住職のつぼやき

記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

「〔紙芝居〕カルピスを発明した僧侶」、製作中

ファイル 785-1.jpg

 一昔前は『甘くてすっぱい初恋の味、カルピス』。
 そして現在は『身体にピース、カルピス』・・に、宣伝文句は変わりましたが、この『カルピス』ってお坊さんが発明した飲み物って知ってましたか?
 そのお坊さんの名は『三島海雲(みしま かいうん)』翁と言い、大阪は箕面市の浄土真宗のお寺(『教学寺』)に生れました。
 彼の人生は波乱の連続で、〔お坊さん〕の資格は取ったもののお寺を継がず、学校の〔教師〕になり、さらに機会を得て、中国に渡り〔商人〕になりました。
 時は、日露戦争に入ったばかりで、彼は商売の為、モンゴルへ軍馬の調達に出ます。
 その長旅の疲れで、旅の途中、倒れてしまった時、モンゴル人から〔『ジョウヒ』という名の発酵乳酸飲料〕を飲ませてもらい元気を回復します。
 『これは、凄い飲み物だ!』と感動した三島海雲は、日本に帰り、お寺の本堂地下で製品研究を重ね、ついに『カルピス』を完成させるのです。
 カルピスの『カル』は「カルシュウム」の『カル』。
 カルピスの『ピス』は、仏教語『醍醐(だいご)=最高の味の意味する「サルピスマンダ」』から「ピス」を取り、名づけられました。
 そして『カルピス』は大ヒット。・・東京進出を図りますが、その時『関東大震災』が首都を襲います。
 その時、三島海雲がとった行動が、工場のすべてのカルピスに氷を入れて飲めるようにして、無料で被災者に配ることでした。
 それによって彼の会社は、すっからかんになりますが、今度は助けてもらった市民が、彼をそしてカルピスを支え、今日の発展へと向かわせます。
 最後まで『仏教の奉仕精神』を失わなかった『三島海雲』の生涯を今、紙芝居にして作っています。
 あまりにスケールが大きい為に、現地取材(中国・モンゴル)に行けず、今、資料だけをたよりに絵を描いています。 
 ありがたいことに、現『教学寺』の住職は、僕の友人である為、『海雲』翁のいろんな裏話を聞かせてもらいながら、書き進めています。
 今年中には完成予定の紙芝居『カルピスを作った僧侶~三島海雲』。・・今、必死に(時間を見つけ)製作中です。お楽しみに
 

上に戻る