住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

善林寺さまへの「出前」と、不思議な「ご縁」

 先日、東大阪の〔善林寺〕さま『定例法座』へ、「紙芝居法話」に行かせてもらって来た。
 不思議なもので、こちらの「御住職」と僕は、同じ年同じ月の生まれで、又、同じ「在家(一般の家庭)」に生まれ、ほぼ同じ13年程前に、大阪の別々のお寺に「入寺」し住職になっている。
 又、余計なことだが、同じ年上の「嫁さん」を持っているのも、同じなのだ。(持っているなんて言うたら、叱られてしまいそうだ、・・これも、お互い。失敬)
 又、これも不思議なことなのだが、僕と妻の「仲人さん」も、こちらの御住職の知り合いで、(不思議な《つながり》が)ある事に、先日判った。・・偶然。
 これで今まで、お互い知らずに、この(狭い)業界でやってきたというのだから何とも不思議だ。
 『ご縁』というは、まったく人智を超えて働いて下さっているように感じる。
 まぁ、しかし、これも良いご縁にしてゆくかどうかは、生きてる人間次第なので、なるべく《有難く》この《縁》を紡いでゆきたいと思う。(向こうさんが、嫌がらん程度に。)
 石田先生、坊守さま、又、打てば響くような手ごたえのあるご門徒様方、これからもどうぞ、お付き合いの程よろしくお願い致します。合掌
 
 

上に戻る