住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「出家とその弟子(第一部 悪をせねば生きれぬ人)」(その5)

ファイル 777-1.jpg
(親鸞)「はい、それは〔阿弥陀(アミダ)如来〕という、仏様のお慈悲にすがる方法です。
 この仏様のお慈悲は、この世の善悪を超えて、働いて下さる〔お力〕があるそうです。・・つまり、私たちを〔悪いまま〕で助けて下さるのです。〔極楽〕へ導いて下さいます。
 それがこの仏様のお慈悲です。・・私はそれを信じております。いや、信じなければ生きてゆけません。
 これを〔他力〕の信心と呼ぶそうです。」

(左衛門)「なんと、悪人を悪人のままに救って下さる仏様とは・・。その仏様にすがれば良いのですね・・。はい、私は信じます。・・信じますとも。私にとっては有り難い!」

(親鸞)「しかしご主人、悪人を救って下さるとはいえ、喜んで悪事ばかりを成してはなりません。・・そこの所は、あなた様のような御方にはちゃんとお解かりでございましょう。」

(左衛門)「はい。よく解っております。・・それはニッポンの常識ですっ!いやいや、この時代にはまだ早い昭和の(お笑い芸人の)ギャグでございました。・・失礼しました。」

(親鸞)「今のは聞かなかった事にしまして、・・本題に入りましょう。
 実は、私もこの〔阿弥陀如来〕のお救いのお話を聞いた時、『これで私も救われる!地獄に往かなくても良い!』と思い、思わず泣きました。
 それから、私はずっとこの仏様を信じて、この仏様のお名前、『南無阿弥陀仏』と念仏を称えさせて頂いております。」

(左衛門)「お聖人、私もその仏様を信じとうございます。・・お聖人、もっと、その仏様のお話を聞かせて頂けませんか?・・いや、いっその事、私も出家させて頂けませんか?弟子にして下さい!」

(親鸞)「それはいけません。あなたには、御内儀とご子息がおられます。養う家族がございましょう。・・思いとどまって下さい。
 私の信じている『浄土門』という教えは、在家のままの信心でもあるのです。商人は商人のまま、猟師の方は猟師のままで信じれる信仰なのです。形にとらわれてはいけません。心が大切なのです。
・・おおっ、もう夜が明けようとしている。・・そろそろ、お暇せねばなりません。・・このブログも長くなり過ぎましたし・・、いや一人ごとです。」 つづく(次回、最終回)

上に戻る