住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

携帯電話を向けられて・・

 檀家さんのお家で(毎月、)お参りさせて頂いていると、時々、思いもよらない噴き出してしまいそうになる事がおこる。
 昨日も、それが起こった。
 いつものように、僕はそこのお家のお仏壇の前でお勤めし始めると、横で座っておられる奥さんの携帯電話が、けたたましく鳴り響いた。
 急いで電話に出られる奥さん。
 どうやら、遠方に住んでいる息子さんのようだ。
 「うんうん、今、住職さんにお参りしてもらってるトコや。聞くか?」と、奥さんは言われて、僕の真横にその携帯を思いっきり近づけられた。
 ・・びっくりしたやんけ。
 そして、「なっなっ、聞こえたやろ。安心したか?」と言って奥さんは携帯を切られた。
 読経終了後、奥さんは開口一番、「今の電話、息子でしてんよ。ええタイミングで電話してきましたわ。おじゅっさんのお経が聞きたいと言いよりましたんで、聞かせてやりました。『なんか、安心するわ』と言うとりました。はははぁ」と、言われた。
 僕は、「突然、携帯向けはるから、びっくりしましたで。・・で、笑いそうになりましたよ。・・何やったら、携帯そのまま貸して下さったら、携帯に向けて読経しましたのに。はははぁ」と、僕も笑い返した。
 そして「その方が有り難かったかも。」と奥さんは言われて、その会話は終了した。
 しかし、ここのお家でのお参りは、時々びっくりさせられるような事が起こるなぁ。
 そういえば、前も・・、いや、今回はもう書くのやめとこ。切りないわ。
 
 
 

上に戻る