住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

紙芝居:『決め手はワクチン!めっちゃ医者 笠原良策先生』(その2)

・・余談ながら、そもそも[ワクチン]とは何か?!
 このお話にも出てくる『牛痘(ぎゅうとう)=(牛の皮膚に天然痘に似た丘疹(きゅうしん)を作るウイルス感染症)』を意味する[ワクチニア]というラテン語から『ワクチン』と呼ばれるようになったと言われている。
 そして現在、ワクチンの意味は、病原体(ウイルス)そのもの、又は病原体を構成する物質などを基に作ったものと言われている。
 そのワクチンを摂取する事で、病原体に対する免疫ができ、その感染症にかかりにくくなったりすると言われているのである。(・・ちょっと長い余談でした)
 ・・それでは紙芝居に戻りましょう。
ファイル 2231-1.jpg
 幸い天然痘は一年で下火になった。
 そこで主人公[良策]は休みを取って、骨休みに近くの山中温泉へ行く事にした。
 そこで運命を決めるような出会いをするのであった。
 それは、温泉で偶然知り合った[西洋医学]の医師との出会いであった。
 良策はそこで[西洋医学]が、[漢方医学]よりも遥かに進んでいる話を聞くのである。
良策は「ひょっとすると西洋医学なら、[疱瘡(ほうそう)=天然痘]を治療する事が出来るかもしれない。・・西洋医学を学んでみたい。」と思った。
ファイル 2231-2.jpg
 そして良策は、30才で西洋医学を本格的に学ぶ為、京都の有名な医師「日野鼎哉(ひのていさい)師の元に、藩の許可を得て入門するのであった。
 そこで良策は、西洋医学の知識をしっかり身に付けていった。
つづく

コメント一覧

コメント投稿

  • 「名前・コメント」欄を入力し、投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前

「Eメール・URL」欄を表示する (迷惑メール対策のため、アドレス欄を非表示にさせて頂いています)

コメント
文字色
削除キー
公開設定

上に戻る