住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

「院主さん、おもろい話ありまんねんでぇ・・」

 僕が毎月、〔お参り〕に行かせて頂いているお家に、(自称)オモロイ人がいる。
 定年退職をされ、今は悠々自適に暮らして居られるIさん(男性)である。
 この方は、根っから明るい。
 おとといもお参りに行くと、玄関の所で待っておられたIさん。挨拶すると、間髪おかずに「院主さん、おもろい話ありまんねんでぇ」と言われた。
 いつもの事なので、家の中に入って(半笑いながら)僕は「じゃ、お勤め終ったら聞かせてくださいね」と言った。(言っておくが、僕はいつもおもろい話を期待している訳ではない。・・まぁ、ちょっと、楽しみにしている所があるかもしれんが・・。)
 お勤めが終ったら、待ってましたとばかり、仏間に入って来られるIさん。(「一緒にお勤めしましょ」と言おうとするが、いつもうまく逃げられ、かわされ言えない・・。なかなかの達人である。でもちゃんと隣の部屋でお経の終る瞬間を聞いてるんやなぁ・・)
 それで、本題の今月のおもろい話。
 もう、しゃべる前から笑っておられ話し始めるので、こっちもそれだけでつられて笑ってしまっている。
 「院主さん、この前なぁ、お客さんが来よってん。それで、えらい寒かったから、あまりわしも入らんこの仏間に(毎日入りぃや!〔僕の心のつっこみ〕)入ってもろてん。わし、それで急いで暖房のスイッチ(ルームエアコン)を点けたんや。・・なんか、町内の大事なお役を頼む話みたいで、わし、断ったろかと思てんけど、どっしり座りよるんで、こっちも『どうやって断ったろか』と腹すえたんや。・
 そしたら相手が、しばらくして、もぞもぞし出し震え出し、『又、来ますわ』と言っていそいそ帰りよったんや。
 わし、おかしいなぁと思って、エアコンの表示見たら《冷房》になってんねん。又、お客の席に直撃や! ははん、こら堪まらんわと思たら、笑えて笑えて・・。おもろいでっしゃろ、院主さん!」と、御まくしたてられた。
 僕は、おもろいというよりも、何か(相手さんが)ちょっと気の毒にもなったので、笑いながら「ご主人、僕にはその作戦を使わんといて下さいや」と言った。
 Iさんは、「わかってまんがな、そう来ると思たで院主さん。・・これを使う時は、『一緒にお勤めしましょか』と、誘われそうになる時や。」ときた。
 この言葉に『読まれてるわ』と思いながら、又、違う作戦を練らなと思い、笑いながら、そのお家を後にした。
 Iさん、それじゃ又、来月おもろい話頼みます!(そんなに期待してないけど・・。)

上に戻る