記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「実録 稲むらの火」 ~余話

 少々、マニアックだが、もう少し梧陵さんの話を続けたい。
 実は一昨年の人気ドラマだった、TBS日曜ドラマ『JINー仁』に、浜口梧陵(儀兵衛)さんは出ていた。(ラッパのマークの正露丸CMの〔石丸謙二郎〕さんが演じていた)
 梧陵さんは、ドラマの中で、主人公の医師(違いがわかる男〔大沢たかお〕氏が演ずる)〔仁〕に、医薬のペニシリン作り協力の為、《ヤマサ醤油》の倉を提供し、金銭共に〔仁〕を応援したのだ。(浜口梧陵の近代医学の為の莫大な資金提供は史実である。)
 このドラマの(「世界の車窓から」のナレーター、そして、メロスのような日本初のストリーキング男)〔石丸謙二郎〕さん演ずる浜口梧陵も、義侠心ある梧陵さんを堂々と演じられていて、とても好かった。(第2部でも出るかな?・・楽しみだ。)
ファイル 678-1.jpg(浜口梧陵のお墓)
 もう一つ、浜口梧陵の死因であるが、旅行中にアメリカで亡くなられたというのはすでに述べたが、原因は『腸の癌』の突然の悪化ではないかと云われている。(・・はっきりとはわからない。)
 ただ、ご遺体は日本に持ち帰り、お葬式は和歌山県『広村』でされたと伝わっている。
 それは盛大なお葬式で、導師に西本願寺から有名な〔大洲鉄然〕師が読経に行かれたと伝わっている。
ファイル 678-2.jpg(浜口梧陵旧宅・現:記念館)
 又、これも余談だが、現在『浜口梧陵旧宅』は『記念館』であると共に、『津波防災教育センター』になっている。是非、和歌山県に行かれた時は、お寄りになられたら良いと思う。(『稲むらの火 3D映画』も見れて迫力満点である!)
 又、この記念館の石標碑の文字は、なんとあの元総理〔小泉純一郎〕氏が書いている。(「感動した!」(笑い))・・裏話だが、外国の政治家に『稲むらの火』の話を聞いて、「日本にもそんな人が居たのか!?感動した!(こればっかり・・)」と驚いて、急遽調べて、この石標碑筆のご縁となられたらしい。
ファイル 678-3.jpg(広川町の空)
 最後に、僕がこの和歌山県広川町に取材に行ったのは、去年の夏だった。この最後の写真は、梧陵さん達が避難した『広八幡神社』から写した広川町の空である。
 山の上に(原子力発電ではない)、大きな〔風力発電機〕が回っていた。・・この巨大扇風機も、騒音公害・環境破壊ともいわれているが、今考えれば、原子力発電の恐さから見れば・・・。終わり
 

コメント一覧

愛子 URL 2011年08月03日(水)05時23分 編集・削除

JIN好きで見てました。

ヤマサ醤油の名前出てました。
でも浜口梧陵さんは覚えてなかった・・・

もう一度見てみようと思いますっ!