住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『楠木正行もここにあり!』(その5)

ファイル 2290-1.jpg
 「目指すは大将、首一つ!
 我らの勝ち目はそれしかない!
 皆の者、命を惜しむな、名を惜しめ!」
 敵は五万の大軍に、こちらは一千わずかな兵。
 ここは大阪、[四条の縄手(なわて)]。(※現在の四條畷市か?隣町:東大阪市か?東大阪にも同じような名前の場所があり、こちらにも[正行公]の首塚がある。京都や九州(落ち延び説)にもあるらしい。いったい首塚、楠公いや、何個(ナンコ)あんねん!以上余談)
 楠木兄弟[正行・次男:正時]、ひたすらに敵陣めざして進みます。
 されど、敵の矢雨あられ!嵐のように襲います。
ファイル 2290-2.jpg
 さすがの楠木兄弟も、鎧全身矢を受けて、ついに最後を迎えます。
「・・我が弟、正時よ。残念ながらここまでじゃ。共にあの世で父に会おう。そこで父に報告じゃ!」
 そして兄弟果てました。
 この時、正行二十三。
・・若い最後でありました。あぁ合掌・・つづく
ファイル 2290-3.jpg
(正行公を祀る四條畷神社)

上に戻る