住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『ダイエットの王様』(その2)

ファイル 2077-1.jpg
ハシノク王は、お釈迦さまの問いに顔を赤らめて答えました。
「はっはい、お釈迦様。お恥ずかしい話ですが、実は今日も無我夢中で食事を取っておりまして・・、大事なお説教の事を忘れてしまったのです。それで急いで参ったら、このように息が荒くなってしまいました。お許しください。とほほほっ。」
と。
 お釈迦さまはそれに答えて、「はっはっはっ、そうであったか。・・がしかし、食事に夢中になって、大事な事を忘れるというのはいけませんな。それにまた、少し肥えられましたか⁈話をするのも苦しそうじゃし・・。」
ファイル 2077-2.jpg
 そして、お釈迦さまはおっしゃいました。
「良いですか、ハシノク王よ、よく聞きなさい。
『人は自分の食事の適量を知ることが大切です。そうすれば、苦しみ少なく、安らかに日々を送り長生き出来るのです。』」と。
 これを聞いてハシノク王は深く反省しました。
ファイル 2077-3.jpg
そして、この話を一緒に聞いていたお付きの侍従に、王は言いました。
「これ侍従よ。今お釈迦さまは私に大事な事を教えてくだされた。
 侍従よ、今の言葉を暗記せよ。そして、これから私が食事をする前に、お前はお釈迦さまのように、この言葉を言っておくれ。そうすれば、その度ごとに金貨一枚をお前にやろう。」と。
 侍従は、「えっ、それは本当でございますか⁉・・喜んで!」と答え、この言葉を暗記したのでした。つづく

上に戻る