住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『続・白隠さま』(その4 最終回)

ファイル 2228-1.jpg
 白隠さまの言葉にカッとなった武士は、刀を抜くと斬りかかろうとしました。
 すると白隠さまは、「おぉ、腰抜け武士のくせに、少しは度胸があると見える!? さぁ、わしを斬れるものなら斬ってみよ!腰抜けサムライ!!」と言って逃げ出しました。
 怒りの頂点に達した武士は、刀を振り上げ、白隠さまを追い掛けました。 
 そして、追い詰め刀を振り下ろそうとした次の瞬間・・、
ファイル 2228-2.jpg
 白隠さまはくるりと武士の方を向いて、武士を指差し大声で言いました。
「カッーツ!(喝)、それが[地獄]じゃ!お主は今、地獄の中におる!」
ファイル 2228-3.jpg
その言葉に、「はっ」と我に返った武士は、その場に座り込み両手をついて言いました。
 「いかにも・・。あっありがとうございます。
・・私は今、地獄の中に居りました。
 一瞬の怒りで身を滅ぼすところでした。
・・これが地獄のありかなのですね。」
と、ポロポロポロポロ涙を流しながら、謝りました。
 「そうそう、それそれ、その涙を流して感謝し謝る姿が仏の姿じゃ。
 即ち、極楽にありかじゃのう。はっはっはっ。」と白隠さまは笑いながら答えました。
 これが、白隠さまが生涯テーマにした『脱地獄』の教えなのでありました。おしまい

上に戻る