記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『蓮如上人からのお手紙~伝染病について』(その1)

【御文章[第四帖九通]『疫癘(えきれい)の章』より】
ファイル 2146-1.jpg
昔むかしの室町時代。
 この年[延徳4年(1492)]は、伝染病の流行により、多くの人々が亡くなっておりました。
 そこで、朝廷は[明応]と元号を改めましたが、一向に事態は良くなりませんでした。
 浄土真宗の本願寺第八代の『蓮如(れんにょ)上人』は、この当時流行していた伝染病にたいへん心を痛めておられました。
 そしてご門徒たちに一通のお手紙をお書きになります。
 それが『疫癘(えきれい)の御文(おふみ)』と呼ばれるものでした。
 疫癘というのは、今でいう伝染病のことです。
ファイル 2146-2.jpg
 ここある念仏道場も・・。つづく

コメント一覧

コメント投稿

  • 「名前・コメント」欄を入力し、投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前

「Eメール・URL」欄を表示する (迷惑メール対策のため、アドレス欄を非表示にさせて頂いています)

コメント
文字色
削除キー
公開設定