記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

半年ぶりの「特養 甍」

 今日、半年ぶりに大阪市生野区にある「特養老人ホーム甍」へ、お寺の出前に行って来た。
 なぜ、そんなに(毎月、行なっていたこちら倶楽部活動)に穴が空いたのか?
 理由は二つある。
 一つは、毎月出講予定をしていた日に、毎回お葬式が(まってましたとばかりに)入ってしまい、直前で中止になったから。
 もう一つは、倶楽部の実施時間が、(苑内の都合により)午後から午前に変わり、僕がその時間では行けなくなってしまったから。
 ・・それが原因だ。
 特に、二つ目の午前中の実施は致命的だった。(たいてい午前中には、お寺のお参りの仕事が入っている為、出前予定日が限られたのだ)
 まぁそれで、こんなに穴を空けてしまったのだが、それで僕自身、今日久々の出前活動なので、ちゃんとまた皆来てくれるだろうか?と心配であった。
 ・・が、会場に着いたら、皆、笑顔で向かえ入れてくれて、ホッとした、と同時にたいへん嬉しかった。
 今日、初めてお顔を見る方もあったが、もちろん、昔から方もたくさん居られていて、懐かしくお話しを進行することが出来た。
 又、最後の質問コーナーでも、「ほんまに極楽はあるのか?」とか、「なぜ、四十九日は三月にまたがったらあかんのか」とか、より具体的に(途方もない)質問も出て、往生した・・が、おもろかったわ。
 又、「是非もう一度、宮本に会いたいから(なんとかして)呼べ!」と、職員に直訴して、苑を動かしてくださった入所者のKさん。・・ようやく今日会えましたね。・・元気なお顔が見れてとても嬉しかったです。・・又、いろんなお話聞かせてくださいね。これからも楽しみにしてますから、まだまだ長生きしてくださいよ。ほんま頼みまっせ!
 又、今日の日の実現の為に、苑内時間の調節や、直接お寺まで来てくださった職員のT君やスタッフの皆さん、ほんまありがとう!
 これからもどうかよろしくね。合掌