住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『楠木正儀(まさのり)和平派ここにあり!』(その1)

ファイル 2299-1.jpg
 昔々の南北朝時代のお話。
 これは[楠木正成(まさしげ)]の三男[楠木正儀(くすのきまさのり)のお話。
 この正儀(まさのり)は、長男の熱血漢[楠木正行(まさつら)]とは違って、物静かで思慮深い三男坊でした。
 だからと言って、決して彼は臆病者ではありません。
 彼はやはり父親[正成]の血を受け継いで、優しさや勇気を十二分に備えておりました。
 がしかし、その思慮深い性格が、彼を悲劇へと向わせます。
 ・・さてこのお話は、父・楠木正成の熱い血を受け継ぎながらも、平和主義ゆえに歴史に揉まれ、結果的に『裏切り者』『臆病者』と呼ばれた一人の武将の物語です。
 はじまり、はじまり~ 
ファイル 2299-2.jpg
 楠木正儀は、正成の長男や次男の兄弟とは違って、一人読書に夢中になる少年でした。
 兄たちは「おのれー朝敵め!おれがいつかやっつけてやる!」と毎日剣術に汗を流していました。
 が正儀は「私は平和というのは、チカラでねじ伏せて勝ち取るものではないと思う。お互いが話し合い、譲り合ってこそ平和は訪れるものだと思うんだ・・」と思っていました。つづく
ファイル 2299-3.jpg
(金剛山:楠木正儀の墓)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://o-demae.net/blog/diary-tb.cgi/2299

トラックバック一覧

上に戻る