記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

2.19《PL病院》「語り合う会」のアンケート結果

ファイル 272-1.jpg

 先月、2月19日に行った、PL病院「語り合う会」のアンケート結果(会の感想)を、担当の中尾ドクターが、まとめてメールで送って下さった。(もちろん、僕の手元に届くものだから、(否定的な感想はカットし、)良い感想ばかりを選んで下さったのだろうと思うが、・・。お心配り有難っとさ~んです。)
 ・・で、今日は、そんなアンケートの結果をここに(少し長くなるが、)ピックアップして書かせて頂く。
 
 「語り合う会」参加者総数44名 アンケート枚数22枚 (内) 医療職以外9名 医療職13名

・初めての参加でしたが、楽しく感動しました。次回も参加させて下さい。
・『三尺三寸のお箸』のお話、とても楽しかったです。お互いを思いやる気持ちについて、再認識できました。今、人を思いやる心を忘れている人が多い中、とても大切な事を感じました。

・会のムードが静かで穏やかなのですが、周囲の皆様の受け入れる、あるがままの素晴らしさを感じました。
・とても心が豊かになりました。今後も仕事をして、又生きていく中で生かせて行こうと思います。

・非常に有意義なお話有難うございました。2時間がとても短く感じました。
・紙芝居を通して、仏教の事や、大切な事を感じました。

・本当に参加させていただき、本当に来て良かったと思います。私は昨年10月に父を亡くし、今までターミナルケアを自分が一生懸命行ってきたのに、父は(遠方の)○○県の為、親とも別れもできず、母が病弱なため、父の病気を母にも告げられず、もちろん本人にも告げられず・・・。ずっと後悔していました。でも、今日の最後の『紙芝居』を聞いて、少し救われたような思いになることができました。父をいつも忘れないでいようと思います。ありがとうございました。

・とても優しい気持ちになれました。人に何かを伝える時には、優しい気持ちで話すのが良いのですね。
・紙芝居『二つの墓穴』が、私の家の状況と似たところがあって、心に残るものがありました。

・紙芝居の絵の色使いが、キレイで良かったです。お話の長さもちようど良いと思いました。難しいお話をして頂くより、紙芝居の方が、わかりやすく私、大変気に入りました。最後のお父さんにお伝えされた『紙芝居』は、私の兄に重なるものがあり、(今入院中ですが、)考えさせられました。

・大変勉強になりました。古い話ですが、考えさせられる事も多く、人はどれだけ年月が経っても、同じ事で苦しんだり、幸せになったりするのだなと思いました。

・『お寺の出前』、手作りがいっそう癒されます。工夫も一杯で感激しました。『出前』というのは、自分のために来てもらえる特別感があります。他者を思う心、自分を見直したり、日常の中の何気ないことから、しみじみ考えていけるのが良いです。お寺を身近に感じました。

・紙芝居で『法話』と聞いて、どんなストーリーなんだろうと興味津々で参加しました。愛・生・善・悪など、普遍的なテーマをわかりやすく、ユーモアも交えて手の込んだ「紙芝居」を語って下さり、とても感じるものがあり、心が浄められた気がします・・。

 ・・まだ、他にも温かいお言葉の数々があるのだが、今日の所はこのへんにしといたる・・(よしもとのギャグでした〔笑い〕) 
 最後に、〔まとめ〕て送って下さった〔中尾ドクター〕、そして医療スタッフの皆様、本当に有難うございました。
 又、会場の雰囲気を優しく演出する為に、最初と中休みと最後に《エンヤ》の曲を〔会場〕に流して下さった医療ソーシャルワーカーの〔島田〕様、有難うございました。・・・《エンヤ》、趣味ですか?・・僕も好きになりました。あの会の後、CDも買いましたよ。(以上は余談でした。・・でも、あの会場の雰囲気、本当に《エンヤ》の曲が合いましたよねぇ。)