い(先生)。私はここの《牢名主》なのよ。古狸、古狸・・」と言って笑われた。
 確かにN中さんは、ここの《名物入居者》には違いない。
 いつまでも元気で、この『法話会』に参加して欲しいと思うのだが、・・それはいったい、いつまで続くのだろうか?
 この日も、帰り際、「気をつけて帰ってくださいよ。私のためにも・・。そして又来月もお話聞かせてくださいよ」と言われた。

上に戻る