記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「地獄のはなし」 その3

 裸にされた悪兵衛は、それから広い荒野を歩き、大きな宮殿に着いた。
 そこは〔閻魔(えんま)大王〕の宮殿であった。
 閻魔大王は、あの世の裁判官の一人で、人の生前の善・悪を裁く仕事をしていた。
ファイル 588-1.jpg
 悪兵衛は、恐る恐る〔閻魔大王〕の前まで進み、小声で言った。
 「閻魔さま、私は何ひとつ、悪いことはしておりましぇん」と。
 すると、「この嘘つきめが!! この〔浄玻璃(じょうばり)〕の鏡を見ろ!」と、閻魔大王はカミナリのような大きな声で怒り、大きな鏡を悪兵衛の前に出した。
 そこには、悪兵衛の生前の〔悪い行い〕が、みんな映し出されていた。
 悪兵衛は首をうな垂れて「あぁ、あの時、あんな事をしなければ良かった・・」と呟いた。
 「悪兵衛、お前は地獄往きじゃ!」と、閻魔大王の判決が下ったその時・・、
ファイル 588-2.jpg
 「閻魔さま、待って下さい」と、優しい声が聞こえた。
 そして、そこには〔地蔵菩薩〕が立っておられた。
 「あぁ、お地蔵さま、さま、さま、助けてください!ヘルプミー」と、悪兵衛は〔地蔵菩薩〕の衣に取りすがった。
 しかし〔地蔵菩薩〕は、
「私はお前を助けることはできません。私の仕事は、苦しむ者と共に、一緒に苦しむ事。そして、その苦しみを和らげてあげる事。それだけなのです。・・お前を救えるのは、これまでにしてきた、お前の行いだけです。 確かにお前は悪いことばかりしてきました。・・しかし、お前は道端に立つ私に手を合わせてくれましたね。そして、一度だけ、苦しむ者を命がけで助けた事がありましたね。・・今、私がここに居るのも、その事があったからなのですよ。・・又、お前は今、心から自分の行いを反省しています。・・だから、私から閻魔さまに頼んでみましょう。
 閻魔さま、この悪兵衛を、もう一度元の〔人間世界〕に、戻してやってはいただけませんか?・・こんどは、きっと善い行いを積むでしょう。」
 それを聞いて、閻魔大王は、又じっと〔浄玻璃〕の鏡をご覧になり、そして言った。 つづく 

コメント一覧

たけちゃん Eメール 2010年10月22日(金)23時36分 編集・削除

観念寺さま
お久しぶりです!
最近思い続けているのですが、観念寺様は、
紙芝居で布教されていますね、この前の
葬儀の話で思ったのですが(今日ひらめいたよ)
浄土真宗は、うらない、迷信は、気にしないのでしたよね
だから、塩をまかない、棺桶を回さない、道を行き帰り
を、違わない、茶碗を割らない・・・ete
今では無くなった風習もあるかも?
それを 訴える  とく・・
紙芝居を作ってみてはいかがでしょうか??
また これは永遠のテーマかもしれませんが
院号の問題(本山も3文字 釈・・)
をモーラしたかみしばい作ってほしいな

カンネン亭 2010年10月23日(土)08時42分 編集・削除

たけちゃん様

コメントありがとうございます。
又、考えてみます。

MIKO2 2020年02月11日(火)17時10分 編集・削除

わからない

コメント投稿

  • 「名前・コメント」欄を入力し、投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前

「Eメール・URL」欄を表示する (迷惑メール対策のため、アドレス欄を非表示にさせて頂いています)

コメント
文字色
削除キー
公開設定