住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『楠木正儀(まさのり)和平派ここにあり!』(その2)

ファイル 2300-1.jpg
 その楠木一家に大きな転機が訪れます。
 それは、まず父楠木正成の[湊川合戦]での戦死。
 そして月日は流れ、長男・次男の戦死する[四條畷合戦]です。
 その四條畷合戦の前、長男正行(まさつら)は、正儀に言いました。
「正儀、お前は故郷河内(かわち)に残れ。
 後の事はお前に任す。・・おそらく俺たちは父のように戦さで死ぬだろう。
 お前は知恵者だ。その冷静な頭脳で楠木一族を守ってくれ。
 頼んだそ!」
と言って戦場で次男と共に戦死しました。
 こうして正儀は、わずか20歳の若さで楠木一族の頭領となったのでした。
ファイル 2300-2.jpg
 正儀はお寺で亡き父や兄たちに呟きました。
「父上、兄上、どうしてあのような負けるとわかってる戦さで、命を落とさねばならなかったのですか?!
 無駄死にでは無いのですか⁈
 公家たちからの命令だったからですか?
 彼らはいつも命令するだけ・・。
 戦って血を流すのはいつも武士だけ。
 そしていつも万民は迷惑を被る。
 あぁ、私は命令されるだけではなく、正しく自分で考えて和平の道を選びたい。
・・しかし私は武士の頭領。命令どおりに戦い続けるしか無いのでしょうか?」と呟いたのでした。
 正儀の苦悩のはじまりでした。つづく
ファイル 2300-3.jpg
(富田林:正儀の母(久子さま)の住居跡[観音寺内])
ファイル 2300-4.jpg
(楠母神社:正儀等三人の子と母の像)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://o-demae.net/blog/diary-tb.cgi/2300

トラックバック一覧

上に戻る