記事一覧

※画像をクリックすると拡大されます。

『天野南組仏教婦人会連盟』様のご来院

ファイル 1959-1.jpg
 本日、『天野南組仏教婦人会連盟』の皆様が、研修に来られました。
 「仏教紙芝居」を使っての研修会です。

 皆さん、一杯笑い、又一杯感心されたりして、喜んで帰られました。良かった、良かった!又、来てね!合掌

『寺カフェ』の日


今日は月一『寺カフェ』の日。
 僕もお客さんに交じって、べちゃぺちゃ喋っていたので、写真を撮る機会を無くし・・・、
「あっ、もう閉店時間や!」と思い、写真を一枚だけ撮りました。
ファイル 1958-2.jpg
 変な写真になりましたが、勘弁してくださいね。だいたいテーブルの上は、雑然としていてこんな感じです。(笑)
 今日もたくさんのお客さんに来て頂きました。有難うございます。合掌

富田林『明尊寺』さまの[永代経法要]

ファイル 1957-1.jpg

本日、富田林の『明尊寺』様の[永代経法要]にお招き頂き「紙芝居法話」をさせて頂いて来た。
 こちらは、二回目。
 第一回目は、二年前ということで、今回紙芝居もすべて、一回目と変えた。
 前半が『真宗』色と地元色を出し、『二河白道ものがたり』と『妙好人おしもちゃん』。
 後半が『インド仏教』色と[老病死]をテーマにした『子供を亡くしたゴータミー』と『二つの墓穴』をさせて頂いた。
 帰りしな、「わっかりやすい、お話で寝ませんでしたー。」と云われて、「あっはぁ・・、それは良かったです。はははっ」と帰宅した。
 明尊寺の皆様、たいへんお世話になり有難うございました。合掌

フェルメール展へ行って来ました

ファイル 1956-1.jpg

大阪市立美術館の『フェルメール展』に行って来ました。
すごい人気ですね。・・フェルメール!
 人が一杯!絵よりも人に酔ってしまいました。(笑い)

東大阪市『正福寺』さまの[永代経法要]

ファイル 1955-1.jpg

本日、東大阪市の浄土真宗『正福寺』さまの[永代経法要]にお招き頂き、『紙芝居法話』をさせて頂いた。
 こちらは初めてのご法縁なので、紙芝居「阿弥陀仏物語」から始め、こちらの地元偉人の話「中甚兵衛ものがたり」、そして最後は「三尺三寸のお箸」の三本をさせて頂いた。
 その中で、やはり「中甚兵衛さん」の話が、一番皆さん前のめりになって、関心を持って観て頂いたようだ。
 正福寺の皆さん、お世話になりました。有難うございました。合掌

千早赤阪村『西楽寺』さまの[花まつり]

ファイル 1954-1.jpg

 お釈迦様のお誕生日フェア「花まつり」への『紙芝居』出講が続いている。
 今日は、大阪府千早赤阪村の『西楽寺』さま主催の[花まつり]にお招き頂いた。
 (どこの地域の子供さんの数も少なくなり)小さい子供さんたちのご参加人数を心配されていたが、赤ちゃんを抱く若いお母さん達や、元気な小学生たちが多くお参りくださり、『お釈迦様の紙芝居』にも熱が入り、演じていて楽しかった。
 いつもお世話になってます住職様、坊守様、又総代さんや婦人部の皆様、(受けてもらう「さくら」も、率先してやって貰い)大変お世話になり有難うございました。合掌

仕事の合間にお芝居(イッセー尾形さんの『妄ソー劇場』)を観てきました

ファイル 1953-1.jpg
昨日、仕事を終えてから天王寺の近鉄アート館に行って、『イッセー尾形の「妄ソー劇場」』という、一人芝居を観てきました。
 このお芝居は、文豪・太宰治、川端康成等の小説の中のわき役達にスポットを当てて、イッセー尾形さんがわき役に成り切って、コント的な小芝居をするというものです。
 元来、僕はそのような「わき役達の心情にスポットを当てて物語る」というものが好きなので(そんなん、大好き!)その自由な妄想が大変楽しかったです。
ファイル 1953-2.jpg
 帰りにサインとご一緒に写真を撮って頂きました。

極楽寺さまへ、14回目の『紙芝居法話』

お釈迦様の誕生日ウイーク『花まつり』の出講が続いている。
 昨日は、堺の極楽寺さまへの『紙芝居法話』であった。
 お寺の記帳を拝読させて頂くと、今年で十四回目であった。
 よくも、毎年(飽きることなく(笑))お招き頂けたものだと、改めて、尊いご法縁に感謝させて頂いた。
 毎年、違う『紙芝居』を混ぜ込んで、させて頂いているが、「もう飽きられないかなぁ‥(笑い)」と思いながら、紙芝居の裏の文章もあっちこっち変えながら、皆さんに新鮮に心に届くように読ませて頂いている。
 本当に、(毎度)極楽寺のご住職様、ご門徒の皆様、お招きいただき有難うございます。深く感謝申し上げます。合掌
 

奈良県橿原市仏教会金橋支部『花まつりの集い』

ファイル 1951-1.jpg

今日、奈良県橿原市金橋支部主催の『花まつりの集い』にお招き頂き、[紙芝居法話]を演じに行かせて頂いた。
 会所は『浄栄寺』さまだ。
 子供半分、大人半分の会場で、低学年の子供にもわかるように、又、大人が見ても勉強になるように、『おしゃか様物語』の紙芝居を描き直して演じた。
 後半は『三尺三寸のお箸』と、アンコールの『共命鳥のはなし』も演じて、(このお話が子供の将来の右か左か決めねばならぬ時に役立ちますように!と心を込め)、ついでに(笑)大人にも喜んでいただけるように気持ちを込めて演じた。
 (自己満足になるが)感触は良かったと思う。
 金橋支部の役員様、お世話になり有難うございました。合掌
 

紙芝居のメニューが、170作品を越えました!

紙芝居のメニューが、170作品を越えました。
歌人であり、仏教婦人会本部長であった、み教えに生き抜かれた『九條武子』さま。
又、ファンタジー昔話の中に、人々の悲劇が隠されている『夜泣き石』。
 仏像界のアイドル阿修羅神の悲劇を描いた『悲しき阿修羅』。
 大河ドラマの題名にまでなった走るスーパースター神『走る!韋駄天』など・・。
 『出前メニュー』にアップしましたので、覗いてみて下さい。