記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:「仏さまからの三つのご縁~それは突然にやって来た」(その5)

ファイル 1321-1.jpg
これは後で聞いた話なのだが・・、
 僕の手術の用意が進んでいるのも関わらず、本願寺職員さん達は手術室の横で、
 「ダメです。ご家族に連絡が捕れません。」と焦っておられた。
 お寺は留守番電話で、妻は仕事に行って留守だったのだ。
家族の[同意サイン]がないと、手術できない。
 「・・どうすることもできないのか」と思われた時、[三つ目]の仏さまのご縁が起きた。
ファイル 1321-2.jpg
 一昨年、僕と[娘]は、本願寺津村別院が主催する『和歌山県台風被害地ボランティア』に参加した。
 その時、参加した者は、各個人の[携帯電話番号]を安全管理の為、[津村別院]が、控えておくことになっていた。
 それを、この瞬間に一人の本願寺職員さんが、思い出して下さったのだ。
 そして、職員さんは別院にすぐ電話して、娘の(携帯電話番号)を調べだし、
 そして、娘に電話を掛けてくださった。
 間が良く、娘はこの日、バイトが休みですぐに電話に出てくれた。
 そして、びっくりした娘はお婆ちゃんと一緒にタクシーで、病院まで飛んで来てくれた。
 まったく、[間が良い]というのは、こんなものかもしれない。
 いや、やはり[仏さまとのご縁]だったのか。
ファイル 1321-3.jpg
(まさか、二年後に役に立つとは思わなかった、和歌山県台風被害地へのボランティア、の写真)
ファイル 1321-4.jpg
(その時の娘写真)

 こうして、手術は(無事に)始まった。 つづく