住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「共命鳥(ぐみょうちょう)のはなし」 (後編)

ファイル 863-1.jpg
「くっくっくるしい~。・・僕も目が霞んで来た。あぁっ・・そうか。僕達は頭が二つでも、身体は一つ。
 毒が身体に回ってきたということか。・・罰が当ったんだな。やがて僕も死ぬという事か・・。」と、つぶやきました。
 その時です。
ファイル 863-2.jpg
 その様子を《極楽浄土》から、じっと見て居られた仏さまが降りて来られました。
 そして仏さまは、
「共命鳥よ。お前はまもなく死ぬ。最後に何か言っておきたき事はあるか?」と問われました。
 共命鳥は、
「・・はい、仏さま。私は愚かものでした。
 私は隣の頭よりも、優れている思っておりました。
 しかし今、隣の頭が居てくれたからこそ、自分が生きてこれた事に気がつきました。
 ・・しかし、もう遅うございます・・。」
ファイル 863-3.jpg
 「いや、共命鳥よ。遅くはないぞ。 よくぞ、そこに気がついた。
 そしてもう一つ大事なことは、他を害するものは、自分も害することになると云う事じゃ。解ったかな。」と、仏さまは言われました。
 「・・はい、よく解りました。仏さま。」
 「よしっ、それが解ったなら、お前を《極楽》へと連れて行ってやろう。
 そして極楽浄土で、仲良く暮らすことの大切さを皆に説きなさい。」と言うやいなや、仏さまはその共命鳥を両手でそっと掴み、「シュワッチ!」と極楽へと飛び立ちました。
ファイル 863-4.jpg
 それで今でも、この二つの頭のある〔共命鳥〕は、極楽の国で、『支えあう』事の大切さを説きながら、優雅に飛び回っているということです。 おしまい。
ファイル 863-5.jpg(仏像はんこ愛子さんのTシャツ)
 (おまけ)
 『仏像はんこ愛子』さんが、この〔共命鳥〕を描いたTシャツを作られました。「これは、是非欲しい!」と思われた方は、『仏像はんこ愛子』さんのホームページへ、GO!
http://www.ac.auone-net.jp/~butsuhan/Tshirts.html(・・売り切れてないかなぁ・・〔笑い〕)

コメント一覧

愛子 2012年03月07日(水)01時43分 編集・削除

宮本住職、ありがとうございます。

ホンマにお互いを思いやって暮らしていかんと
心まで荒んでしまったらどうにも寂しい世の中ですよねぇ・・・

おかげさまで私は素敵な人たちに恵まれて、幸せです。

このキョロちゃん共命鳥可愛いです
お気に入り!

しかも、やっぱりシュワッチ!!
笑いましたww

カンネン亭 2012年03月07日(水)12時27分 編集・削除

愛子さん

「共命鳥」がテーマのような歌をひとつ・・。
 
『長い棒に、短い棒。
 ささえあったら、人になる。
 ささえる事で、人を知り、ささえられて人になる。
 長い棒に、短い棒。
 ささえあったら、人になる。
 ささえるから、人なんだ。
 ささえられるから、人なんだ。』by ACジャパン

(『共命鳥って、人かいっ!?』と、突っ込まないでね。〔笑〕)

愛子 2012年03月08日(木)23時35分 編集・削除

わ~!この歌私も好きですっ!!ww

上に戻る