記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

『七月七日』記念日の二つの紙芝居

ファイル 1988-1.jpg
(垂仁天皇7年7月7日、に始まった『相撲』)
 僕の作った紙芝居で、7月7日を記念する二つの紙芝居がある。
 一つは[野見の宿禰(すくね)]の天覧相撲試合を記念した『相撲のはじまり』という作品。(未発表作品)
ファイル 1988-2.jpg
(大正8年7月7日、に販売された乳酸菌飲料『カルピス』を発明した僧侶の話)
 そしてもう一つが、僧侶[三島海雲]がカルピスを発明して、市場に売り出した記念日を描いた『カルピスを発明した僧侶』という作品。
(※余談ながら、カルピスは今年で100周年で、この紙芝居の舞台のお寺『教学寺』で、明日,100周年記念法要を行うらしい。・・参拝者には[カルピスウォーター]が振舞われるそうです。
・・こちらのお寺の住職は僕の友人で「記念法要に来ないか?」と誘われたが、仕事があった為に、丁重にお断りさせて頂いた。・・記念カルピスウォーターだけ欲しかったが‥(笑))
 七月七日、・・七夕の日。まったく七夕には関係のない二つの紙芝居。
 今、見比べてみたら不思議な七月七日の偶然である。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://o-demae.net/blog/diary-tb.cgi/1988

トラックバック一覧