住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

大阪の偉人紙芝居、制作中

 今、202作目から204作目までの(地元大阪舞台の)紙芝居制作に入っている。
ファイル 2264-1.jpg
 ほぼ完成したのは、(202作目)若き日の雄略天皇と皇后を描いた『ワカタケルとワカクサカ〜皇后から見た雄略天皇』という作品。
 この作品は「古事記」と「日本書紀」を元にして描いてみた。
ファイル 2264-2.jpg
 203作目は『神武東征記』。この作品も古代が舞台だ。九州から船出した伝説の神武天皇が近畿圏で活躍する姿を冒険活劇風に描いてみた。この作品は70パーセント完成している。
ファイル 2264-3.jpg
 そして、204作目は地元の英雄「楠木正成」の息子「楠木正行」の短い一生を描いた楠木一族の続編『楠木正行もここにあり!〜大楠公に小楠公あり』という作品。これはまだ10%の出来である。この作品は日本赤十字社創設を入れた作品にしようと思っている。・・お楽しみに!

上に戻る