記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

人間ナンマンダ佛

不思議な夢を見た。
 老賢人が僕の前に来て、自分の仲間の前で僕に向かってこう言い始める。
「このミヤモトの教えは、彼の所属している宗派の教えとは少し違う。
キリスト教でもなくイスラム教でもない。又、神道でもない。(この時、周りにいる人間は、うんうんと首を縦に振り納得している)
 わかりやすく言えば、すべての日本人が持っている宗教観・仏教観のような教えを説いている。(この時、又周りの人たちは『その通り!』という目をしている)
 ・・だから、わかりやすいのだ。
 ミヤモト、お前は『人間ナンマンダ佛』になれ!親鸞聖人もそうだった。」
 というところで目が覚めた。
・・不思議な夢であった。
 『人間ナムアミダブツ』とは、いったいどういう意味か⁈僕にはわからない。
 が、この言葉が目が覚めても、はっきりと頭に残っている。