住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『楠木正儀(まさのり)和平派ここにあり!』(その5最終回)

ファイル 2304-1.jpg
・・が、これだけこじれた状況に、なったのですから、中々うまくはいきません、
 やがて、自分を誘ってくれた友人[細川]氏も亡くなり、北の朝廷の中で、正儀は孤立してゆきました。
 今、五十才をはるかに越えた正儀は、戦いに疲れ人間関係に疲れ、精神的にも疲れ果て、故郷恋しの気持ちを押さえる事ができなくなっておりました。
 そしてその気持ちが高じて・・、
ファイル 2304-2.jpg
 またもや正儀は、北の朝廷を裏切り、故郷の南の朝廷の元に帰ったのでした。
 この帰って来た正儀を再び迎えてくれた故郷の環境、そして人々の想いはどんなだったでしょうか?
 その様子は何一つ伝わっていません。
 そして不思議な事に、帰還して間もなく、正儀の歴史の記録がここで消えてしまうのです。
 一節には「正儀はこの後すぐ戦死した」とか、「自害した」とか言われていますが、はっきりとはわかりません。
 それから、正儀が亡くなってまもなく、足利幕府の三代将軍[足利義満]により、北と南の朝廷は和睦して統一へと向かいました。南北朝時代の終結です。
 皮肉な事に、正儀の死と共に平和な時代が来た事になりました。
 正儀の死とは関係無く・・。
ファイル 2304-3.jpg
 この南北朝時代の動乱の始まりから終わりまで、およそ60年の歳月が経っておりました。
 楠木正成から始まり、その子正行、正儀まで、楠木一族の攻防の歴史は、これにて終わりを告げます。
 後世の一部の人は言います。
「それにしても、父や兄とは違って、楠木正儀という武将はなんという優柔不断な男だったのだ・・」と。
・・が、本当のところはどうだったのでしょうか?
 それは永遠にわかりません。
 が、ヘッドハンティングや転職が当たり前の時代の21世紀の現代人なら、きっと理解されると思われます。
ファイル 2304-4.jpg
(金剛山 楠木正儀の墓か?)
おしまいつ

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://o-demae.net/blog/diary-tb.cgi/2304

トラックバック一覧

上に戻る