住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『楠木正行もここにあり!』(その2)

ファイル 2287-1.jpg
・・それから10年経ちました。
 今では正行(まさつら)立派な武将。
 奈良の吉野の帝(みかど)のもとへ、今日もご機嫌伺に、馬を走らせ向かいます。
 後醍醐帝はすでに亡く、新・天皇でありました。
 後村上(ごむらかみ)新天皇は言われます。
「正行よ、北の朝廷・幕府軍、この度大軍引き連れて、我等を攻めに来るようじゃ。何とかなるか、正行よ。」
「帝(みかど)、我らは少人数。されどわが父[正成(まさしげ)]の奇襲戦法取り入れば、恐れることはありません。足利(あしかが)軍勢、楠木の飛んで火にいる夏の虫!。帝、しかとごらんあれ!」
「頼むぞ楠木、出陣じゃ!」 
ファイル 2287-4.jpg
(正行の故郷、千早赤阪村[建水分神社])
ファイル 2287-2.jpg
「やあ、やあ!我こそは楠木正成の嫡男、楠木正行なるぞー!腕に覚えあるものは、我にその腕みせてみよー!正成の子、楠木正行もここにありー!」
 正行雄叫び響きます。
 その声聞いた敵方は「やややぁ、あそこに居るは大将ぞ!一騎でおるぞ、皆の者!」。 
 我や先にと正行を、見つけて大軍追って来た。
「しめたっ!罠にかかったぞ。鬼さんこちら、手のなる方へ!」
 正行、仕掛けのある場所へ、逃げて逃げて、逃げまくるー。
 足利幕府の精鋭部隊、細川・山名の連合軍。
 罠とも知らず大軍が、入れぬ道に突っ込んだ。誘い込まれて突っ込んだ。
ファイル 2287-3.jpg
 「げっげっげっっ、しまった罠わなじゃ!林の中から敵が出た。楠木軍に囲まれた!今度は我らが逃げる番。命あっての物種じゃ、京の都へ逃げるのじゃー!」
 形勢逆転、大勝利。
 逃げるは足利幕府軍。
「追え追え、逃がしてなるものか!京の都にゃ、帰しゃせぬ。」
 正行軍は懸命に、敵を追いかけ駆けました。
ファイル 2287-5.jpeg
(正行激戦地、羽曳野市誉田林古戦場跡)
 つづく

上に戻る