記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

勝光寺さまの「定例法座」in2012

ファイル 937-1.jpg

 今、大阪市東住吉区にある「勝光寺」様の〔定例法座〕から帰って来た。
 こちらのお寺様とのご縁は深く、今年で、こちらでの「紙芝居法話」も九回目となった。
 毎年、違うネタの紙芝居をさせて頂いているが、マンネリにならないかだけ、気を使っている。
 それで、今年は「妙好人」の紙芝居を二本させて頂いた。
 こちらの御住職も、ご門徒さんも知識が豊富(インテリの人が多いの)で、どんな話をさせて頂いても、みんな知っておられる話ばかりだ。
 それで、ある意味やりにくく、又ある意味やり易くもある。(毎回、一発勝負だ!)
 だから、本に書いてあることを言わず、僕は僕の感じた想いを語るようにしている。・・その方がうまく通じるのだ。
 こちらの御住職がよく次のように言われる。「人間は感情の動物である。だから、話す方も感情をむき出して喋らなければダメだ。・・でないと、法話など伝わらない。」
 僕もそう思う。
 で、今日も僕が思った事を思ったまま、仏法と照らし合わせてお話してきた。 
 だから、良くも悪くも、なぜかすっきりして帰って来られる。 
 ありがたいことだ。西先生、いつもほんまに有難うございます。合掌