住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『半ごろしと本ごろし』(前編)

ファイル 2072-1.jpg
 昔々のお話。
 陸奥の国(今の東北地方)を、一人の若者が旅をしておった。
 「あぁ、今日も日が落ちた。この辺りに宿屋はないかなぁ?・・あっ、あそこに明かりが見えるぞ。一夜の宿をおねがいしてみよう。」
 トントン、トントン。と若者は戸を叩いた。
 すると、
ファイル 2072-2.jpg
 「どなたさまじゃ。」と一人のおじいさんが戸を開けて顔を出した。
 「旅の者です。今宵泊まるところが無いのです。泊めて頂けませんか?」と若者は言った。
 「おお、そうかえ。それはお困りじゃろう。さぁ、中に入って火にあたりなさい」と親切に家の中に招いてくれた。
ファイル 2072-3.jpg
 家の中にはおばあさんもおって、「さぁ何もないけれど、かゆでも食べてけろや」と食事を振る舞ってくれた。
 若者は深くお礼を言って、その夜はぐっくり眠ってしまった。
 さて、その真夜中の事。
 若者はおじいさんとおばあさんのひそひそ話で目が覚めた。
ファイル 2072-4.jpg
 おじいさんは「なぁ、ばあさん。明日の朝、あの旅人さんは『半ごろし』がええかのう。」と言うと、おばあさんは、
「いいえ、おじいさん。私は『本ごろし』の方がええとおもいますよ。」と言った。
 それを聞いて若者はギョッとした。
「あのじいさんとばあさんは、親切そうに見えるが実は[山賊]だったのだ!」と震え上がった。
 そして、夜が明ける前にこっそり逃げ出そうと思った。
ファイル 2072-5.jpg
 次の日、若者がこっそり出て行こうとすると・・、
 突然後ろから、「旅人さん、もう出て行かれるのですか?」とおばあさんの声がした。
 「わぁ⁉助けてくれ!半殺しにせんでくれー!」と若者は叫んだ。 後編へつづく

上に戻る