記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『九條武子(くじょう・たけこ)さま』(その7最終回)

ファイル 1903-1.jpg
 昭和三年、武子様は突如、敗血症で倒られます。
 おそらく、[震災復興活動事業]のご心労から、引き起こされたのではないかと言われています。
 そして武子様は、昭和三年二月七日、42歳の若さでお浄土に還られました。
 武子様が夢見た、総合診療所『あそか病院』の開設は、それから二年後のことでした。
ファイル 1903-2.jpg 
 武子様が初めて『巡教』に出られたのは、18歳の時。
 それから42歳でお浄土に還られるまでの、24年間・・。
 武子様は本願寺教団にとって、多大なる功績を残されました。
 仏教婦人会の近代的組織の促進。
 又、宗門女子教育機関の創設にご尽力。
 さらに、慈善事業に多大なる心血を注がれたのでした。
 武子様は、臨終の枕元で、皆に「また、来ます」と言われ、お浄土に還られたそうです。
 浄土真宗の『還相回向(げんそうえこう)』という言葉には、お浄土に生まれた者は、再び、この世に還って来て、悩める衆生を済度する。という教えがあります。
 武子様は、再び現世に還って来ることを、最後に約束されたのでしょう。
 ご遺骨は、東京の『和田堀廟所』と、京都の『大谷本廟』に分骨され、納められています。 おしまい

コメント一覧

コメント投稿

  • 「名前・コメント」欄を入力し、投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前

「Eメール・URL」欄を表示する (迷惑メール対策のため、アドレス欄を非表示にさせて頂いています)

コメント
文字色
削除キー
公開設定