記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『九條武子(くじょう・たけこ)さま』(その4)

ファイル 1900-1.jpg

 日本へ一人で戻られた武子さまに、義理の姉を助けての[仏教婦人会]の仕事が待っていました。
 それは、父に代わって兄が[ご門主]になられたので、門主夫人になられた義理の姉の仕事が俄然増えて、忙しくなられたからです。
 それで、武子様が[仏教婦人会・総裁代理]となって、全国各地へ回られることになられました。
 さらに明治44年、その義理の姉が亡くなられた為、武子様は[仏教婦人会]の運営を、一人で背負わなければならなくなりました。
 それで、武子様は『仏教婦人会・本部長』に就任し、その重責を果たされる事となったのでした。
 そして、やがて待ちに待った夫がイギリスから帰国されました。つづく