住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

コロナ禍の中での今年の「お寺の出前」

コロナ禍の中で、今年「お寺の出前(紙芝居法話)」は、キャンセルの嵐でほとんど出番が無かった。
 こんな事は初めてである。
 今年の初めには、すでに[24]件から出前の依頼をお聞きしていたのだが、コロナ禍で、結局一年で出講したのは[5]件。
 ・・コロナ関係、つまり「感染病関連」の紙芝居ばかりを作り、その数は増えたが、(このホームページ発表以外)その出番はほとんど無かった。
 さて、来年はこのコロナ禍関連の紙芝居たちの出番はあるのか無いのか?・・・そんな事は分からない。が、そんな事は良い。今作りたい、作らねば!と思った紙芝居を僕は作ろう!来年も!
 コロナウイルス感染拡大の終息を一日も早く願っております。
 皆様、良いお年をお迎えください。合掌

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://o-demae.net/blog/diary-tb.cgi/2171

トラックバック一覧

上に戻る