記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『月の神様になったうさぎ』

 紙芝居:『月の神様になったうさぎ』(仏教もの2)

 昔むかしの大昔、神様がこの世に色々な《生き物》をお作りになったばかりの頃のお話・・。
 地上では《生き物》たちが、みんな仲良く暮らしていました。
ファイル 178-1.jpg
 そんな姿を《帝釈天(タイシャクテン)》という神様は、最初は微笑ましく眺めておられたのですが、ある時、『フト』脳裏に疑問が走りました。
 ・・というのは、『彼等は皆一見、仲良さそうに見えておるが、実の処、意地悪な〔心〕を皆隠し持っておるのではないか?』という疑問でした。
ファイル 178-2.jpg
 それで、この神様は、哀れなおじいさんの姿に変装して、地上に降りてこられ、皆に「私は腹ペコで、もう何日も何も食べておりません。どうか、食べるものをくだされ~」と訴えました。
 優しい動物達は、皆で会議をして、このおじいさんの為に何か食べ物を見つけてこようと相談しました。
 やがて、クマやキツネ、サル、鳥、みんなそれぞれにおじいさんの為に〔木の実〕や〔果物〕など食べ物を見つけて、持って帰って来ました。
 ・・が、一匹の〔うさぎ〕だけが、その日、何も見つけることができなかったのです。
ファイル 178-3.jpg
 それで、この〔うさぎ〕は、何か思いつめたあげく、突然、おじいさんに「火をおこして!」と頼み込みました。
 おじいさんが、訳がわからず火をおこすや否や、〔うさぎ〕は「おじいさん、ゴメンね。・・僕はあなたの為に何も食べ物を見つける事ができませんでした。だからお詫びに僕を食べて下さい!」と・・、
ファイル 178-4.jpg
あっと言う間に、火の中に飛び込んでしまいました。

 動物たちもおじいさんも、その一瞬の事にどうすることもできず、すぐに火は消し止めましたが、間に合いませんでした。
 やがて、皆は黒焦げになったうさぎの遺体を囲んで、ワンワン泣きました。
 中でも一番後悔したのが、おじいさんでした。
 おじいさんの姿は、いつの間にか元の〔帝釈天〕の神様の姿に戻り、皆に言いました。「私が、皆の心を試そうとしたが為に、尊い〔うさぎ〕の命を奪ってしまった・・・。私は今から、お詫びの気持ちとして、この〔うさぎ〕を〔月〕につれて行って蘇らせる。そして〔月〕の神様にする。お前たち、もし喧嘩をしそうになったなら、自らの命を捨てて、他のものを助けようとしたこの尊い〔うさぎ〕のことを思い出してやっておくれ」と言い、〔うさぎ〕を抱いて空高く飛び立ちました。

 こうして、〔月〕に〔うさぎ〕が棲むようになったという事です。 おしまい。
ファイル 178-5.jpg

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://o-demae.net/blog/diary-tb.cgi/178

トラックバック一覧