住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

コロナ禍の中での今年の「お寺の出前」

コロナ禍の中で、今年「お寺の出前(紙芝居法話)」は、キャンセルの嵐でほとんど出番が無かった。
 こんな事は初めてである。
 今年の初めには、すでに[24]件から出前の依頼をお聞きしていたのだが、コロナ禍で、結局一年で出講したのは[5]件。
 ・・コロナ関係、つまり「感染病関連」の紙芝居ばかりを作り、その数は増えたが、(このホームページ発表以外)その出番はほとんど無かった。
 さて、来年はこのコロナ禍関連の紙芝居たちの出番はあるのか無いのか?・・・そんな事は分からない。が、そんな事は良い。今作りたい、作らねば!と思った紙芝居を僕は作ろう!来年も!
 コロナウイルス感染拡大の終息を一日も早く願っております。
 皆様、良いお年をお迎えください。合掌

コメント一覧

マロンさん 2020年12月31日(木)12時49分 編集・削除

今年も色々お世話に成りました。感染症の紙芝居が作られていたので、詳細を拝借して紙芝居にして、博物館で出来ないか準備したのですが、大阪府の指導でガイド禁止が続いてしましました。コロナ終了時に紹介していきたいと思います。早くその時期が来ればと思います。
良いお正月をお迎えください。

カンネン亭 2020年12月31日(木)15時40分 編集・削除

計画通りにいかなかった一年でしたね。
来年こそ、良い方に少し軌道修正して欲しいものです。
取り敢えず僕は来年、紙芝居200本を目指します!
来年も宜しくお願い致します。

コメント投稿

  • 「名前・コメント」欄を入力し、投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前

「Eメール・URL」欄を表示する (迷惑メール対策のため、アドレス欄を非表示にさせて頂いています)

コメント
文字色
削除キー
公開設定

上に戻る