記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「ハスラー博士の叫び『マスクを付けて命を守れ!』(その4 最終回)

ファイル 2128-1.jpg
・・次の年、1919年の1月。
 サンフランシスコでは、新たに3000人の感染者、195人の死者が出ました。
 これに驚いた市議会は、今度は強行採決して『マスク着用条例』を再び出します。 
 ・・がしかし、この二回目の条例では、市民の9割がこれを無視。
 警察官も平気で違反したそうです。
 が、やがて、このスペイン風邪パンデミックは、生き残った者達が[抗体]を得て、集団免疫を作り自然と減少してゆきます。
 そして終息・・、この「マスク騒動」も収まりました。
ファイル 2128-2.jpg
 100年前、ハスラー博士が命を狙われながらも、健康の大切さを考え、着用を訴え続けたこの[マスク]。
 我々は、今一度、感染者を半減させ、多くの命を守ったこのマスクの重要性を考えねばなりませんね。 おしまい 

(後書き)
さて、その後、ハスラー博士はどうなったのか?・・結論からいいますと、このスペイン風邪騒動が終った後も、博士はアメリカ公衆衛生協会会長を務め、62歳で、心臓病で亡くなっています。つまり、最後までご自分のお仕事を全うされているのです。・・今の時代から考えればお若い天寿ではありますが、それは幸せなご一生であったかもしません。テロに巻き込まれず、時限爆弾で亡くなられず本当に良かった。

コメント一覧

コメント投稿

  • 「名前・コメント」欄を入力し、投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前

「Eメール・URL」欄を表示する (迷惑メール対策のため、アドレス欄を非表示にさせて頂いています)

コメント
文字色
削除キー
公開設定