記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『悲しき阿修羅(アシュラ)』(その5)

ファイル 1927-1.jpg
 一方、帝釈天と阿修羅の娘は、いつの間にか気持ちが通じ合い、子供も生まれました。
・・・やがて、その噂が阿修羅の耳に入りました。
「おのれー、帝釈天め。絶対に許さんぞ!大事な娘をわしから奪い、しかも子供まで産ませるとは!」
 軍勢の少ない阿修羅軍は、自分の悲しい思いを、須弥山の神々に手紙を書いて訴えました。
「是非、私の味方になって一緒に帝釈天を撃ってほしい!」と頼んだのです。
ファイル 1927-2.jpg
 やがて、同情してくれる神々が、阿修羅軍に大勢ついてくれて、帝釈天のお城に猛攻撃を掛けたのでした。
 この突然起こった猛攻撃に動揺してか、帝釈天はぴっくりしてお城を逃げ出しました。
「皆のものー、ひとまず退却じゃー!」と、帝釈天は森の中に脱出したのでした。
 すると目の前に・・・。つづく


 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://o-demae.net/blog/diary-tb.cgi/1927

トラックバック一覧