記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

認知症の方とのコミュニケーション「バリデーション療法」

ファイル 807-1.jpg(高落(タカムラ)敬子先生)
 昨日、河南町介護者家族の会:主催の「さくらんぼフェスティバル」が開かれ、農林環境改善センターまで行って来た。(僕はこの会の〔幹事〕なのです)
 で、昨日は、社会医療法人大道会在宅事業部:大阪市認知症介護指導者の〔高落敬子〕さまをお招きし、『認知症の人とのコミニュケーションを考える ~バリデーションからの学び』という講題でお話を頂いた。
 で、まず『バリデーション』って何?という素朴な疑問からお話を始めてくださったのだが、日々、老人ホームで『法話会』をして、虚無感に襲われている僕にとっては、正に『眼から鱗が落ちる』ほどの感動があった。
 それでは(今日は)、その『バリデーション療法』について(僕の理解したトコだけ)簡単に書かせていただきたいと思う。
ファイル 807-2.jpg
 この『バリデーション』とは、元もと『認める、確認する』という意味なのだそうで、この言葉はアメリカのソーシャル・ワーカー:ナオミ・フェイルさんが、認知症の方とのコミュニケーション術として、開発されたそうだ。
 この療法の特徴は、認知症の方が、騒いだり、徘徊したりすることにも『何か意味がある!』と捉え、なぜ騒ぐのか?、なぜ徘徊するのか?を患者さんの歩んで来た人生に照らし合わせ、《共感して接する》という事に重点を置くことなのだそうだ。
 高落先生のお話をお聞きして、徘徊にも、他人を非難したり「盗んだ」と責めたりすることにも、何か(その奥に)重要な意味がある、ということに改めて気づかせて頂いた。
 でも、この療法をマスターするには、自分自身、常に〔仏様〕のような気持ちで人と接しなくてできないのでは・・と思った。(自分の心の中、又、その変化を常に客観的に見ておかねばならないような・・そんな難しさがあるように感じた。)
 この方法って、ひょっとしたら、昔、お釈迦さまや偉大な宗教者・医療者たちが行っていた、対人療法なのではなかろうか?・・とも思ったのであった。